« 雪が舞っています | トップページ | 御苑は春遅き »

2012年2月19日 (日)

一人前?力石

P021901

クリックすると写真が変わります。

 テクテク、テクテク、何処へ行く。

 メイン通りから外れた道は未知の道。

 甘い香りに誘われて、知らない集落の中をテクテクと。

 香りの主は蝋梅の花。花期の長い蝋梅ですがこの花は色艶が旬でした。

P021902

 畑の中に小さな社が、ちょっと寄り道してみました。

 社の扁額に稲荷神社の文字。収穫を願う村の鎮守様だろうか。

 手水舎は形ばかりの小さなもの。

 鳥居の後ろに卵型の大石がありました。

 二百六十年前に奉納された力石だという。

P021903

クリックすると説明文に変わります。

 「廿五〆目」とは二十五貫目(≒93.5㌔)の事かな。

 この石を持ち上げられることが一人前の男の証明だと。

 俺はその時代に生まれなくて良かった!。

 今なら一人前? ・・・・・???です。

|

« 雪が舞っています | トップページ | 御苑は春遅き »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人前?力石:

« 雪が舞っています | トップページ | 御苑は春遅き »