« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

同窓会を設定

P042800
                                    <庭のツツジが見事に咲きました>

 学生時代の悪友会(気の合った同窓会)を5月末に設定した。
 5年前に私が呼びかけたので、そのまま幹事役を押しつけられている。
 メンバーは5人だが、住んでいる所が関西から北関東までバラバラなのだ。
 全員参加できる日にちの設定、宿を何処にするか、集合時間を何時にするか、それらの調整と決定が大変なのだ。
 5年前に名古屋、一昨年は東京に集まったので、今回は関西方面に決めました。
 ところがワイワイ話しながら一緒に行きたいという。
 同じ新幹線のボックス席というわけだ。指定席特急券の手配を俺にヤレということだね。
 関東組の4人は別々の県に住んでいて、東京駅まで2時間以上もかかるメンバーがいるのだ。
 NAVITIMEを使い、新幹線の時間に間に合う列車があるか調べなければならない。
 東京駅と新横浜駅から乗車することで、都合の良い新幹線を決めました。
 一か月前の昨日”えきねっと”で指定特急券を予約。
 きょう”みどりの窓口”で発券してもらい、旅程一覧表を作って券と一緒に便送しました。
 ここまで済めば、お役目は終わったも同然だ。
 当日はそれぞれ好き勝手に話して、食べて、飲んで、歌えば良いのだ。
 そろそろ幹事役を交代しましょう。
 指名しますから、よろしくね。

歩数   28日     12,091(   10,237)
 累計  (118日) 1,148,348( 767,487)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

片品の花めぐり

P042720

 金精峠開通イベントを終え、片品村の春の花めぐりに向かった。
 右手に菅沼(スゲヌマ)が見え隠れするが、まだ水面は白く凍っていた。
 汗ばむほどの暖かさだったが、標高1,700mの世界は少し前まで冬だったのだ。

P042700

 鎌田の交差点を右折し、「片品水芭蕉の森」に行った。
 農耕車優先の狭い道を2kmほど入ると、「ふれあい広場」の駐車に着いた。ここから薄暗い林の中を10分ほど歩くと目的地に着いた。
 なんとそこにも駐車場があった。森林浴を楽しみ運動になったと前向きに考えよう。

P042701

P042702P042703

 自然の湿地帯にミズバショウが見ごろを迎えていた。小ぶりなサイズが可愛らしい。
 ショウジョウバカマが一株だけあったが、もう咲き終わりのようだ。

P042704

 次に花咲地区にある「天王桜」を見にいきました。情報ではまだ早いという事であったが、再び来られるか分からないので、行ってみることにした。
 やはり、情報通りであった。

P042705P042707

 青空に薄っすらと色づいて見える程度。まだ、2、3分咲きといった感じだ。
 樹齢300年と言われるだけの幹の太さです。満開になったら素晴らしいだろうと、想像するのも楽しい。

P042708

 近くにザゼンソウの群生地があるというので、寄ってみましたが、緑の葉ばかりでザゼンソウは3輪だけでした。見頃は過ぎてしまったようです。この近くにはスキーで良く来る所なので、いつか寄ってみたい。

 最後はやはり温泉ですね。スキーの帰りによく寄る、日帰り温泉「花咲の湯」でドライブの疲れを癒しました。

P042710P042709

 露店風呂からの眺望が良い温泉です。天気が良かったので皇海山の容姿がはっきりと見えました。
 外では谷を越えて向こう側の山まで、300匹の”鯉のぼり”が元気に泳いでいました。

歩数   27日       3,853(    2,512)
 累計  (117日) 1,136,257( 757,250)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

金精峠を越えて日光から菅沼へ

P042600

 一般道も高速道をスイスイと流れ、10時に中禅寺湖に着いてしまった。
 日光、結構、もうけっこう!。という感じ。両手では足りないくらい来ているだろう。
 ただ、戦場ヶ原付近だけは何度行っても良い所だ。
 とりあえず、二荒山中宮祠に立ち寄り休憩。
 駐車場から中門に向かうと、大きな牛の形をした石に遭遇しました。

<オンマウス画像>

 あれっ! 見たことない。俺の記憶もここまで衰えたか!・・・。
 説明書には四年前に復元されたものと記してあった。
 記憶にない理由が判明した(ホッ・・)。

 
 そこそこにして戦場ヶ原に向かった。
 赤沼茶屋が見える。戦場ヶ原一帯のハイキングコースの拠点のひとつです。
 人影はまったくない。昨秋、この近くで熊の出没が数回あったことが頭をよぎり、立ち寄らずに通過する。
 その先の三本松に車を止め、戦場ヶ原を眺めた。
P042603

パノラマ画像(クリックで拡大)

 わずかに残ったまだらな雪。赤茶けた草木に白樺の木が映える。取り巻く奥日光の山々の眺望。
 ここの景色はいつも心を和ませてくれる。金精峠開通の時間まで、まったりと過ごした。

 
 峠に向かったのは20分前、すでにゲート前には10台以上が並んでいた。数えたら13番目だった。
 時間が近づくとどんどんやって来て、長い車の列ができた。
 予定の12時過ぎ、前の車が動き始める。続いていったら俺のところでストップされた。
 日光観光協会が品物を配り、観光アピールをしていたのだ。
 俺のところには湯元温泉の”女将”さん来て、窓から品物を差し入れくれた。

P042604P042605P042606

 写真をお願いしたら、素敵な笑顔を返してくれた。
 中味はタオルにお菓子、お箸やパンフレットなど。
 最近、日光には泊まった事はないし、お金を落としてないし申し訳ないね。
 真冬の奥日光に行って見たいと思っている。近々、いや今冬に行きたいですね。

P042607

 車を走らせると間もなく、群馬側からパトカーと道路管理の車が先導してきた。

P042608

 途中、駐車スペース(展望台?)があったので車を止める。
 男体山と湯ノ湖と戦場ヶ原が一望できる絶好の展望場所だった。
 金精トンネルの入り口の駐車場でも車を止める。

P042609

 背後に荒らしい金精山(2,244m)の姿。この駐車場が登山口になっているようだ。金精トンネルの標高が1,840mなので約400mの標高差だが、かなりきつい感じだ。(右下がマイカー)
 
 金精トンネル(延長755m)が栃木と群馬の県境。トンネルを出ると直ぐに菅沼(標高1,735m)に着く。

P042610P042611

 ここでは沼田地区の交通安全協会のメンバーが出迎えてくれた。
 反射タスキやカエル? のストラップなどが入った袋をいただいた。
 開通セレモニーで尾瀬太鼓の演奏が行なわれていたようだ。
 着いた時に太鼓の音が聞こえていたが、駐車している間に終わってしまい片付けに入っていた。
 日光側でのんびりし過ぎたようで、尾瀬太鼓を聴くことができず残念でした。

P042612

 自転車でやってきている人が多かったのにビックリ!(20人以上いました)。外国人が多かったですね。日本人を含めて皆リタイヤした年齢に見えました。
 沼田から距離は50km以上、標高差1,000mを登って来ただけでも凄い。これから金精トンネルまでは100mを登らなければならないのだ。距離が短いだけに急な坂道だ。
 まだまだ老いてはいられないが俺には無理だろうね。ちょっとやってみたいなぁー・・・・。
 
 菅沼は日光白根山の登山口になっていて、そば屋とお土産屋があり、かなりの駐車スペースがあります。
 ここまで来るバス便がないので、車でしか来られないからだ。
 道路反対側はキャンプ場(バンガローオンリー)になっている。
 涼しい所だけに営業は6月中旬から10月中旬ごろまで。

P042613

 白根山の登山道はまだ雪一色で、まだ、ハイキングというわけにはいかないね。

P042614

 金精トンネルから群馬県側に出ると、道路わきの樹木に白樺が多くなる。
 国立公園内の自然保護規制による違いなのだろうか。
 白樺の樹皮の色と真っ白な雪、赤味を帯びた白樺の新芽、そんな中のドライブは大変気持ちが良いものだ。
 とりあえず、金精峠開通の初春ドライブは無事終わった。
 おまけで片品村を散策してきました。

歩数     26日       3,687(    2,122)
 累計  (116日) 1,132,404( 754,738)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

金精峠が開通

金精峠が開通
 冬季閉鎖されていた金精道路が、今日12:00に開通されます。
  50台あまりの車がその時を待っています。
  金精峠(こんせいとうげ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村との境にある標高2024mの峠。周りを白根山、男体山などの高山で囲まれるています。
  寒冷な高地で積雪が多く4月末まで残るため、峠近くは冬季は完全閉鎖となっていました。
 一番前では開通式が行われています。

歩数     25日     10,223(    5,021)
 累計  (115日) 1,128,717( 752,616)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

「リンカーン」を観る

P042401

 映画「リンカーン」を観てきました。
 どのようなリンカーン像が表現されているのか?

 第16代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーン。
 「南北戦争」の原因の一つが奴隷制度の存続をめぐる争いだった。
 「奴隷解放宣言」だけでは、戦争終了後に奴隷制復活が懸念される。
 戦争収束が見えてきた時「合衆国憲法修正第13条」の可決を下院で目指します。
 戦争・政治に没頭するリンカーンと家族の軋轢、憲法修正案可決に向けた議会の多数派工作を巡るストーリー。

 この時代は共和党が奴隷解放のリベラル派で、民主党が奴隷解放反対の保守派なんです。今の両党とは逆の立場ですから、これには興味を持ちました。
 それにしても「憲法修正」に必要な3分の2以上の賛成票を得るための執念が凄かった。
 それほど「憲法」の持つ意味は、国民・国家にとって重いものなのです。
 それに引き替え我が宰相の「憲法」感はいかがななものだろうか?。

 「奴隷解放」と「人民の 人民による 人民のための政治」。
 リンカーンは非常に人道的なイメージをもった大統領として、アメリカでも人気のある人です。日本でも同じようなイメージを持っている人が多いでしょう。そういう知識しか教えられていないからですね。
 しかし、大統領としてアメリカ先住民(インディアン)に対しは、非妥協的な弾圧を行った人なんです。
 その事実から実際は「人道主義者」ではなかった、と思います。
 そうなると奴隷解放を目指したのは、合衆国分裂を回避するための手段(戦術)だったのかも知れないと・・・。
 歴史の真実を知ることと判断は難しいものです。

歩数     24日      7,256(    4,959)
 累計  (114日) 1,118,494( 747,595)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

雪質はハイシーズン

P042301

 昨日、目覚ましを5時に設定していたのに、目が覚めたの4時です。
 まるで遠足にいく子どものように、 気持ちがハイになっていたみたい。
 丸沼スキー場情報と天候をネットで確認すると、早い時間ならコンディションが良さそうだ。
 急いで準備し車をスタートさせたのは6時。
 高速はスムーズに流れ、道路の着雪はスキー場近くの一部だけだったので、到着は8時半と思っていたより早かった。
 駐車場も空いていて、センターハウスの目の前に停められたのでラッキーだった。
 外へ出ると以外に寒い。着衣は真冬モードにした。
 ゲレンデに出て雪質を確認すると、少し湿り気を含んだパウダースノーだ。一番滑りやすい雪質です。
 空は雲に覆われ小雪がチラつく天候で、気温はあまり上がらない。時おり北風が強くなって地吹雪に見舞われることもあった。
 先週の天神平のシャーベット(シャバ雪)とは雲泥の差だ。4月末でハイシーズンの雪質なのだから来て良かった。
 
 期待していた午前中どころか、午後になっても雪質は良好だ。

P042302

 楽しみにしている雪山の眺望は望めなかった。一時、青空がでて日光白根山の姿が見えたが、直ぐに雲間に隠れてしまった。
 スキーに専念することにしました。
 コースはかなり制限されていましたが、人が少ないので気にならない。
 午前中2時間、午後は2時間半、ほとんど休憩なしで滑りました。
 充実した滑りは今年一番かもしれない。それだけに足は疲れました。2時30分と早めに切り上げました。

 冬季閉鎖されていた金精道路は4月25日(木)12:00開通予定だ。
 スキー場から見える道路には雪がついていたが、これから積雪がなければ開通できるだろう。
 春になったといえ、山間部では雪が降ってもおかしくありません。GWに車で山間部に行かれる場合は、滑り止め対策を考えておく必要があります。

歩数     23日     10,284(    8,298)
 累計  (113日) 1,111,238( 742,636)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

サクラ・雪花

サクラ・雪花
サクラ・雪花
 サクラと雪花を同時に見られ、冬と春を一緒に楽しんでいます。

歩数    22日     10,550(   4,203)
 累計 (112日) 1,100,954(734,338)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

歩け歩け・・・

 

P042102P042103

 一時の寒の戻り、そして冷たい雨。
 蕾が膨らんできた庭のスズランもビックリしているかな。
 北海道生まれだから、こんな寒さはなんとんも思わないか。

 昨日から仕舞いかけたストーブを点け、あわてて灯油を買いにスタンドへ。
 残っていた灯油はすべてタンクに入れてしまった。ちょっと早すぎたようだ。
 夜は湯たんぽのお世話に。これがまた良い寝心地です。
 山間部ではだいぶ積雪があったようです。
 
 24~26日に予定していたスキー行、コンディションが悪く中止しました。
 気持ちが高ぶってきました。明朝の目覚め次第で雪山かな?。

 
 この三日間、良く歩きました。平均ペースを上回っています。
 寒いくらいの方が歩きやすいです。
 ウインドブレーカーを着て手袋をつけ、20分も過ぎると汗ばんできます。
 汗が出るくらいが新陳代謝が良くなって身体に良いそうだ。
 そして、エクササイズ歩数が一万歩を超えた。
 100mを1分のペースで歩数は115歩。歩幅が約87cmです。
 9Km近く歩いたわけだ。
 短い脚をいっぱいに広げて、今はこの歩幅が普通になってきました。
 
 エクササイズ歩数を引いた残りは、ダラダラと動いただけのもので、運動にはなっていないのだ。
 車より自転車で、自転車より歩きで、一日一万歩、エクササイズ歩数七千歩を目標に、歩け歩け・・・・・・・。

P042101

 雨上がり夕陽がきれいでした。ダイヤモンド雲です(こういう言い方あるのかな)。
 いつまでも眺めていたい気分です。

 
 
 
 

歩数   18日     8,826(     6,232)
   19日       12,671(  10,142)
 20日       14,168(  10,171)
21日      13,311(   10,922)
 累計(111日間) 1,090,404( 730,135)
後の(  )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

ライラック

P041701

 ライラックの花です。
 近隣で見るのは初めてかな?。
 「札幌の木」に選ばれているライラック。
 花言葉は「友情・大切な友達・初恋・青春の思い出・・・など」。
 5月になると数百本のライラックが、札幌の大通り公園を彩ります。
 白と紫系の花は芳香を漂わせ、例年5月下旬には「さっぽろライラックまつり」が催される。
 札幌市民にとって長い冬から解放され、春の到来を知らせるお祭りです。
 札幌を訪れるは、ライラックまつりの少し前の予定。
 花々に彩られた北の大地を楽しみにしています。

歩数   16日        5,055(     2,427)
   17日       10,971(  9,054)
 累計 (107日)  1,041,428( 692,668)
後の( )内はエクササイズ歩数

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

天神平から

天神平から
 12月に初滑りで訪れたが、滑れなかった天神平に来ました。
  好い天気です。谷川岳もはっきり見えます。登山者もたくさんいました。
  気温は徐々に上がって、12時には8℃と暖かくなり、重いシャバ雪で楽しむどころか悪戦苦闘しています。
  スキーはともかく、雪山が眺められるだけでも気分爽快です。
  例年より雪解けが早いように感じます。
 カタクリやショウジョウバカマなど、山野草が見られるのも間近いでしょう。

歩数   13日         3,943(       752)
   14日       12,823(  7,086)
15日       11,472(  5,778)
 累計(105日間) 1,025,402( 681,187)
後の( )内はエクササイズ歩数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤城高原SA にて

赤城高原SA
 にて

赤城高原SA
 にて
 7時50分、赤城高原SAで休憩しています。
 まだ桜がきれいに咲いています。
 これから雪山の麓にいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

不思議?

P041201

 ウォーキング中、池に目を向けると水面に真っ直ぐな一筋の帯が見えました。
 池にはさざ波が立っていましたが、そこだけは整水面のようでした。
 帯の正面から見ようと歩を進めましたが、10数分で消えてしまいました。
 風の影響なのか、不思議な現象でした。

P041202

 夕方の空、太陽を覆う雲を見ていて”ネズミの嫁入り”の話が頭によぎりました。
 お婿さんが太陽~雲~風~壁~ネズミへ。
 この昔話(民話?)の意味するところは何だったのでしょう?。
 今になって頭を傾げています。

 

歩数  12日     13,037(  10,194)
 累計 (102日)  997,164(667,571)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

晴れ、雨、晴れ

P041103P041101

P041102

 八重桜がトンネルのようになった遊歩道。
 サクラとハナミズキの花、新緑のヤナギがつくる景色を眺めながら、ウォーキングは気持ちが良い。
 
 きょうは暖気と寒気のせめぎ合い。天気は晴れ→雨→晴れ。
 にわか雨が降った後は涼しくなりました。
 素手はおもわずポケットの中へ。
 寒暖の差が大きく、身に着ける衣服に気をつかいます。

 

歩数  11日   10,142(  6,269)
 累計 (101日)  984,127(657,377)

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

ウォーキング

 

P041000

 散ったサクラがあれば、咲きだしたサクラもあります。
 
 芽吹きの木々を背景にボタン桜が映えますね。
 きょうは4月10日は2013年の100日目です。
 目標にしている一日1万歩はわずかに足りなかった。
 一定の負荷がかかるエクササイズ歩数も目標値一日7千歩に届かなかった。
 身体のために良いウォーキングはこちらの方です。
 結果を見ればわずか一日500歩足りず、時間にすれば4、5分である。
 数値はあくまで目標、健康な日々を過ごせることが目的なのだ。

P041001P041003

 きょうは春の景色を眺めながら少し多めに歩きました。
 
 楽をせず足を使います。
 

歩数  10日   13,657(  9,024)
 累計 (100日)  973,985(651,108)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

スミレの天敵

 

P040901P040902

 庭木の陰や隅っこの方にスミレが群生している。
 自然に生えてきたものだが、除草の際にも気を使い育てているといった感じだ。
 種類はタチツボスミレか? コスミレ? だと思われる。
 最近スミレに新たな仲間が加わってきた。
 スミレと言えばこの花だろうと、俺が思っていたものだ。
 このスミレが今年はずいぶん増えてきて喜んでいる。

P040903P040904

ツマグロヒョウモンの幼虫(左)と成虫(右)

 そこに現れたのがツマグロヒョウモンの幼虫です。
 スミレや園芸種のパンジー、ビオラの葉が大好物なのだ。
 その中でも俺のお気に入りのスミレが、こいつもお好みのようだ。
 黒い身体の背中に赤い一本のすじ、鋭いトゲがたくさんあり、実にグロテスクな風貌である。
 毒は無いといってもあまり気持ちが良いものではない。
 羽化してチョウになると可愛い姿だが、放っておけば丸坊主にされるので捕殺しました。ゴメンネ!。
 スミレとスミレ愛好家にとっては天敵です。
 

歩数   9日    6,437(  3,566)
 累計   (99日)  960,328(642,084)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

チューリップが見ごろ

P040801

 春眠暁を覚えず・・・・・日記も・・・・久しぶりです。
 
 透き通る青空に心地よい北風、清々しい天候である。
 草花の手入れにに絶好の陽気。
 さっそく草花を求めて、パンジーハウスに出かける。

P040802P040803

 連れ合いがいくつかの花を見つくろい買い求めた。
 土作りから植えつけ、管理は俺の役割なのだ。

P040804P040805P040806

 この時期、チューリップまつりが行なわれる花のオアシスが近くにある。
 寄ってみたらちょうど見頃を迎えていた。花の数が35,500本は見事でした。
 ところでチューリップまつりは再来週の土・日です。
 それまで花が咲いているのか気がかりです。
 
 創作ガーデン作りやイベントの都合で日程変更はできないらしい。

歩数 1-7日   57,402(   36,522)
8日    6,367(  1,595)  
 
累計 (98日)  953,891( 638,518)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »