« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

青空に映えるラベンダー

P062701

 きょうは朝から晴天、湿度が少なく清々しい梅雨休みでした。
 梅雨時に満開を迎えるラベンダー。なかなか好天に恵まれません。
 午前中に急いで所用を済ませ、ラベンダー堤に行ってきました。

P062702P062703

P062704P062705

 やはり青空に映えますね。久しぶりにきれいなラベンダーを見ました。
 午前中ならもっと良かったかな?。
P062706
 日陰は涼しいんですが、日向は暑かったです。
 夏至を過ぎているから陽射しは強いんです。
 花色と香りに癒されました。

歩数   23日       13,867(     11,044)
24日       11,357(     10,083)
 
 25日         8,016(      5,746)
26日         7,913(      5,150)
 
 27日       11,326(      8,615)
累計  (178日)   1,757,149(1,150,355)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

美ヶ原高原で彫刻鑑賞

Dsc_0234
 6月11日。
 上高地から美ヶ原高原美術館へ向かいました。
 実は”美ヶ原”という名前に惹かれたのです。
 標高2000㍍近くある高原にくると、気温は15度ほどに下がり、霧が立ち込めて寒いくらいです。
 駐車場に向かう道路からも美術館のオブジェが見えます。
 あまり人はいません。数組の観賞者だけでひっそりしていました。
 4万坪もある展示場ですから、時間的に全てを鑑賞するわけにいきません。
 30分コースの一つを選択して鑑賞してきました。
 現代彫刻が350点あまり展示されているという。
 

P062202

 抽象的な作品は全く分からず、と言っても他が分かるわけではありませんが。

P062200

 説明文を見ながら何を表現しているのか?”ウーム”と頷くだけです。

P062204P062205P062206

P062207P062208P062209

P062210P062211P062212

 時間が許せばみんな観てみたいと思いましたが、一時間では無理ですね。    

Contest_2
                                                 美の競演

 こども美術館もあるし、家族そろってハイキング気分で楽しめそうです。
 また、美ヶ原高原への本格的ハイキングも楽しめます。
 この日は曇天と霧で眺望はまったくありません。
 晴れた日の展望図によると、左は北アルプスの五龍岳から長野市街、群馬の赤城山まで見えるという。
 
 ただ、決してアクセスが良いとは言えません。
 ナビを頼って浅間温泉経由を選びましたが、これは間違いでした。
 左に曲がって左に曲がって、次も左?。元に戻らない・・・・。という感じも。
 普通は地元の人しか走らない旧道だったのでしょう。
 美鈴湖から武石峠を通るルートで、細い林道はあるし、カーブの多い山道でした。
 前後に車はありません。すれ違った車は2台だけでした。
 松本から行くなら、扉温泉、和田峠経由のルート。岡谷ICから和田峠のルートが正解の様でしたね。
 帰り道は”ブランシュたかやま””エコーバレー”など懐かしいスキー場の名前を目にしました。
 十数回は通った道でも、20数年ぶりの時間と変貌で、全く思い出せません。
 遅れて女神湖畔の宿に着いた時、空から大粒の雨が落ちてきました。

歩数    22日      5,810(     3,099)
 
累計  (173日) 1,704,661(1,109,717)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

初夏の上高地、のんびりハイク②

Pk200
 6月11日。
 午前中に田代湿原、大正池へ。
 目覚めた時、宿の窓から穂高連峰がくっきりと見えた。西穂の岩肌が美しい。東側の明神岳、前穂高岳の方に雲があり、ゆっくりと下りてくる様子だ。

Pk201

 雨が降らないで欲しい。雨対策をして荷物を宿に預けて出発。
 河童橋から林間コースと梓川コースがあるが、迷わず梓川コースを歩く。
 川を渡ってくる風はひんやりとして気持ちが良いし、水の流れる音も心地よい。

Pk202Pk203

 途中赤い水も。鉄分を含んでいるのだろう。そんな中にもイワナの姿が見えました。
 前日と同様、サルの群れが多かったです。信濃笹がガサガサとゆれ、飛び出してきた時はビックリしました。彼らに悪気はないのですが。

Pk204Pk205

 
 田代湿原。穂高連峰の上部はすっかり雲に覆われました。

Pk206Pk207

 田代池。神秘的な色合いです。水は梓川に流れ込みます。徐々に湿原化して池が小さくなってきました。

Pk208Pk209

 このコースでもたくさんの花に出会いました。

P062101P062102P062103

   ウワミズザクラ       アマドコロ      ルイヨウショウマ

P062104P062106P062107

     ズダヤクシュ   シロバナヘビイチゴ     ヤマガラシ

P062108P062109P062110

    ツマトリソウ     レンゲツヅジ    ベニバナイチヤクソウ

 大正池です。昔より狭く感じました。やはり、山から流れてきた石で埋められているそうです。
 朽木が少なく感じたのもそのせいかな。
 風情がなくなってきましたが、両岸をた山で囲まれた環境、姿が変っていくのが自然でしょう。

Pk210Pk213

 池を作り上げたのは焼岳の噴火ですが、その左側の尾根が崩壊しています。痛々しい姿です。
 2年前に豪雨で土砂崩れが起こり、上高地への道が閉ざされたました。まだ記憶に新しい出来事です。

Pk211Pk212

 大正池からはバスに乗って宿に戻り、荷物を持ってお昼前に上高地を後にした。
 晩秋、真夏、そして今回と3度目の上高地です。
 季節、天候、時間、それぞれの姿があるので、また訪れたくなる所です。

歩数    21日    10,453(     7,055)
 
累計  (172日) 1,698,851(1,106,618)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

初夏の上高地、のんびりハイク①

 6月10日(月)のこと。
 連れ合いとその姉の3人で、8時に圏央道入間ICから上高地へ向けて出発。
 上高地へは3度目になるが、前回から16年ぶりです。
 初狩PAで最初の休憩、諏訪SAでは諏訪湖を眺めながらゆっくりとティータイム。
 そこから沢渡大橋駐車場まではノンストップ、予定通り11時半に到着しましたた。
 上高地行きのシャトルバスに乗るため、沢渡大橋からさわんどバスターミナルまでバスで行きます。
 バスターミナル内では、上高地の紹介と観光ルールなどのDVDが放映されています。バスを待つ時間、それらを見ながら過ごします。
 この季節でこの時間、バスに乗る人は10人ほどと少なかった。
 釜トンネルから一般車両が規制され、30分ほどで上高地バスターミナルに到着。さっそく梓川の辺で穂高連峰を眺めながら昼食をとる。

Pk001Konasi

 荷物を宿に預けて身軽になり、河童橋から梓川左岸を明神に向かって歩いた。コナシと呼ばれるズミの花が満開です。
 この季節、草花もあちこちに咲いています。一番多い時期かもしれません。草花に目をやりながらゆっくりと、人に追い抜かれても追いつくことはありません。

 河童橋から明神池の間で見られた花々です。
P062001P062002P062003

   タガソデソウ        エゾムラサキ     ヒロハヘビノボラズ 

P062004P062005P062006

  ラショウモンカズラ     ニリンソウ         オシダ 

P062007P062008P062010

    ユキザサ       ミヤマカラマツ    ムラサキエンレイソウ

P062011 P062013

     アオマムシグサ           ツバメオモト

P062014P062015

      タチツボスミレ          ダイコンソウ    

P062017P062018

       コイワカガミ          オオバミゾホオズキ

 明神館前でおやつ休憩、明神橋で明神岳をバックに記念の一枚、他のグループと撮り合いました。
Pk002Pk003

 橋を渡って明神池を散策。きれいな水と景色に見惚れ、しばし時間が経つのを忘れました。

Pk004Pk005

Pk006Pk007

Pk008Pk009

 河童橋までの梓川右岸は、信濃笹(クマザサ)と樹林帯の中を歩きます。
 左岸より草花は少ないですが、小鳥が多いのでいろんな囀りを聞くことができます。
 それとサルが多いですね。人を関せず悠然としています。共生しているという事でしょうか?。

Pk010Pk011

 まったりとしたサルの家族(左)。岳沢湿原越しに六百山(右)

 誰もエサを与えない事がこの関係を作っているのでしょう。
 樹木や笹の新芽を食べていました。
 遊歩道に排泄物がたくさん落ちているので注意が必要です。
 通常2時間少しのコースを3時間半かけて、上高地のんびりハイクの一日を終わりました。

歩数   20日     12,860(     9,322)
 
累計  (171日) 1,688,398(1,099,563)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

腱鞘炎の手術

P061801P061802

 腱鞘炎の手術を受けてきました。
 簡単な手術と聞いていたので、診察室で行なうのかと思っていたら・・・・。
 病室で着ぐるみ脱がされ、手術着に着せ替えさせられました。
 簡単な手術でも、態勢は同じなんです。
 一時間半ほど点滴されたら手術室です。
 手術台の上に寝かされると、2基のライトが覆い被さるように目に入り、圧迫感と緊張感に包まれました。

P061803

 出血と感染防止などの点滴液を入れられ、肘から指先まで消毒薬をべっとり塗られました。血圧計と血中酸素量測定機をつけられ準備万端です。
 手術の様子を見られるのかと思っていましたが、やはり遮蔽されました。
 壁に掛かった二つの時計だけが目に入り、麻酔と手術の経過時間を刻んでいます。
 麻酔をしてから20分、手術は9分ほどで終わりました。
 この間、医師からは身体の具合を聞かれたり、患部の状態の説明を受けながら、リラックスできました。
 症状はかなり悪化しており、手術しないと治らなかったと。長い間の指の使い過ぎが原因ですね、と言われた。
 原因だと思っていたスキーのストックの持ち方は、引き金になったかもしれないが、直接的に関係はないということだ。
 さて、思い当たる原因は?。
 仕事でキーボードを使いだしてから30数年経つが、仕事のし過ぎという事は絶対あり得ない。
 考えられるのは指立て伏せ(指三本の腕立て伏せ)か、”押せば命の泉湧く”つぼを心得た指圧だと思う。
 しばらくすれば痛みと不自由さから解放されるだろう( ^ω^ )。

P061804P061805

 病院の大きなビワ木に、たくさんの実が熟しています。
 採ることはことはないのでしょう。ムクドリなどが美味しそうに啄ばんでいました。

歩数   18日      4,024(     2,013)
 
累計  (169日) 1,672,813(1,088,401)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

霧の立科

霧の立科
 霧に包まれた立科の女神湖。台風の影響を受けているようです。雨が降っていないのが救いです。

歩数   12日      10,315(      3,693)
 
累計  (163日) 1,621,449(1,051,748)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

早朝散歩

早朝散歩
 朝6時に起床、梓川に沿ってウェストン碑まで散歩しました。
 小鳥のさえずりを聞きながら、美味しい空気を吸って清々しい気分です。
  朝日を浴びた焼岳の姿が美しい。

歩数   11日      19,750(      8,116)
 
累計  (163日) 1,611,134(1,048,055)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

涼しい上高地

P091001

 暑さと雑踏から離れ、上高地に来ています。
 心配していた天候は沢渡に着いたころに青空が見えました。
 河童橋から明神池前まで、新緑の林に囲まれた遊歩道を歩いてきました。
 梓川の涼気を運ぶ風を受け、ニリンソウなど草花に目をやり、ゆっくりのんびり、時間を気にしない楽しいひと時でした。

歩数    10日      17,394(      3,679)
 
累計  (161日)  1,591,384(1,039,939)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

暑いフラフラ散歩

P060901
 暑い!。今年最高の気温を記録した所があったそうです。
 月一度の都内ぶらぶら散歩は高田馬場から新宿御苑までの3㌔です。
 ”東京には空がない”という高村光太郎の誌の一節。
 現実には”土がない””木がない”と言った方が的をえています。
 陽射しを遮るものがない。アスファルトとコンクリートの照り返しを受け、ぶらぶら歩きがフラ~フラ~に。
 明治通りをひたすら歩くだけ。新宿御苑まで40分ほどなのに、やけに遠く感じました。
P060902
 公園内の日陰に入ってほっと一息。風が頬を撫でていく風が涼しかったです。
 たくさんの人が入場し、涼を求めて木陰の下で過ごしています。
 木陰の道ぞいにはアジサイ、ドクダミの花が涼しそうに咲いています。
 雨が似合う花なのでひと雨欲しいところですね。

歩数    8日        3,102(     1,149)
 
 9日       13,373(     9,846)
累計  (160日) 1,573,870(1,036,217)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

雑感!

P060701P060702

 田んぼが稲の苗で埋め尽くされてきました。
 5月末から始まった田植え作業、あと数日で終わりでしょうか。
 いつもの事ですが他地域の田植えより一ヶ月は遅いです。

P060703

 時期といえば「ブルーフェスティバル」が9日(日)から始まります。
 散歩がてらに見てきました。
 ハナショウブは見ごろなんでしょうが、株数が少なく花付きもあまり感心しません。
 川縁のアジサイはほとんど咲いていません。強く刈り込んだためだと思います。花の知識を持って管理しないとダメですね。
 早咲きのラベンダーはきれいに咲いています。メインのラベンダーは花穂が伸びてきて、わずかに色づいた状態。見ごろは月末になると思います。

P060704 庭へ出ると蚊がブーンと寄ってきます。隙間のあいた編戸、早く直さないと蚊が入ってきます。
 
 何時かやろうと思い、材料だけ買っておいた網戸の張り替えを行いました。
 
 大中2枚づつ、大きいのは上下2枚張りなので合計6枚。
 左手が腱鞘炎で使えないので、ガムテープを利用し、力が必要なところは足を使う。
 これが功を奏したようで、以前より上手く張り替えができました。
 怪我の功名っていう事ですね。

 きょうは定例会が休み、官邸前抗議行動も休みました。先週がちょっと忙しかったから、休息もいいでしょう。
 ながーい・・・ながーい・・・闘い、俺の世代では終わらないかも。
 しかし子どもの世代、孫の世代、ずーっと続く未来のために、反核・反原発の世界を実現させなければ・・・・・。
 決してあきらめない!。

歩数    6日       12,095(     8,118)
 
 7日       12,530(     8,552)
累計  (158日) 1,557,316(1,025,143)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

腱鞘炎に

P060501

 5月29日に梅雨入りが発表されたものの、連日、好天気が続いています。
 梅雨の「中休み」ということなのだろうが、まだ梅雨に入っていないのではないでしょうか。
 陽だまりが好きなネコも、陽射しの強さに木陰のベンチがお気に入りです。

 1月のスキーで傷めた左手首の腱鞘炎、一回の通院で痛みから解放されたものの、その後も違和感が続いていました。
 それからはストックの持ち方を変え、手首をかばってスキーを楽しんでいましたが、シーズン末に親指の第二関節周辺が痛みだした。手首をかばったつけが親指にきてしまったようだ。
 日常生活に支障がなかったので放っておいたら、だんだん痛みが増してきて、茶碗を持つとかボタンのかけ外しなど、親指に力が入る事ができなくしまった。
 二週間前に整形外科で診察を受けたら、腱鞘炎に”ばね指”と診断され、痛い注射をされました。
 この注射はステロイド系で、一週間以上の間隔で2~3回しか打てないという、副作用に注意が必要な薬。

 きょう診察を受けましたが「注射の効果が全くないとは重症だな。きょう注射をして治らないなら手術ですね」と言われた。
 自己診断でも今の状態なら手術をしないと治らないと思う。
 ちょっと切るだけの大した手術ではないから心配無用だが。
 一週間後くらいに通院し、検査かたがた予定を調整して、何時ごろにするか決めようと思う。
 歳だから無理をしてはダメと分かっていても、痛みを感じてから気付いては遅いですね。

歩数    4日      13,962(    11,234)
 
  5日      10,096(   6,556)
累計  (156日) 1,532,770(1,008,552)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

講演会に参加

Rps20130603_184113_615

 明治大学リバティーホールで行われた「脱原発テント裁判を考える」講演会をに参加しました。
 テントが設置されてから630日を過ぎました。いまなおテントが存在し続けている意味と、今後の果たす役割を考えれば、テントの明け渡し訴訟に負けるわけにいきません。
 脱・反原発を願う多くの人々の広場としての「経産省前テントひろば」を、多くの人々の支援によって守っていくことが、原発推進政策から撤退させる道筋になっていくと思います。
 

 下記アドレスがきょうの集会を呼びかけるビラです。 
 

http://tentohiroba-saiban.info/index/img/6.3_handbills.pdf

歩数     3日       7,485(   3,944)
 累計  (152日) 1,508,712(990,762)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

No Nukes Day

No  Nukes  Day No  Nukes  Day
 芝公園で6.2つながろうフクシマ!さよなら原発集会が開かれました。
 再稼働反対!  原発ゼロへ、圧倒的市民の声をたたきつけよう!
 予報を覆す好天気に恵まれ、会場はあふれるばかりの参加者で埋めつくされました。
 日比谷公園までデモンストレーション、そのあと国会包囲行動を行います。

歩数     2日     19,751(   11,016)
 累計  (152日) 1,501,227(986,818)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

原発事故、責任をとれ

P060101

日比谷野音の集会の一場面

 昨日「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会」が日比谷野外音楽堂で開かれました。
 この日福島原発告訴団は、2台のバスで福島からやってこられました。
 集会には1000人が結集し、原発事故の被害者の生の声に耳を傾けました。

P060103

東京地検に対し強制捜査の激励集会

 集会後、東京地方検察庁への「激励行動」を行う。
 地検前は告発人、支援者であふれ、歩道橋や反対側の歩道から「激励行動」を見守った。
 地検に対して捜査と起訴を「激励」する行動というものの、1、2次の告訴をしたのに関わらず、動かぬ検察庁に対し強制捜査せよ!という意思表示でした。

P060104

東電本社前で責任を追及する抗議行動

 その後、東京電力本社に移動し、事故の責任を取るように「要請文」提出と抗議行動を行いました。

 以下、集会で採択された「決議文」です

 福島第一原発事故を引き起こし、おびただしい被害をもたらした政府・東京電力の責任を問うため、私たちが福島原発告訴団を結成してから1年が経過しました。この間、明らかになったことは、子供たちの健康被害、除染の行きづまり、原発労働者の使い捨てであり、収束作業が今なお薄氷の上に立っているという事実です。

 事態の根本的解決が求められているにもかかわらず、政治は経済優先の風潮の中で福島原発事故を風化させ、原発再稼働や輸出への動きを強めています。事故から2年経った今なお、16万人が故郷を思いながら帰ることもできず、新たな生活への展望を持つこともできません。

 巨大な事故を引き起こした政府や企業が何の責任も問われなければ、法治国家としての土台は崩れ去り、日本社会の信頼は損なわれます。責任ある日本社会を構築するためには、企業、国の犯罪が正しく追及されることが必要です。

 私たちが呼びかけた、厳正な捜査と起訴を求める署名は10万筆を越え、多くの人々がこの不正義に怒りを持っていることを示しました。4月27日の福島原発告訴団の総会では、この事故の責任を追及するためのあらゆる行動を続けていくことを、参加者の総意として確認しました。

 私たちの目標は、弱者を守らず切り捨てていく社会のあり方そのものを根源から問うこと、人間をはじめあらゆる生物・環境に被害を与えた者が正しく責任を追及される、新しい日本社会を作り出すことです。そのために私たちは、政府や企業の犯罪に苦しんでいるすべての人たちとつながって、ともに闘っていきたいと思います。
 この国に生きるひとりひとりが尊敬され大切にされる新しい価値観を、若い人や子どたちに残せるように、手を取り合い、立ち向かっていきましょう。

                            2013年5月31日

「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会」参加者一同

歩数     1日     13,227(   11,241)
 累計  (152日) 1,481,476(975,802)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »