« 初夏の上高地、のんびりハイク① | トップページ | 美ヶ原高原で彫刻鑑賞 »

2013年6月21日 (金)

初夏の上高地、のんびりハイク②

Pk200
 6月11日。
 午前中に田代湿原、大正池へ。
 目覚めた時、宿の窓から穂高連峰がくっきりと見えた。西穂の岩肌が美しい。東側の明神岳、前穂高岳の方に雲があり、ゆっくりと下りてくる様子だ。

Pk201

 雨が降らないで欲しい。雨対策をして荷物を宿に預けて出発。
 河童橋から林間コースと梓川コースがあるが、迷わず梓川コースを歩く。
 川を渡ってくる風はひんやりとして気持ちが良いし、水の流れる音も心地よい。

Pk202Pk203

 途中赤い水も。鉄分を含んでいるのだろう。そんな中にもイワナの姿が見えました。
 前日と同様、サルの群れが多かったです。信濃笹がガサガサとゆれ、飛び出してきた時はビックリしました。彼らに悪気はないのですが。

Pk204Pk205

 
 田代湿原。穂高連峰の上部はすっかり雲に覆われました。

Pk206Pk207

 田代池。神秘的な色合いです。水は梓川に流れ込みます。徐々に湿原化して池が小さくなってきました。

Pk208Pk209

 このコースでもたくさんの花に出会いました。

P062101P062102P062103

   ウワミズザクラ       アマドコロ      ルイヨウショウマ

P062104P062106P062107

     ズダヤクシュ   シロバナヘビイチゴ     ヤマガラシ

P062108P062109P062110

    ツマトリソウ     レンゲツヅジ    ベニバナイチヤクソウ

 大正池です。昔より狭く感じました。やはり、山から流れてきた石で埋められているそうです。
 朽木が少なく感じたのもそのせいかな。
 風情がなくなってきましたが、両岸をた山で囲まれた環境、姿が変っていくのが自然でしょう。

Pk210Pk213

 池を作り上げたのは焼岳の噴火ですが、その左側の尾根が崩壊しています。痛々しい姿です。
 2年前に豪雨で土砂崩れが起こり、上高地への道が閉ざされたました。まだ記憶に新しい出来事です。

Pk211Pk212

 大正池からはバスに乗って宿に戻り、荷物を持ってお昼前に上高地を後にした。
 晩秋、真夏、そして今回と3度目の上高地です。
 季節、天候、時間、それぞれの姿があるので、また訪れたくなる所です。

歩数    21日    10,453(     7,055)
 
累計  (172日) 1,698,851(1,106,618)

|

« 初夏の上高地、のんびりハイク① | トップページ | 美ヶ原高原で彫刻鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の上高地、のんびりハイク②:

« 初夏の上高地、のんびりハイク① | トップページ | 美ヶ原高原で彫刻鑑賞 »