« 車検の見積もり | トップページ | 十勝ガーデン巡りから襟裳へ »

2013年5月14日 (火)

道東・帯広

P051401

 半袖シャツにベストを着用、羽田空港で出発を待っていると汗ばむ陽気んでくる。気温は26℃を示していた。
 1時間半後、とかち帯広空港は8℃でした。
 実に寒い、鳥肌がたち身をすくめてしまう。初夏から初春の地に来たのだ。
 レンタカー営業所でダウンジャケットを着用し、ホット一息つきました。
 厚い雲に覆われているから気温は上がらない。雨が落ちてこないのがせめてもの救いです。
 北海道には何度も来ているが、帯広・えりも周辺は未踏の地です。
 ガーデン巡りも考えたが、まだ季節が早すぎたようだ。
 しかし、直線に植えられた暴風雪林と大農場、大牧場に囲まれた道は空いていて、ドライブは爽快です。白樺の幹がやけに白い。惜しむらくは背景が青空でないことだ。

P051402P051403

 定番の幸福駅・愛国駅を訪ねたが人影はない。
 かつては人気の観光名所だったはずが、今はその様子はうかがえない。

P051404
 きょうの目的地は鹿追町にある「神田日勝記念美術館」です。
 実は先日、ボランティアに参加した際、同じボランティア仲間から帯広に行くならぜひ行ってみなさいと勧められたのです。
 農業をしながら画家として、若干32歳の生涯ながら優れた作品を残している。
 生活に密着した家や牛馬の絵に農村の風景画は力強さを感じた。
 派手な色使いの表現主義的な絵は俺には理解できなかった。もともと素養がないのだから仕方がないけれど。
 農民画家と呼ばれることを嫌ったというエピソードも聞いていた。

P051405

 近くに「福原記念美術館」があり、ついでに観てきました。両方観ると格安で観られたからだ。
 こちらは有名な方の絵画や彫刻、書などが展示されいました。
 斉藤斎、藤井範子、横山大観、与謝野晶子、武者小路実篤・・・・など。
 福原治平氏が個人でこれらを所蔵し、展示しているという。彼は何者なのだろうか?。
 なぜ美術館めぐりをしているのか?。俺を知っている人は不思議に思うだろうね。
 天気予報では明日は雨模様だ。さて、どうしようかな?

歩数   14日        8,498(    4,144)
 累計  (134日) 1,290,161(850,562)

|

« 車検の見積もり | トップページ | 十勝ガーデン巡りから襟裳へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東・帯広:

« 車検の見積もり | トップページ | 十勝ガーデン巡りから襟裳へ »