« 渡良瀬遊水地 | トップページ | 日帰りスキーに温泉 »

2013年1月18日 (金)

写真展と反原発行動

P011801

 知人に勧められ招待券をいただいていた写真展「北井一夫 いつか見た風景」を見てきました。
 会場は東京都写真美術館です。
 学生時代から現在までのシリーズ作品が展示されていました。
 時代とともに作風が変っていくように見えるのは、社会の変化と被写体が変わっているからでしょう。
 一貫しているのは時代と真正面から向き合い、人々の自然な姿が”いつか見た風景”のように撮られている作品だと感じました。
 なお、12月20日付け朝日新聞夕刊文化面の写真評にとりあげられました。
 奇遇に感じたのは、12月15日から東松山の美術館で開催された「本橋成一写真展 屠場」のトークショーに参加しましたが、お二方の「評」が一緒に載っていたことです。
 見たばかりの写真展、これから見ようと思っている写真展、こんな事があるのですね。
 表題には「被写体との接近と隔たり」となっていました。
 写真の批評家から見て、なにか同じような主張が感じられたのでしょうか。
 会期は1月27日(日)まで。月曜日は休館日。

P011802

 夕方から官邸前抗議行動に参加してきました。
 いつものように、恵比寿から霞ケ関まで歩きました。
 すっかりアル(歩)中になってしまったようです。
 一時間半かかりました。思っていたより遠く疲れたました。
 集会参加者は以前より少ないのが気がかりですね。
 寒さがひときわ応えますが、参加者のハートは熱いものでしょう。

P011803P011804

P011805 P011806

 趣向を凝らした衣装やメッセージを掲げて参加しています。
 命をつなぐ未来への責任、諦めるわけにいきません。
 一人一人の粘り強い行動が求められます。
 原発のない社会に向けて、力になれればと思いながら・・・・。

 歩数 18日  16,454( 12,103)
 累計            204,227(139,768)

|

« 渡良瀬遊水地 | トップページ | 日帰りスキーに温泉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真展と反原発行動:

« 渡良瀬遊水地 | トップページ | 日帰りスキーに温泉 »