« 切符の手配完了 | トップページ | ぶらり東京散歩 »

2012年1月14日 (土)

久しぶり、ナイタースキー

P011401

 「今シーズンは行かないだろう」と言っていたスキー場に行ってきました。
 自分の言葉に責任を持たない、まったく節操のない人間であると自ら呆れてしまう。

 実は昨日に次男が帰ってきて、明日スキーに行かないかと言い出した。
 スキーと聞けば気持ちはウズウズしてしまう。直ぐに行くことは決まった。
 とりあえず、用具の準備をして車に積み込んでおいた。
 何処へ? 何時ごろ出掛ける? 場所を次男はネットで調べていた。

 俺は早めに行って早めに帰ろうと思っていたら、息子はゆっくり出かけて、遅い時間に帰って来たいと言う。
 遅い時間の方が道路が空いていると言うのだ。それでナイターをやっているスキー場を探していた。
 今どきナイターをやっているスキー場は少ない。少ないスキー場の一つが先日行った所だったのだ。

 今朝出かけたのは9時過ぎでした。11時頃に水上インターを下りて早めの昼食をとった。
 スキー場へ向かう道路に入ると、スキー場の係員が車を止めている。
 事故でもあったのかと思っていたら、駐車場が満車だというのだ。
 帰る車がいないと空きができない。スキー場まで相当時間が掛かるという。
 Uターンして他のスキー場に行くか迷ったが、遅くなってもナイターで滑れば良いので待つことにした。

 車は思っていたより早めに、ゆっくりとだが動き出した。
 スキー場からかなり離れた空き地(駐車場?)に誘導され、スキー場まではバスで行くことになった。

 滑りだしたのは12時半になっていた。リフト券は5時間券で17時40分までだ。
 ゲレンデはかなり混んでいた。こんなに混んでいるゲレンデで滑るのは何年振りだろうか?。
 場所を選ばず止まっているボーダーと初心者、注意しながら滑るのは神経が疲れる。
 16時半からナイターの時間になるのので、16時を過ぎると帰る人が多くなった。

P011402

 俺らは休憩してから17時ちょっと前にナイターゲレンデに出た。 
 ナイターでのスキーは20年ぶり位だろうか。
 ライトに照らされたゲレンデは雰囲気がとても良い。
 夕暮れとともに気温が下がり雪が締まって滑りやすいのだ。足前が上がったように錯覚してしまう。
 ゲレンデは昼間と違って上級の人が多くなった。この時間帯を狙ってやって来た人たちなのだろう。
 リフト券の有効時間を気にしつつ、俺らも思い切り滑った。ノンストップで6本、足はかなり疲れました。

 帰りは俺たちだけでも直ぐにバスを出してくれた。たいへん親切な対応である。
 このスキー場、朝は7時から始まり、22時までナイター営業している。土日と祝日前日は24時までのナイター営業だという。珍しいスキー場です。
 こんなに空いていて滑り易いなら、もっと遅い時間に来たほうが良かったな思った。
 また、ナイタースキーならば、また滑って見たいスキー場ですね。
 ここで前言を訂正します。

P011403

 帰りに山あいにたたずむ一軒宿「真沢(さなざわ)の森」に立ち寄り、日帰り入浴してきました。
 美人の湯の名の通り、肌がすべすべとするアルカリ性の温泉です。女性好みでしょうね。
 月と星空を眺めながらの露天風呂は癒しの空間、最高の気分でした。
 汗とスキーの疲れをすっかり流し、空いた高速ドライブも快適で無事帰宅しました。

|

« 切符の手配完了 | トップページ | ぶらり東京散歩 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶり、ナイタースキー:

« 切符の手配完了 | トップページ | ぶらり東京散歩 »