2013年4月26日 (金)

金精峠を越えて日光から菅沼へ

P042600

 一般道も高速道をスイスイと流れ、10時に中禅寺湖に着いてしまった。
 日光、結構、もうけっこう!。という感じ。両手では足りないくらい来ているだろう。
 ただ、戦場ヶ原付近だけは何度行っても良い所だ。
 とりあえず、二荒山中宮祠に立ち寄り休憩。
 駐車場から中門に向かうと、大きな牛の形をした石に遭遇しました。

<オンマウス画像>

 あれっ! 見たことない。俺の記憶もここまで衰えたか!・・・。
 説明書には四年前に復元されたものと記してあった。
 記憶にない理由が判明した(ホッ・・)。

 
 そこそこにして戦場ヶ原に向かった。
 赤沼茶屋が見える。戦場ヶ原一帯のハイキングコースの拠点のひとつです。
 人影はまったくない。昨秋、この近くで熊の出没が数回あったことが頭をよぎり、立ち寄らずに通過する。
 その先の三本松に車を止め、戦場ヶ原を眺めた。
P042603

パノラマ画像(クリックで拡大)

 わずかに残ったまだらな雪。赤茶けた草木に白樺の木が映える。取り巻く奥日光の山々の眺望。
 ここの景色はいつも心を和ませてくれる。金精峠開通の時間まで、まったりと過ごした。

 
 峠に向かったのは20分前、すでにゲート前には10台以上が並んでいた。数えたら13番目だった。
 時間が近づくとどんどんやって来て、長い車の列ができた。
 予定の12時過ぎ、前の車が動き始める。続いていったら俺のところでストップされた。
 日光観光協会が品物を配り、観光アピールをしていたのだ。
 俺のところには湯元温泉の”女将”さん来て、窓から品物を差し入れくれた。

P042604P042605P042606

 写真をお願いしたら、素敵な笑顔を返してくれた。
 中味はタオルにお菓子、お箸やパンフレットなど。
 最近、日光には泊まった事はないし、お金を落としてないし申し訳ないね。
 真冬の奥日光に行って見たいと思っている。近々、いや今冬に行きたいですね。

P042607

 車を走らせると間もなく、群馬側からパトカーと道路管理の車が先導してきた。

P042608

 途中、駐車スペース(展望台?)があったので車を止める。
 男体山と湯ノ湖と戦場ヶ原が一望できる絶好の展望場所だった。
 金精トンネルの入り口の駐車場でも車を止める。

P042609

 背後に荒らしい金精山(2,244m)の姿。この駐車場が登山口になっているようだ。金精トンネルの標高が1,840mなので約400mの標高差だが、かなりきつい感じだ。(右下がマイカー)
 
 金精トンネル(延長755m)が栃木と群馬の県境。トンネルを出ると直ぐに菅沼(標高1,735m)に着く。

P042610P042611

 ここでは沼田地区の交通安全協会のメンバーが出迎えてくれた。
 反射タスキやカエル? のストラップなどが入った袋をいただいた。
 開通セレモニーで尾瀬太鼓の演奏が行なわれていたようだ。
 着いた時に太鼓の音が聞こえていたが、駐車している間に終わってしまい片付けに入っていた。
 日光側でのんびりし過ぎたようで、尾瀬太鼓を聴くことができず残念でした。

P042612

 自転車でやってきている人が多かったのにビックリ!(20人以上いました)。外国人が多かったですね。日本人を含めて皆リタイヤした年齢に見えました。
 沼田から距離は50km以上、標高差1,000mを登って来ただけでも凄い。これから金精トンネルまでは100mを登らなければならないのだ。距離が短いだけに急な坂道だ。
 まだまだ老いてはいられないが俺には無理だろうね。ちょっとやってみたいなぁー・・・・。
 
 菅沼は日光白根山の登山口になっていて、そば屋とお土産屋があり、かなりの駐車スペースがあります。
 ここまで来るバス便がないので、車でしか来られないからだ。
 道路反対側はキャンプ場(バンガローオンリー)になっている。
 涼しい所だけに営業は6月中旬から10月中旬ごろまで。

P042613

 白根山の登山道はまだ雪一色で、まだ、ハイキングというわけにはいかないね。

P042614

 金精トンネルから群馬県側に出ると、道路わきの樹木に白樺が多くなる。
 国立公園内の自然保護規制による違いなのだろうか。
 白樺の樹皮の色と真っ白な雪、赤味を帯びた白樺の新芽、そんな中のドライブは大変気持ちが良いものだ。
 とりあえず、金精峠開通の初春ドライブは無事終わった。
 おまけで片品村を散策してきました。

歩数     26日       3,687(    2,122)
 累計  (116日) 1,132,404( 754,738)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

河口湖方面の紅葉

P111700

 河口湖方面へ紅葉狩りに行ってきました。

 富士五湖へは何度も訪れていたが、モミジがこんなに多い所とは知らなかった。

 湖面が見えると周囲に真っ赤に色付いたモミジが目に入る。

 ロープウェイ乗り場近くの湖畔のモミジも燃えるような色でした。

P111701


大きな地図で見る

 国道から「モミジ祭り」が行われている河口湖美術館通りへ左折すると、素晴らしい紅葉したモミジが姿を現した。
 この光景を見ただけで満たされた気分だ。

 湖畔沿いをモミジ回廊まで歩く。

P111702

P111703

 モミジの回廊は期待していたほどではなかったが、樹齢を重ねた樹形は素晴らしいものだ。
 赤、黄、緑のモミジはライトアップされた方が良いのかもしれない。

P111704

 本来ならこの景色には富士山が映っているはずだが、残念ながら雲間に隠れたままでした。

P111707

 西湖はモミジが遠慮がち、カラマツの落葉が落ち着いた雰囲気を感じさせます。

P111706

 本栖湖は富士五湖のいちばん奥にある。人出も少なくひっそりとして、晩秋を感じさせる感じでした。

 河口湖の紅葉は今週末まで楽しめそうです。

 富士山が見れなかったが残念。
 山は逃げないから何時でも見られる。良しとしよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

会津の紅葉狩りドライブ

 ドライブの出発は7時30分、予定より30分の遅れだった。慣れない早起きは辛い、寝過ごしが原因です。

 高速道は加須ICから入る。栃木ICで下りて再び高速道に戻る。2区間とも通勤割引を利用するためだ。年金生活者のささやかな生活防衛策です。(ETCカードは2枚必要)

 那須高原SAで休憩して9時20分に白河ICを下りる。まずまずのペースだった。

P111100

 最初の訪問先の雪割橋を目指すが、目の前に那須連峰の眺望がひらける。雲をいただいた山の上部は白くなっている。那須の山はもう冬を迎えているようだ。

 福島の紅葉情報を見ていたら雪割橋の人気が高かった。混雑を予想していたが観光客は10数名と空いていた。この時から天候は小雨がぱらつき、気温は5度と肌寒かった。

P111101P111102

 評判ほどではないね、と話しながら橋周辺を見て退散した。散歩コースがあり展望台からの眺めが良いことを知り、後で展望台まで行くべきだったと後悔しました。

 雨は降ったり止んだり、時たま顔を出す太陽の光で、甲子温泉付近の展望台からきれいな虹が見えた。気温は3度と冷たい、雪になるのではと心配になった。

P111103

 甲子トンネルは2年前に供用を開始した。それまでは竜飛岬の国道339号の階段国道と同じように車が通行できない国道・登山道として有名だった。今回初めて利用する。写真に収めたいと思っていたが、車が連なり駐車スペースがなく諦める。

 トンネルを越えると雨は本降りとなってきた。

P111104

 塔のへつり駅に着いたときも雨は降り続いている。駐車場はこの先と看板が立っていたが、線路を渡った所の広い空き地に車を停めた。線路周辺の林の景色がきれいだったからだ。

P111105

 100㍍先の駐車場は300円を徴収していた。きれいな林と駅の風景を見られて、一時間に一本ほどしか走っていない電車に遭遇でき、しかも無料とは凄く得した気分だ。

P111106

 今回のドライブで最もきれいで印象に残ったのが、塔のへつい駅周辺の紅葉でした。

P111107P111108

 塔のへついの奇岩と紅葉も素晴らしいものだった。自然が作る美=芸術といった感じを受ける。観光客を相手にするお土産の売店が多く賑やかですね。

 大内宿に着いたのはお昼を回っていた。一本しかない傘であいあい傘も良いものだと言えるのは若いころの話。さっそく傘を購入した。

 お蕎麦が美味しいと聞いていたが、多くの家が蕎麦を出している。詳しい情報を得ないで来たので、目の行った所に入った。「こめや」さんと言う店だった。蕎麦好きな私的には美味しいお蕎麦だったと思う。蕎麦の味は冷たいもり(ざる)を食べると分かる。私は冬でもざる蕎麦に決めている。

P111109

P111110

 傘を差しながらの大内宿見学は実のところあまり気分が乗らなかった。定番のスポットから写真を撮りました。片手に傘を持ち片手でカメラの操作、まともな写真は撮れなかったです。腕が悪いので雨のせいにしておきます。

P111112P111111

 帰りは121号で鬼怒川方面に向かいました。雨の中のドライブも周囲の紅葉がきれいでしたね。道路にたくさんの落ち葉、スリップに注意しながら運転しました。雨の中での運転も気持ちの良いものでした。

P111113P111114

 龍王峡に着いたのが4時20分、間もなく日の入り時刻です。急いで遊歩道を下りて行きました。雪割橋や塔のへつりより良い(好きな)景観でした。あと30分早く来ていればと後悔も、近いのでまた来れば良いかと納得しました。写真のシャッタースピードは1秒以上、ほとんどが手振れです。三脚を忘れたのも悪かったのですが。

 鬼怒川から会津方面の紅葉はまだまだ見ごろだと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

塔のへつり駅の紅葉景色

P111001

 一昨日に予定していた会津のドライブ、きょう決行しました。

 曇り一時雨の天気予報は大当たり、当たるのは宝くじくらいにして欲しい!。

 たまに太陽が顔を出し青空が覗いても雨は降り続けた。素晴らしい紅葉景色にはいくらか救われた気分だ。

 ドライブルートは白河ICから雪割橋、塔のへつり、大内宿を見学し、会津西街道を南下して龍王峡、鬼怒川を経由して帰宅するコースです。

P111002

 一番印象に残った風景は、会津鉄道の「塔のへつり駅」周辺の林でした。

P111003

 写真はその駅周辺のものです。

 他のドライブ記は後日行いたいと思います。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)