« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

栗の渋皮煮

 

P092501
 実りの秋です・・・・栗の渋皮煮を作りました。
 今朝は砂糖とブランデーを入れ、7~8分ほど弱火で煮ました。
 火を止めてそのまま冷めたら出来上がりです。
 今年の出来栄えは?。
 甘みを抑え気味にした味はOK。
 栗がちょっと硬めかな(言い方を替えれば、しっかりしている!とも)。
 まぁーGood!でしょう。

 
 昨日がメイン作業でした。
 15分ほどお湯に浸けてから鬼皮をむきます(気を遣い手間がかかる)。
 たっぷりの水に重曹を入れて、15~20分のあく抜き煮を2回行ないました。

P092502P092503P092504

 その間に筋皮を取り除きます。
 水だけで数分、水が澄んでくるまで煮ること3回繰り返し。
 ひたひたの水に砂糖とみりん、醤油を適量入れて7~8分、ペーパータオルを被せて煮ました。

P092505
 味を栗の中に滲み込ませるため、そのまま今朝まで置きっぱなしです。
 ※いずれも弱火でコトコト煮ることが重要です。

 3年前に初めて挑戦。
 見た目より、手間と時間が掛かる料理です。
 それだけに作り甲斐があるというもの。
 秋になり栗を見つけると必ず購入。
 
 作り方は失敗から学んで、手順と時間を自分なりにアレンジしました。
 少しは上手くなってきたと自画自賛。
 もともと料理など家事は嫌いではないからね。
 主夫業が合っているのかな。

歩数   25日       3,396(    2,051)
累計 268日   2,663,354(1,738,461)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

霧降の隠れ三滝

 丸太橋が流された霧降川をどうにか渡り、杉林の中を川の水音を聞きながら20分ほど、ゆったりとした上り坂を歩く。
 
 一番目の滝「玉簾ノ滝」に着きました。
 ここには滝を上から眺められる観瀑台があります。
P092301
 幅の広いゴツゴツした岩肌を、簾のように落ちていく滝は見ごたえがありました。
 少し上の方へ行って見ようと、観瀑台から下りて道を登ってみましたが、まもなく行き止まりです。
P092302
 足場は60㌢ほどで足下は絶壁、足がすんでしまいました。その割には眺めは?・・・。
 滝下か対岸へ行きたいと思いましたが、水量が多く足場が悪いので断念。残念!。

 二番目の滝は「マックラ滝」です。
P092303
 面白い名前での滝です。名前の由来はなんだろう。
 なかなか風情のある滝です。
 台風による流木で荒れた滝周辺の姿はちょっと残念です。
 滝に近づくとものすごい水しぶきが飛んできます。まるでミストを浴びるようです。カメラが濡れるので退却しました。

P092304
 左側から日の光があたり、反対岸に行きたいと思いましたが、水量と急流でダメでした。
 北向きの滝と事前の情報を得ていたのですが、コンパスでは東向きでしたね。

 三番目の滝「丁子滝」に向かいました。
 ここからは舗装道路を歩きます。牧場への専用道路のようです。
 あれっ?。霧降高原道路に出てしまいました。
 話に夢中になり、二人とも川を渡った事、標識も見過ごしたのです。
 戻る?・・・戻らない?・・・。当然、戻りました。十数分のロスタイムです。
 舗装道路から滝までは近かったです。
 途中に石が積まれた場所があり、炭窯を復元した休憩所との説明書きがありました。
 

P092305P092306

 苔生した石を見ると、休憩に使われた気配もなく、使う気にもなれません。
 急坂を下りると「丁子滝」に到着しました。

P092307P092308

 滝の名前は丁子ケ沢にある滝だからです。
 いちばん期待をしていなかった滝。自然のままの滝が間近で見られてラッキー。
 小ぶりな滝ですが、三滝の中で美しさ一番、落ち着いた滝です。
 青年も同様に「三滝の中で一番良いですね。戻ってきて良かった。最高!」と大喜び。
 急斜面を下りて滝下に、そして川の中に入って撮影する。
 俺は二度も転倒。最初は落ち葉で足を滑らせ、二度目は枯れ枝に足をのせたら枝が折れて。崖下に落ちなくて良かった。

 それぞれ趣の異なる三滝を観賞し、天然ミストを浴びて、つつじヶ丘に戻ってきました。
 コースはいろいろあります。季節によって滝の様子、景色も変わるでしょうね。
 行動を共にした青年の趣味は写真だそうです。それも滝を撮るのが好きだと言っていました。また、来てみたいと!。俺もそう思いました。
 彼とはここで別れ、俺は別の目的地に向かいました。

 2013年9月19日
 

 行程は。
 つつじヶ丘発(9:55)
 丸太橋(10;18~10:30)
 玉簾滝(10:47~11:05)
 マックラ滝(11:20~11:35)
 丁子滝(12:10~12:35)
 つつじヶ丘(12:55)
 いろいろあって、ちょうど3時間の隠れ三滝巡りでした。
 

歩数    24日      4,230(    2,814)
累計  267日   2,659,958(1,736,410)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

隠れ三滝・序章

P092101

 

赤薙山

P092102

つつじが丘の駐車場近辺

 9月19日(木)
 日光の名瀑のひとつ霧降ノ滝を見てから、「隠れ三滝」へ向かいました。
 樹木の葉色が心なしか秋らしさを感じさせる。
 霧降ノ滝の駐車場辺りがつつじヶ丘。西北に赤薙山が聳える。
 
 その谷筋を流れる霧降川とその支流に目指す滝がある。
 ハイキング道に入って直ぐに青年とすれ違う。
 「橋が流されていました。逆方向から行こうと思います」
 さて、どうしようか?。一瞬、迷いはしたが、ともかく行って見ることにした。
 自分の目で確かめてから、自分で判断するのが俺のスタンス。

P092103
 しばらくはトンネルのような平坦な道、クマザサとツツジの木が覆っている。
 花の季節に歩いたら良いだろうなぁー。
 霧降川までは標高差100㍍ほどの下りです。
 急な下り坂は丸太の階段になる。これが実に厄介な物になっているのだ。
P092104
 ハイキング道の土は雨で流され、丸太の下部より低くなっている。
 丸太が浮いている状態なので、ハードルを渡るような感じだ。
 みんな避けて歩くのだろう、山側の土が削られている。
 このままでは歩きにくいし、直すのも大変だろうな。
 20分あまりで川に着いた。やはり橋は両岸に外れていた。
P092105
 川幅は狭いが流れが速い。川に沿って歩きながら渡れる所がないか探す。
 石を飛び渡ることができないかな?。
 落ちでも命は大丈夫だが、カメラを濡らしたら大変だ。
 そのうち、先ほどの青年が川下に現れた。
 つつじヶ丘の売店の人に、どうにかなると言われたそうだ。
 俺は落ちた場合の事を頭のすみに想定しながら、飛び渡れそうな石を伝って渡ることにした。
 
 青年の靴はスニーカーで滑りやすい。トレッキングシューズで来れば良かったと。
 彼は靴を脱いで川幅の広くなった(流れが遅く水深が浅い)下流の方を歩いて渡った。
 
 俺はカメラをレインウェアーに包み込みバックに納める。ホップ、ステップ、ジャンプ。
 お互いにカメラ(身体じゃない!)を濡らさず良かったね、とねぎらった。
 それからは親子以上の歳の差ながら、目的が同じだと意気投合し、滝巡りの行動を共にすることになった。
 台風が去って三日目、水量が多くきれいな滝が見られるだろう。そう思って出かけたのに、川渡りで苦労するとは想定外だったが、見知らぬ人の出会いをもたらした。
 

歩数    22日      3,660(     1,737)
累計  265日   2,648,725(1,730,011)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

植物観察会

 

P092101
 渡良瀬遊水地の植物観察会に行ってきました。
 北エントランスから入り、交流ハウスに10時集合でした。
 集まった10名ほどの中に、学校の先生が半分以上いました。
 ところが今日はその他に30名ほどの団体が来ると言う話でした。
 観察会の場所は旧谷中村跡保存エリアです。
 団体さんは遅れてやってきました。
 渡良瀬遊水地の植物に詳しい講師が熱心に説明してくれました。
 5日前の台風の時はあたり一面、水に覆われて遊水地の役割りを果たしたそうです。
 まだ足元が悪い所も見受けられました。
 野焼きが原発事故によって2年も出来なかった影響で、ヨシ原はつる性の植物が生い茂り荒れています。
 ヨシ(アシ)とオギの違いを実物で説明してくれて納得。
 オギとススキは似ているので勘違いしている人が多いらしいです。
 ススキは遊水地でほとんど見られないので、実物で見比べられませんでした。

P092102P092103

P092104P092105P092106

P092107P092108

湿地帯に生育するサクラダテ、ワタラセフネツリソウ、アキノノゲシ、フジバカマ、ヒメシオン、アゼオトギリ、タヌキマメ(掲載順)などを観察。その他にもたくさんありましたが、頭の中を素通りしました。

P092110P092111

 大きなサルノコシカケ、珍しいキノコのオニフスベも見られました。

P092112
 旧谷中村の延命院跡には、今も墓石が残っています。
 その一帯だけ彼岸花が真っ赤に色づいていました。
 今年は足尾銅山鉱毒事件で生命をかけて闘った、田中正造翁の没後100年目です。
 帰る前に立ち寄り、手を合わせてきました。
 

歩数    21日     10,061(     5,170)
累計  264日   2,645,065(1,728,274)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

お彼岸の墓参り

P092001
 きょうはお彼岸の入り。
 さっそくお墓参りをしてきました。
 すでに花立には新しい花が供えられ、お線香も半分ほど残っていたので、数分の違いで会えなかったようだ。
 墓守の兄貴が先にきていたのだろう。
 俺はいつも中日に行くことが多く、連絡すれば良かったかな。
 花立に花がいっぱいになってしまったが、花好きだった母のことだ喜んでくれるだろう。 

P092002

P092003

P092004

 境内にはお彼岸に合わせたように彼岸花が咲いていました。

P092005
 墓所入口にある聖観世音菩薩像、生前の母はその前でいつも手を合わせていました。
 はやく亡くした子どもたちの事を祈っていたのでしょう。
 菩薩像の優しい顔立ちをじっと見つめ、にこやかに微笑んでいた姿が浮かんできます。
 

歩数    20日       8,295(     5,765)
累計  263日   2,635,004(1,723,104)
(  )内はエクササイズ歩数

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

日光滝めぐり

P091901
 栃木県、とりわけ日光は滝の多い所です。
 あまり行かれる人が少ない、マイナーな滝めぐりをしてきました。
 最初に日光の名瀑のひとつ「霧降の滝」に挨拶してから、いざ出発です。
 滝めぐりの報告は、後日できたらと思います。
 

歩数    19日     18,018(     8,783)
累計  262日   2,626,709(1,717,339)
(  )内はエクササイズ歩数

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

反原発集会

P091401 

 デモの先頭を歩く、左から鎌田慧さん、大江健三郎さん、落合恵子さん

 再稼働反対!「9.14さようなら原発大集会」が亀戸中央公園で開かれました。
 30度を超える暑さの中、9000名(主催者発表)の熱い思いが結集しました。

P091402
 福島の事故は収束の目途も立たず、放射能汚染水漏れの状況は目を覆うばかりです。
 7月に原子力規制委員会が、原発の安全性を判断する新規制基準を施行しました。
 事故の原因が究明されていないのに、何を根拠に新規制基準を作ったのか。想像? おかしな事だと思います。
 再稼働に必要な安全審査を受け付けが始まると、北海道、関西、四国、九州の電力4社から5原発10基の申請が出されました。
 これからもっと増える可能性があります。
 安倍首相は「汚染水はコントール」されていると、オリンピック誘致の最終プレゼンテーションで大見えを切りました。
 東電ですら制御できていないと認めているのに、安倍首相の発言の根拠は?、どうするのでしょう。
 世界に向けて発言=公約したわけですから、頑張ってもらうしかないでしょうね。
 集会では福島はじめ、申請が出された現地の代表から、怒りの発言と決意表明が相次ぎました。
 「各地の反対運動と連帯して再稼働を阻止しよう」
 オリンピックの開催についても、福島の事故対策を最優先にすべきだと、疑問の声が出されました。

P091403P091404

 錦糸町と浅草・押上の2コースに分かれてデモ(パレード)を行い、再稼働反対を道行く人に訴えました。
 

歩数    14日    12,419(      3,261)
累計  257日   2,573,145(1,687,226)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

虫、見つけた

P090701
 見ーつけた! ショウリョウバッタ。
 芝生の緑に溶け込み隠れているつもりなのだろう。
 身の丈が大きすぎて直ぐに見つけてしまった。
P090702
 ショウリョウバッタは日本に分布する最も大きいバッタです。 
 メスの方が断然大きいというから、かかぁ殿下なのかな。
 子供の頃はハタオリバッタとかショウジョウバッタと呼んでいました。
P090703
 スミレが大好物なツマグロヒョウモンの幼虫が大発生。
 スミレの葉がほとんど食べ尽くされていた。
 割り箸で捕まえると十数匹。まだまだいるようです。
 黒い体の背中に鮮やかな赤いすじ、体中に赤黒の突起がある。
 きれいだという人もいるが、俺には気持ち悪い毛虫だ。
 
 
 気にしているからか、嫌い人ほど見つけるのが早いみたい。
 俺の腕には突起ならぬ鳥肌がたくさん。でも捕まえたいのだ。
 スミレを食べ終わると他の植物の葉も食べるからね。
 

歩数     7日    10,491(      7,312)
累計  250日   2,489,421(1,629,523)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

初めての目白駅

P090602

落ち着いた学習院大学沿いの道路

 学生時代の闘争の記録「忘れざる日々」Vol.4が刊行された。
 先月は個人的事情により、詰めの編集作業を任せきりで申し訳なく思っていた。 
 きょうは全国の仲間に発送する作業を、午後1時から高田馬場で行った。
 発送部数は昨年より100部ほど多くなったが、作業の方は例年より早く終わってみんな感心していた。
 DVDを同封するなど手間がかかるだろうと思っていたのに、4回目で手際が良くなったという事だろう。
 早朝に遠方の印刷所まで本を取りに行き、作業場まで運んできた仲間に感謝・・・。
 そして寸暇を割いて作業に集まった11名、お疲れ様でした。
 

P090601P090603

 会場へは二駅前の池袋fで降りて、散歩がてら歩いて行きました。
 乗り降りした事のない目白駅を経由して、時間にして40分ちょっとのブラブラ歩きです。
 陽差しが弱くて気温も低かったので、汗もかかず散歩にはちょうど良い日和でした。
 初めての目白駅前、都内の駅にしては静かな感じです。
 学習院大学は駅のすぐ前にありました。
 
 学習院下までの学校沿いの道は人通りが少なく、
 歩道や街路樹、向かいの建物等も落ち着いた雰囲気です。
 高貴な方?が通われるのに相応しいのかな、などと思いながら・・・スタコラ、スタコラ・・・。
 雑踏とした高田馬場は雲泥の相違でした。

歩数      6日    11,041(      6,824)
累計  249日   2,478,930(1,622,211)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

2年振りのプール

P090401

 早朝から天気が目まぐるしく変化する。
 青空が見えたと思うと、雨が叩くような音とともに吹き付けてくる。
 窓を開けたり閉めたり忙しない。
 大雨や竜巻と、異常な天候は全国的のようだ。

 
 きょうは久しぶりにプールに行った。
 左肩を痛めてから休んでいたから、二年振りになる。
 筋トレや歩いたりして体力に自信?があったが、その自信は水に入ると空回りした。
 泳ぎは忘れてないが思うように進まない。進まないから力んでしまう。
 水中歩行も水圧で負担がかかり、普段あまり使ってない筋が泣きだす。
 思っていたよりハードで疲れた。
 二年のブランクの影響か?。加齢による体力低下なのか?。
 時間は同じでも水中歩行と泳いだ距離は、かつて半分位だった。
 片道泳いでは休み、息を整える時間が多かった。
 プールから上がってシャワーを浴びると、気怠かった身体が爽やかになってきた。
 泳ぎの気持ち良さを味わえたので、またプールに通いたい気分になりました。
 昔のように長く泳げるようになるのは、何時になるのかな。

歩数       4日       7,613(      5,051)
累計  247日   2,459,466(1,609,938)
(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »