« 初夏の上高地、のんびりハイク② | トップページ | 青空に映えるラベンダー »

2013年6月22日 (土)

美ヶ原高原で彫刻鑑賞

Dsc_0234
 6月11日。
 上高地から美ヶ原高原美術館へ向かいました。
 実は”美ヶ原”という名前に惹かれたのです。
 標高2000㍍近くある高原にくると、気温は15度ほどに下がり、霧が立ち込めて寒いくらいです。
 駐車場に向かう道路からも美術館のオブジェが見えます。
 あまり人はいません。数組の観賞者だけでひっそりしていました。
 4万坪もある展示場ですから、時間的に全てを鑑賞するわけにいきません。
 30分コースの一つを選択して鑑賞してきました。
 現代彫刻が350点あまり展示されているという。
 

P062202

 抽象的な作品は全く分からず、と言っても他が分かるわけではありませんが。

P062200

 説明文を見ながら何を表現しているのか?”ウーム”と頷くだけです。

P062204P062205P062206

P062207P062208P062209

P062210P062211P062212

 時間が許せばみんな観てみたいと思いましたが、一時間では無理ですね。    

Contest_2
                                                 美の競演

 こども美術館もあるし、家族そろってハイキング気分で楽しめそうです。
 また、美ヶ原高原への本格的ハイキングも楽しめます。
 この日は曇天と霧で眺望はまったくありません。
 晴れた日の展望図によると、左は北アルプスの五龍岳から長野市街、群馬の赤城山まで見えるという。
 
 ただ、決してアクセスが良いとは言えません。
 ナビを頼って浅間温泉経由を選びましたが、これは間違いでした。
 左に曲がって左に曲がって、次も左?。元に戻らない・・・・。という感じも。
 普通は地元の人しか走らない旧道だったのでしょう。
 美鈴湖から武石峠を通るルートで、細い林道はあるし、カーブの多い山道でした。
 前後に車はありません。すれ違った車は2台だけでした。
 松本から行くなら、扉温泉、和田峠経由のルート。岡谷ICから和田峠のルートが正解の様でしたね。
 帰り道は”ブランシュたかやま””エコーバレー”など懐かしいスキー場の名前を目にしました。
 十数回は通った道でも、20数年ぶりの時間と変貌で、全く思い出せません。
 遅れて女神湖畔の宿に着いた時、空から大粒の雨が落ちてきました。

歩数    22日      5,810(     3,099)
 
累計  (173日) 1,704,661(1,109,717)

|

« 初夏の上高地、のんびりハイク② | トップページ | 青空に映えるラベンダー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原高原で彫刻鑑賞:

« 初夏の上高地、のんびりハイク② | トップページ | 青空に映えるラベンダー »