« 道東・帯広 | トップページ | えりも~札幌へ »

2013年5月15日 (水)

十勝ガーデン巡りから襟裳へ

P051501

P051502

P051503

 帯広に来て目に留まった花は、スイセンにエゾつつじとコブシです。
 本格的な春の到来がが遅いということだろう。
 花の色形がミツバツツジに似ているエゾツツジ、名前は地元の人に教えていただきました。

 朝食後、車を出すと霧雨程度の雨が、それも降ったり止んだりしている。
 きょうの宿はえりも岬だ。そこへ行くまでどう過ごそうか。
 雨にぬれればそれなりに、寒い季節ならその時期の花が見られるだろう。予定通りガーデンめぐりを行うことにしました。 

P051504P051505

 最初は真鍋庭園です。入園料は800円。
 7つのガーデンがある北海道ガーデン街道、十勝に5つのガーデンが集中している。そのうち4か所を回る切符が1600円‎だ。
 買うことにしました。そう買えば必ず行くだろうと。
 立派な大屋敷の和洋を取り入れた庭園だ。あまり俺の好みではなかった。

P051506P051507

 次は十勝ヒルズです。
 ピクニックが似合いそう、小さな子の遊び場もあって家族的雰囲気な公園だ。
 草花はまだですが、高台にあるので展望が良いです。青空の日に訪れたいですね。
 自然農法のファームにその素材を使ったレストランと優しさが感じられる。

P051508

 紫竹ガーデンに向かう途中、きれいな白樺の防風林に出会い写真をパチリ。

P051509P051510

 紫竹ガーデンは花盛り。清掃整備するおばあさんが優しかった。
 ロックガーデンに多種類の山野草が咲いていた。
 懇切丁寧に説明してくれる。もしかしたら社長さんだったかも。
 初めてのタツタソウ(写真上右)に出会えました。

P051511P051512

 六花の森は山野草が整備され、小さな小屋の作品館が共存している。
 水芭蕉、ニリンソウ、大桜草、エゾエンゴサク、シラネアオイ、オオバナエンレイソウが旬を迎えていました。
 アズマイチゲとフクジュソウは残念ながら終わりっていました。
 14時30分、えりもの宿を目指し100キロのドライブ。

P051513

 気温が下がり更別あたりから深い霧に包まれ、えりも近くまで続きました。
 車が空いているので、運転には差し障りがない。

P051514P051515

 広尾を過ぎると海岸沿いの道、黄金道路と呼ばれている。
 山側は急な岩壁が続き、覆道やトンネルが多くなる。フンべの滝は岩肌から道路脇に流れ出ていた。
 地震などで大きな落石があったら、覆道では怖い気がします。
 新しいトンネルに変わりつつあるが、眺めが悪くなるのもやむを得ないか。

P051516P051518

 早めに着いたら襟裳岬を散策しようと思っていたが、あまりの寒さに宿ですぐに風呂に入りました。きょう一日10℃を超えることはなかった。
 夕食は新鮮な刺身海鮮コースで北の味を堪能しました。

歩数   15日      14,081(    5,908)
 累計  (135日) 1,304,242(856,470)

|

« 道東・帯広 | トップページ | えりも~札幌へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十勝ガーデン巡りから襟裳へ:

« 道東・帯広 | トップページ | えりも~札幌へ »