« 汗ばむ陽気 | トップページ | 被災地を訪れる »

2012年3月 8日 (木)

お茶が心配

P030801

 連れ合いは義兄の一周忌法要と母親の13回忌法要の打ち合わせで、近くの姉宅を訪問。俺はケアハウスに入所している叔母の面会に伺った。

 玄関に飾ってあった犬の人形が可愛かったので、一枚撮らせてもらった。

 叔母に会うのは月一回くらいだろうか。訪れるごとに足腰が弱っていくように感じる。

 腰椎の疾病で歩行に支障をきたすようになってから20数年、原因が分かり手術すれば良くなると言われた時には喘息の治療中。麻酔による危険が高いため断念しなければならなかったのだ。

 生涯ひとり暮らしを選択した叔母だから、俺の兄弟や従兄弟たちが訪れるのを楽しみにしている。週一くらいで誰かが面会に来る感じだ。

 今日は金時豆の煮物とお赤飯を持参した。ひな祭りのお祝いとしてはちょっと遅すぎたかな。いずれも好物なので喜んでくれた。

P030802

 目の前の茶畑が茶色に変色していた。上部の葉が枯れているようだ。本来お茶は暖かい地方のものだから、例年以上の寒さの影響を受けたのでないか。心配ですね。

P030803

 隣接したお茶畑には覆いが掛かっている。被害はないようだ。こちらは葉を一枚一枚手揉みする、100gの数千円の高級茶ではないかな。俺の口(財布)には合わないね。

 この近辺は俺の好きな狭山茶の産地です。あちこちに茶畑があるが、市街化の波が押し寄せて、大規模な茶畑はあまり見られなくなった。

 この状態でお茶の品質、生産量に影を落とさなけれ良いのだが。昨年は原発事故による放射能汚染で、廃業に追い込まれた業者もあったと聞いている。また、生産に影響を受けてはたまらないね。

|

« 汗ばむ陽気 | トップページ | 被災地を訪れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さん、こんにちは!
叔母様 金時豆とお赤飯、お喜びになった事でしょうね。金時豆、青さんが、煮たのですか?
茶畑の茶色、驚きました。いいお茶は、きちんとビニールハウスで育っているのですね。私は、狭山茶好きですが、いけないことなのですが、放射能が、心配で九州のお茶に切り替えました。お茶農家は、本当に可愛そうですね・・・・

投稿: でこ | 2012年3月 9日 (金) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶が心配:

« 汗ばむ陽気 | トップページ | 被災地を訪れる »