« 奥ニセコの秘湯へ | トップページ | 紫アスパラ »

2012年6月 2日 (土)

籐工芸展

P060201

 杉戸町生涯学習センター(カルスタすぎと)で籐工芸展が行われています。知人の籐編み作品が展示されているので行ってきました。
 (写真撮影は先生から許可をいただきました)

 H・Kさんの作品は一番前の方に展示され、色つやが良く目立っていました。

 籐は旧石器時代から篭の材料に使われていたそうです。日本には中国から約1400年前に伝わってきたといわれ、生活に深く関わってきたものです。

P060202

P060203

P060204

P060205

P060206

P060207

 自然の材料なので、どれも柔らかさと温かみを感じます。人の手で編まれたものなので尚更ですね。

 材料の形や色やサイズもいろいろ、作品に合わせて使われています。編み方も色々とあるみたいです。

 実用的なもの、装飾的なものまでいろいろな作品を楽しんできました。

 どれも欲しくなるものばかりです。自分で作らなければダメですね。

|

« 奥ニセコの秘湯へ | トップページ | 紫アスパラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さん、こんばんは!
私は、まだ作品展見ていないので びっくりしました。
杉戸まで、わざわざ行って下さったのですね。
写真も、きれいに撮れています。県活組みは、私の運転で、水曜日に見に行く予定です。
師範科の作品見る事は、自分のために とっても勉強になります。
本当にありがとうございました。

投稿: でこ | 2012年6月 3日 (日) 21時22分

でこさん、こんばんは!

良い作品を観させていただき、ありがとうございます。
師範クラスなんてあるのですか。
素人には甲乙つけられませんね。
それぞれ手作りの味わいがあって良かったですよ。


投稿: 青さん | 2012年6月 3日 (日) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 籐工芸展:

« 奥ニセコの秘湯へ | トップページ | 紫アスパラ »