« 友の退院祝い | トップページ | 故郷の地を訪れて »

2011年11月21日 (月)

気晴らしに八丁湖へ

P112101

 パソコンに向かいづめなので、気晴らしにウオーキングがてら紅葉を見に出かけた。
 向かったのは車で30分ほどの吉見町の八丁湖です。
 近郊のの紅葉スポットとして気にいっている所で、毎年のように行っています。
 水と青空と黄葉に紅葉。条件が良ければなかなか良い景観です。
 池の周囲は2㌔もないけれど、その他に3つの散策コースなどがあり、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。
 近くに吉見観音・安楽寺もあります。

P112102P112103

 今年はモミジの色づきが良くないですね。
 まだ青葉のもの、枯れて散っているもの、色づきが悪いもの、中にはきれいなものも少しはありますが。
 ちょっと時期が早いのかもしれません。秋になってから陽気がおかしいですしね。

P112104 P112105 P112106

P112107 P112108 P112109

 ここにはたくさんのネコさんがいます。
 暖かい日差しの所にのんびりとして、人になれているのか近寄っても逃げません。
 ネコさんにとって生活し易い所なのかな。
 

 話は変わりますが、ここ数日、受け持った作業を遂行している。
 テープ起こしというやつだが、これは古い言い回しだな。
 ICレコーダーに録音したデータの文書化だ。
 パソコンに取り込んだ音声を聞きながら、ワードに文書を打つ作業である。
 この作業は今回で3度目になる。

 最初はある討論会の内容を文書に起こしたが、これは内容が首尾一貫していてやりやすかった。
 聞いた通り文字を打てば良いので、思っていたより時間も早かった。
 ただ、文字を打つ作業が遅かったけどね。これは自分の手が遅いのでしょうがない。

 
 前回と今回はインタビュー形式の座談会の文字起こしだ。話し言葉を文書にするのは難しいです。
 途中で他の人が話に入り込んだり、数人が一緒に話すと誰が何を言っているのか分からなくなる。
 すらすらとスムーズに文字化できるところもあるが、10分の話に2時間くらい掛かってしまう。
 興味がある話には自分が聞き入ってしまうのも一因だ。

 この作業をやっていると、時間が経つのが早い。根を詰めると身体・精神ともに良くないので、適当なところで息を抜きながらやっている。
 受け持った部分の半分が終わった。急がなくて良いと言われているが、早めに終わらせたいと思う。
 
 

|

« 友の退院祝い | トップページ | 故郷の地を訪れて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気晴らしに八丁湖へ:

« 友の退院祝い | トップページ | 故郷の地を訪れて »