« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

仲間との集い②

P053101
 夜はいつもの事ながら若干の暴走車が部屋中を駆け回っていました。
 みんな睡眠を妨げら、朝起きるのが辛かったようです。
 宿からは大阪湾が一望できます。
 波がほとんどなく穏やかでしたが、梅雨入り宣言された通り、空は低い雲に覆われて小雨がパラついてきました。
 眺望は瀬戸大橋から淡路島と神戸空港までで、紀伊半島と四国は薄っすらと確認できるだけでした。
 ただ潮の香りがプーン~と、気持ちが良いですね。

 
 さて、これからどうしようか?
 京都観光、神戸観光などを予定していましたが、雨天の時は・・・・。
 朝食後、鳩首協議した。
 なんばグランド花月でお笑い・喜劇を見に行くことに決定。
 大阪から地下鉄で「なんば」に行き、11時の開演にちょうど良い時間でした。
 おなじみの宮川大助・花子、ザ・ぼんちなど、お客と一体となって演じ、笑いが止まらないひと時です。
 チケット代が4,500円、ちょっと高い気がしないでもないが。

P053102
 昼食後、夫婦善哉や法善寺横丁で有名になった、法善寺の水かけ不動(西向不動明尊)を参拝。
 お参りする人は絶えることなく、特に女性が多っかたですね。お不動さんは乾く暇もなく水をかけられてお参りされ、すっかり苔むしていました。みなさん何を願かけていたのでしょう。

P053106
 我らの願いは何はともあれ”健康”です。次回の結集にメンバーが欠けることがないようにと。

P053103P053105

 記念の写真はそんな可愛い女性が撮ってくれました。じい様連中は鼻の下が長めに写っているみたいです。

 次回は東北の支援を兼ねてという話もあったが、果たして何ができるのか?
 そうそう、幹事役はまたというか永久に”私”ということのようだ。
 俺が!という人、独善的な人、会社組織に毒された人もいない、協調性のあるメンバーです。だからこそ、40年以上続いている仲なのです。私が元気なうちは続けることにしましょう。

歩数    31日     11,591(    6,454)
 累計  (151日) 1,468,249(964,561)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

仲間との集い①

 学生時代の親しかった5人。二年ぶりに集まりました。
 関東に住むメンバーは新横浜から乗車の人と合流し、まずは再会の祝杯をあげる。
 新神戸まで3時間弱、出来上がってしまわないか心配だった。

 駅からタクシーに乗って「○○台の○○寿司へ」行先をそう言えば分かる、とIは言っていた。
 「そんなに有名なの?」「本当に分かるのかな?」
 住所を登録してあるから心配はないが、関東組4人は半信半疑でした。

 Iはメンバーの中でただ一人関西に住んでいる。
 彼の前職はエンジンの開発技術者でした。
 ♪~男ならやってやれない事はない~♪
 ♪~人のやれない事をやれ~♪
 歌詞通りの人生を選んだ。
 メンバー全員が2~4回の転職経験者だが、彼が全く畑違いの道に進んだので、当時、私たちは驚いたものだ。
 今回、彼の店に結集したのは、来年には現役を引退するそうで「その前にみんなに自分の握った寿司を食べてもらいたいなぁ・・・」と言ったからだ。
 俺も一度は行きたいなと思いながら、行かずにいたからね。
 彼は遠慮がちに「来年でもいいよ」と言ったものの、先の事は何があるか分からない。
 メンバーに連絡したら、みんな「よし行こう!」と言ってくれた。気心の分かる仲間はありがたい。
 予約していた宿をキャンセルし、旅程を組み替えました。

 我々が降りた駅前には大きなビルが林立し某有名デパートもある、それなりに賑やかな街並みだった。
 運転手さんに「○○台の○○寿司へ」行ってください。
 「はい、分かりました」
 「店の前は交差点を曲がって直ぐなので停められないから、交差点の少し前で停めます」
 「店は建物の真ん中だから、直ぐ分かります」
 「エッー!・・・有名なんだ!」
 

P053001

P053002P053003

 立派な店構えでした。店の前でIが笑顔で迎えてくれた。
 ここでは我々はお客扱い、最高の素材を使った様々な寿司とお酒をご馳走になった。
 
 この地に店を持つまでの苦労話、店が隆盛だった時代、そして昨今の閑散とした状況から店を閉める気持ちになったこと、話は尽きない。
 断片的には聞いていた事であったが、ご苦労さんと労わずにはいられなかった。
 ”Iの握った寿司の味覚を記憶へ”と謳った企画、みんなに喜んでもらえたようだ。
 3時間余の談笑後、瀬戸内海に面した宿に移動し、再び宴会、そしてカラオケで、日付が変わるまでバカ騒ぎが続きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

昼食、贅沢しちゃった!

P052401
 真夏日になりました。
 暑い! でも日陰に入ると爽やかです。湿度が低いからですね。
 夏もこんな感じだと良いのですが・・・・・・。

 きょうは入社当時の仲間の昼食会がありました。
 メンバーは昨秋、出雲地方の旅行に行ったいつもの四人、千葉、東京、埼玉から集まりました。
 会場は浦和駅東口にある本格江戸前鮨”よし佳”です。
 カウンターが10席ほどに、個室(5~6名)が一つのお店。
 営業時間も限られているので、予約してから行った方が良さそうです。
 なにせ、全国の寿司ランキングの上位に入っている人気のお店とか!。
 美味しい寿司つくりを目指して、ネタの仕入れから仕込みまでこだわりを持っているそうです。
 刺身も寿司も”醤油をつけない”で食べます。それぞれのネタに合わせた仕込みで、味に自信があるからでしょうか。
 卓に醤油は置いてありませんでした。
 一品だけワサビを付けて食べましたが、他はそのまま、たいへん良い味をしていました。
 
 飲み物をちょっと飲んで、片手では足りません。ネタと味が良ければ値段も・・・。
 年金生活者の昼食としてはちょっと贅沢なひとときでした。
 
 今回の幹事役の人は、こういうお店が好きなんです。
 お互いの近況報告で時間はあっという間に過ぎてしまい、場所をカフェに移しました。
 来年は旅行に行こうと約束して散会しました。

歩数   24日      10,603(    5,162)
 累計  (144日) 1,398,684(921,621)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

えりも~札幌へ

P051601

 えりもの夜は風が強く、その音で時おり目が覚めた。
 朝の気温は5℃。風速が15メートルもあるので、体感気温はマイナスです。
 ダウンジャケットを含めて5枚の厚着です。手袋がないとしびれる寒さでした。
 えりも岬の端は断崖絶壁、海には大小の島々が連なっている。
 えりも岬と島々は日高山脈の続きで、海の中にも続いているという。
 2時間ほど散策してから、札幌目指して海岸通りを西へ走らせた。

P051602

 様似のエンルム岬で休憩。急な岩の岬を上ってみたが、霧が立ち込め眺望は望めない。
 北海道の海岸通りには海難事故の追悼の碑があちこちに散見される。
 漁業を営む人が多いこと、低温や波浪など海の環境が厳しいことが原因なのだろう。痛ましいことです。

P051603

 新冠の道の駅に着いたとき、3日目で初めて青空と太陽をみました。
 急に暖かさを感じました。

P051604

 この辺りは競走馬の育成牧場が多い所。あちこちに聞いたことのある牧場名が見られました。馬が好きだった(競馬も)ので、かなりカイバ代を払ったことだろう。
 母馬に寄り添い乳を求める仔馬の姿が可愛らしい。

P051605

 道の駅で休憩をとりながら、鵡川ICから高速道に入り札幌に着いた。
 新冠も暖かったが札幌市内も道東に比べると暖かい。 
 ホテル前の大通り公園の桜がほぼ満開になっていた。
 色が濃いのでエゾヤマザクラだろうか。この時期に花見ができてよかった。
 今晩は札幌の友人とススキので会い、よもやま話で盛り上がることだろう。

歩数    16日      8,446(    4,623)
 累計  (136日) 1,311,655(861,093)

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

十勝ガーデン巡りから襟裳へ

P051501

P051502

P051503

 帯広に来て目に留まった花は、スイセンにエゾつつじとコブシです。
 本格的な春の到来がが遅いということだろう。
 花の色形がミツバツツジに似ているエゾツツジ、名前は地元の人に教えていただきました。

 朝食後、車を出すと霧雨程度の雨が、それも降ったり止んだりしている。
 きょうの宿はえりも岬だ。そこへ行くまでどう過ごそうか。
 雨にぬれればそれなりに、寒い季節ならその時期の花が見られるだろう。予定通りガーデンめぐりを行うことにしました。 

P051504P051505

 最初は真鍋庭園です。入園料は800円。
 7つのガーデンがある北海道ガーデン街道、十勝に5つのガーデンが集中している。そのうち4か所を回る切符が1600円‎だ。
 買うことにしました。そう買えば必ず行くだろうと。
 立派な大屋敷の和洋を取り入れた庭園だ。あまり俺の好みではなかった。

P051506P051507

 次は十勝ヒルズです。
 ピクニックが似合いそう、小さな子の遊び場もあって家族的雰囲気な公園だ。
 草花はまだですが、高台にあるので展望が良いです。青空の日に訪れたいですね。
 自然農法のファームにその素材を使ったレストランと優しさが感じられる。

P051508

 紫竹ガーデンに向かう途中、きれいな白樺の防風林に出会い写真をパチリ。

P051509P051510

 紫竹ガーデンは花盛り。清掃整備するおばあさんが優しかった。
 ロックガーデンに多種類の山野草が咲いていた。
 懇切丁寧に説明してくれる。もしかしたら社長さんだったかも。
 初めてのタツタソウ(写真上右)に出会えました。

P051511P051512

 六花の森は山野草が整備され、小さな小屋の作品館が共存している。
 水芭蕉、ニリンソウ、大桜草、エゾエンゴサク、シラネアオイ、オオバナエンレイソウが旬を迎えていました。
 アズマイチゲとフクジュソウは残念ながら終わりっていました。
 14時30分、えりもの宿を目指し100キロのドライブ。

P051513

 気温が下がり更別あたりから深い霧に包まれ、えりも近くまで続きました。
 車が空いているので、運転には差し障りがない。

P051514P051515

 広尾を過ぎると海岸沿いの道、黄金道路と呼ばれている。
 山側は急な岩壁が続き、覆道やトンネルが多くなる。フンべの滝は岩肌から道路脇に流れ出ていた。
 地震などで大きな落石があったら、覆道では怖い気がします。
 新しいトンネルに変わりつつあるが、眺めが悪くなるのもやむを得ないか。

P051516P051518

 早めに着いたら襟裳岬を散策しようと思っていたが、あまりの寒さに宿ですぐに風呂に入りました。きょう一日10℃を超えることはなかった。
 夕食は新鮮な刺身海鮮コースで北の味を堪能しました。

歩数   15日      14,081(    5,908)
 累計  (135日) 1,304,242(856,470)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

道東・帯広

P051401

 半袖シャツにベストを着用、羽田空港で出発を待っていると汗ばむ陽気んでくる。気温は26℃を示していた。
 1時間半後、とかち帯広空港は8℃でした。
 実に寒い、鳥肌がたち身をすくめてしまう。初夏から初春の地に来たのだ。
 レンタカー営業所でダウンジャケットを着用し、ホット一息つきました。
 厚い雲に覆われているから気温は上がらない。雨が落ちてこないのがせめてもの救いです。
 北海道には何度も来ているが、帯広・えりも周辺は未踏の地です。
 ガーデン巡りも考えたが、まだ季節が早すぎたようだ。
 しかし、直線に植えられた暴風雪林と大農場、大牧場に囲まれた道は空いていて、ドライブは爽快です。白樺の幹がやけに白い。惜しむらくは背景が青空でないことだ。

P051402P051403

 定番の幸福駅・愛国駅を訪ねたが人影はない。
 かつては人気の観光名所だったはずが、今はその様子はうかがえない。

P051404
 きょうの目的地は鹿追町にある「神田日勝記念美術館」です。
 実は先日、ボランティアに参加した際、同じボランティア仲間から帯広に行くならぜひ行ってみなさいと勧められたのです。
 農業をしながら画家として、若干32歳の生涯ながら優れた作品を残している。
 生活に密着した家や牛馬の絵に農村の風景画は力強さを感じた。
 派手な色使いの表現主義的な絵は俺には理解できなかった。もともと素養がないのだから仕方がないけれど。
 農民画家と呼ばれることを嫌ったというエピソードも聞いていた。

P051405

 近くに「福原記念美術館」があり、ついでに観てきました。両方観ると格安で観られたからだ。
 こちらは有名な方の絵画や彫刻、書などが展示されいました。
 斉藤斎、藤井範子、横山大観、与謝野晶子、武者小路実篤・・・・など。
 福原治平氏が個人でこれらを所蔵し、展示しているという。彼は何者なのだろうか?。
 なぜ美術館めぐりをしているのか?。俺を知っている人は不思議に思うだろうね。
 天気予報では明日は雨模様だ。さて、どうしようかな?

歩数   14日        8,498(    4,144)
 累計  (134日) 1,290,161(850,562)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

車検の見積もり

P050901
 会員登録しいるガソリンスタンドやカー用品店から車検は格安で、などというDMが来るようになった。
 7月末で3年目を迎え、走行距離36,000Kmを超えました。
 ディーラーからは車検前の無料点検のお知らせがきていたので、オイル交換と一緒にお願いしてきました。
 無料点検とは言うものの、実は車検の見積もりなのです。
 今まで身内に頼んでいた車検ですが、今回はディーラーで受けようと思うのだが・・・

 
 見積もりをしてもらった結果は、合計で138,944円だった。
P050902_2 ・整備技術料: 57,015円
 ・整備部品代: 23,539円
 ・車検代行手数料: 9,900円
 ・重量税:: 20,000円
 ・自賠責保険料: 27,840円
 ・印紙代等: 1,100円

 これに点検パック(6カ月ごと)の加入を勧められたが、もし入るとするならばエンジンオイル交換を含めたタイプの方が得な感じだ。あわせて16万円近くかかることになる。
 点検パックを除いて10万円ほどを想定していたので、エッ!ちょっと高いなぁー、と思いました。
 整備項目をチェックすると、絶対に必要なものと、そうでないものがある。
 そのあたりを見極める必要がありそうだ。
 また、自分で買ってきて取り換えられるものは、自前でやれば経費節減になる。
 ともあれ安心と安全を第一に考えたい。
 

歩数   2日      12,100 (     6,753)      
3~6日      19,095 (   10,013)
7日      15,962(   13,322)
8日      17,290(   10,376)
9日      13,125 (    8,844)  
 累計 (129日間) 1,258,088( 835,283)
後の(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

夏タイヤへの交換

P050101

 愛車の夏タイヤへの交換を行ないました。
 例年はGW明けに行っていましたが、今シーズンのスキーは終わったし、GWも山の方へ行く予定もないので、早めの交換になりました。
 少しは乗り心地が良くなるでしょう。
 スタッドレスタイヤは3シーズン使いました。
 

P050102
 プラットホーム(溝の摩耗限界を示す)まで3~4分ほど残っています。
 以前より走行距離が減っているからだと思います。
 あと1シーズンは使えそう、まだ大丈夫でしょう。
 洗剤できれいに洗います。天候が良いので直ぐに乾燥し、倉庫にしまいました。
 腰への負担を考え、腰サポートベルトを使用しまたが、それでも腰が重ーい。
 一時間ほど歩いてきたら、身体がほぐれてきたのか、すっきりしました。

歩数  4月29日      11,307(     6,143)
   30日        9,681(  5,100)
5月1日      11,180(  7,245)
 累計 (121日間) 1,180,516( 785,975)
後の( )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »