« 噴水は水のカーテンに | トップページ | 悪コンディションのスキー初日 »

2013年2月17日 (日)

郷愁の香り

P021700

 昨日とがらりと変わって暖かくなりました。
 上着を薄手に着替えても汗ばむ陽気です。
 散歩道の先方で煙が立ち上がっていました。
 稲穂だけ刈り取られた田圃、残されていた稲わらが燃やされていました。

P021701

 また、用水路の法面の枯草にも火がつけられています。
 病害虫の駆除が目的だそうです。
 脇を通り風下に入ると、焦げ臭く暖かい煙にまかれそうになります。
 幼き頃の郷愁を感じる香りです。都会では味わえないひと時でした。
 明日から天気は下り坂になり、今日は”畑焼き””野焼き”の絶好日だと言っていました。

 ホトケノザやオオイヌノフグリが群れをなして咲くようになりました。(オンマウスで画像が変わります)

歩数 17日   10,701( 7,142)
 累計(48日) 507,333(347,130)

|

« 噴水は水のカーテンに | トップページ | 悪コンディションのスキー初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁の香り:

« 噴水は水のカーテンに | トップページ | 悪コンディションのスキー初日 »