« 隠れ三滝・序章 | トップページ | 栗の渋皮煮 »

2013年9月24日 (火)

霧降の隠れ三滝

 丸太橋が流された霧降川をどうにか渡り、杉林の中を川の水音を聞きながら20分ほど、ゆったりとした上り坂を歩く。
 
 一番目の滝「玉簾ノ滝」に着きました。
 ここには滝を上から眺められる観瀑台があります。
P092301
 幅の広いゴツゴツした岩肌を、簾のように落ちていく滝は見ごたえがありました。
 少し上の方へ行って見ようと、観瀑台から下りて道を登ってみましたが、まもなく行き止まりです。
P092302
 足場は60㌢ほどで足下は絶壁、足がすんでしまいました。その割には眺めは?・・・。
 滝下か対岸へ行きたいと思いましたが、水量が多く足場が悪いので断念。残念!。

 二番目の滝は「マックラ滝」です。
P092303
 面白い名前での滝です。名前の由来はなんだろう。
 なかなか風情のある滝です。
 台風による流木で荒れた滝周辺の姿はちょっと残念です。
 滝に近づくとものすごい水しぶきが飛んできます。まるでミストを浴びるようです。カメラが濡れるので退却しました。

P092304
 左側から日の光があたり、反対岸に行きたいと思いましたが、水量と急流でダメでした。
 北向きの滝と事前の情報を得ていたのですが、コンパスでは東向きでしたね。

 三番目の滝「丁子滝」に向かいました。
 ここからは舗装道路を歩きます。牧場への専用道路のようです。
 あれっ?。霧降高原道路に出てしまいました。
 話に夢中になり、二人とも川を渡った事、標識も見過ごしたのです。
 戻る?・・・戻らない?・・・。当然、戻りました。十数分のロスタイムです。
 舗装道路から滝までは近かったです。
 途中に石が積まれた場所があり、炭窯を復元した休憩所との説明書きがありました。
 

P092305P092306

 苔生した石を見ると、休憩に使われた気配もなく、使う気にもなれません。
 急坂を下りると「丁子滝」に到着しました。

P092307P092308

 滝の名前は丁子ケ沢にある滝だからです。
 いちばん期待をしていなかった滝。自然のままの滝が間近で見られてラッキー。
 小ぶりな滝ですが、三滝の中で美しさ一番、落ち着いた滝です。
 青年も同様に「三滝の中で一番良いですね。戻ってきて良かった。最高!」と大喜び。
 急斜面を下りて滝下に、そして川の中に入って撮影する。
 俺は二度も転倒。最初は落ち葉で足を滑らせ、二度目は枯れ枝に足をのせたら枝が折れて。崖下に落ちなくて良かった。

 それぞれ趣の異なる三滝を観賞し、天然ミストを浴びて、つつじヶ丘に戻ってきました。
 コースはいろいろあります。季節によって滝の様子、景色も変わるでしょうね。
 行動を共にした青年の趣味は写真だそうです。それも滝を撮るのが好きだと言っていました。また、来てみたいと!。俺もそう思いました。
 彼とはここで別れ、俺は別の目的地に向かいました。

 2013年9月19日
 

 行程は。
 つつじヶ丘発(9:55)
 丸太橋(10;18~10:30)
 玉簾滝(10:47~11:05)
 マックラ滝(11:20~11:35)
 丁子滝(12:10~12:35)
 つつじヶ丘(12:55)
 いろいろあって、ちょうど3時間の隠れ三滝巡りでした。
 

歩数    24日      4,230(    2,814)
累計  267日   2,659,958(1,736,410)
(  )内はエクササイズ歩数

|

« 隠れ三滝・序章 | トップページ | 栗の渋皮煮 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧降の隠れ三滝:

« 隠れ三滝・序章 | トップページ | 栗の渋皮煮 »