« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

青森は寒い

青森は寒い
 青森は本州の最北だけに、この時期になると実に寒い。 真冬の感じです。
  駅を降りたときから厚い雲に覆われ、雪が舞ったり小雨がばらついたりしていました。
  関東地方のような暖かい日を期待するのは、もう無理ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

故郷を探索

P112900

 俺は故郷に毎年2度は戻っている。春秋のお彼岸に墓参りするためである。
 お寺の近所や街中には立ち寄ることがあっても、かつての遊び場には足を向けたことがない。
 俺がにとって生活(遊び)の場そのもだった所が、自然保全・再生の動きと歴史ブームが相まって、観光資源として売り出しているようだ。
 「お鷹の道」「真姿の池湧水群」「姿見の池」等々。
 「お鷹の道」は「真姿の池湧水群」から流れる小川に沿った道に名づけられていた。
 この地は尾張徳川家の鷹狩の場であったという。そういう言い伝えがあったのだろうが、当時はただの小道でしかなかった。
 小川は石で整備され道も舗装されて、観光スポットになっている。

P112902

 「真姿の池湧水群」は屋敷の中にあるので知らなかった。湧水のひとつは小道にあり、俺らの水飲み場でした。
 今は水質汚染で飲めないのだろうね。
 「真姿の池」の名前の由来は伝説である。俺はこういう話に関心もないし興味も持たない。
 池があったのは知っているが、鳥居や祠の存在も記憶にない。信じる人は参拝したくなるのだろうか。

P112904

 「姿見の池」いまは住宅地の中のオアシス的存在でした。
 半世紀前はこの一帯は、住居は少しで一面が田圃でした。
 はずれの荒れ地の中にあった小さな丸い沼、それが姿見の池でした。周りには木か竹の杭があって、縄で囲まれていた気がします。
 小魚やザリガニ採りに入りたかったが、深い沼だから入ると危ないよと脅されて諦めました。
 名前の由来は、宿場町の遊女がこの池で自分の姿を映して見たことだそうだ。
 当地には恋ヶ窪の名前の由来と一葉の松の言い伝えもある。

 <いずれもの写真も、クリックすると説明文がでます>

 当時の雑木林や田圃、畑がほとんど無くなり、見る風景が違ってきました。故郷という感じが薄くなります。
 しかし崖線の一部に自然林が残り、いまも枯れずに湧水があったことで、昔に少しタイムスリップできました。

 我が家のあった所はあまり変わっていないようです。古い街並みなので道路には軽の車しか入れません。
 日常の生活に車は必要ないのかも知れません。

 もっと遠いと思っていた所が、意外と近くにあったと感じました。
 子供目線と大人目線の違いでしょうか。「遠い所まで遊びに行った」のは、想い出の中だけだったのです。
 想い出は大きく膨らみ続け、夢は膨らんでも現実は確実に萎んでいっている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

故郷の地を訪れて

P112401

 所用を済ませてから、生まれ育った故郷に立ち寄りました。
 JRの駅で「都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー」のパンフを手にしたところ、我が故郷の地が載っていました。

P112402 P112403

 その名は殿ヶ谷戸庭園となっていました。俺が住んでいたころは岩崎家の別荘だと言われていたはずだ。

 俺がこの街を出たのは73年だ。74年に都が買収し公開されたのが79年だから、知らないわけだ。
 この付近は俺らの遊び場のテリトリーだったので、ちょこっと中に入ったことがあるような?
 門がどこにあるのか気にも留めていなかったので、門から入るのは当然ながら初めてである。

P112404 P112405

 都内の有名な庭園と比べると、小ぢんまりとしています。
 しかし、国分寺崖線の段丘崖を含んだ自然の地形に造られ、豊富な湧水を利用した池があったり、武蔵野の植生も残されています。
 都内の庭園の優雅さとは、少し違う趣が感じられます。歩いて見るだけならそんなに時間もかかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

気晴らしに八丁湖へ

P112101

 パソコンに向かいづめなので、気晴らしにウオーキングがてら紅葉を見に出かけた。
 向かったのは車で30分ほどの吉見町の八丁湖です。
 近郊のの紅葉スポットとして気にいっている所で、毎年のように行っています。
 水と青空と黄葉に紅葉。条件が良ければなかなか良い景観です。
 池の周囲は2㌔もないけれど、その他に3つの散策コースなどがあり、ちょっとしたハイキング気分も味わえます。
 近くに吉見観音・安楽寺もあります。

P112102P112103

 今年はモミジの色づきが良くないですね。
 まだ青葉のもの、枯れて散っているもの、色づきが悪いもの、中にはきれいなものも少しはありますが。
 ちょっと時期が早いのかもしれません。秋になってから陽気がおかしいですしね。

P112104 P112105 P112106

P112107 P112108 P112109

 ここにはたくさんのネコさんがいます。
 暖かい日差しの所にのんびりとして、人になれているのか近寄っても逃げません。
 ネコさんにとって生活し易い所なのかな。
 

 話は変わりますが、ここ数日、受け持った作業を遂行している。
 テープ起こしというやつだが、これは古い言い回しだな。
 ICレコーダーに録音したデータの文書化だ。
 パソコンに取り込んだ音声を聞きながら、ワードに文書を打つ作業である。
 この作業は今回で3度目になる。

 最初はある討論会の内容を文書に起こしたが、これは内容が首尾一貫していてやりやすかった。
 聞いた通り文字を打てば良いので、思っていたより時間も早かった。
 ただ、文字を打つ作業が遅かったけどね。これは自分の手が遅いのでしょうがない。

 
 前回と今回はインタビュー形式の座談会の文字起こしだ。話し言葉を文書にするのは難しいです。
 途中で他の人が話に入り込んだり、数人が一緒に話すと誰が何を言っているのか分からなくなる。
 すらすらとスムーズに文字化できるところもあるが、10分の話に2時間くらい掛かってしまう。
 興味がある話には自分が聞き入ってしまうのも一因だ。

 この作業をやっていると、時間が経つのが早い。根を詰めると身体・精神ともに良くないので、適当なところで息を抜きながらやっている。
 受け持った部分の半分が終わった。急がなくて良いと言われているが、早めに終わらせたいと思う。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

友の退院祝い

友の退院祝い 友の退院祝い

 都内で友人のA君と2カ月ぶりの再会しました。
 A君はいま肺がんと闘っていて、会うのは手術後のお見舞いに行って以来になります。
 9月初めに手術・退院してから1ヵ月後に、抗がん剤治療のために一ヵ月再入院し、今は通院による治療を続けている。
 彼の体調に合わせてきょうは、退院祝いという事で会食することにしていた。少し寒いのが心配だったが、元気な姿に安心しました。
 ちょうど引っ越しをしてから連絡が取れなかったTさんも来てくれて、3人で退院祝いとなった。いつもの3人となれば、食べるのは“ウナギ”に決まっている。銀座の神田川でまずはお茶で乾杯、うな重をいただきました。
 精をつけてがんとの闘いに勝ってもらいたい。
 食事後に国立博物館で開催されている特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を見に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

健康のために

P111701

公園は風があっても日差しが暖かかった

 早朝は風が強かったようですね。風が雨戸を叩く音に睡眠から覚まられた。
 安普請の家はこれだから困ったものだ。と言っても普段より40分ほど早いだけだが。

 健康のために気を遣っているものは睡眠、飲食、運動。つまり生活すべてということだ。
 その中でも一番が睡眠である。睡眠時間は8時間摂るようにしている。
 何もなければ、夜は10時半までに寝床に入り、朝は6時半から7時に起きるのが俺の日課だ。
 寝る前にリラックスするためのストレッチ、目覚めたら身体を目覚めさせるストレッチ、いずれも布団の中で行っている。
 飲食はほどほどに粗食が良いのだ。家では間食とアルコールを摂らないようにしている。お金がかからない食生活、俺の生活水準に合わせればいいわけだ。
 運動は厄介である。続けることが大切だと分かっているが、できない日もあるからね。
 歳を重ねると筋力の落ちるのが早くなる。また取り戻すのに2~3倍の日数がかかってしまう。
 明日はできないと分かっていると前の日に、または翌日に運動量を増やすって良いのかな?
 そういえばこの数ヵ月、水泳から遠ざかっているな。平泳ぎなら肩に影響なく泳げそうだ。

 あまり考え過ぎるとストレスが溜まってしまうね。
 生きていればストレスは発生するもの、ストレスは生きている証だ。
 ただ過剰になると身体に影響を与えてしまう。適度なストレスが快適な生活の源なのだろう。

 きょうは一日休養日。いつもの事だね。
 午前中は肩のリハビリに。きょうから新しいメニューを取り入れて行う。
 少しずつ良くなっているのだろう。
 新メニューを行うと痛みが強く出る。無理をせずゆっくり行なった。
 水泳が大丈夫か聞いた。痛みが出ない範囲なら積極的に運動するようにとOKをいただいた。ころ合いを見て再開しようと思う。
 

 あすは都内にでかけて運動ができない分、きょうは良く歩いた。
 およそ2時間ちょっとで1万5千歩、距離は10㌔をゆうに超えた。
 昨日より暖かく、かなりの汗をかいた。あすは旧友とのんびり過ごそう。

P111702P111703P111704

 風のそよぐ柳とススキ、陽だまりで休むカモさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

寒波がやってきた

P111600

 今シーズン一番の寒さがやってきました。少し前には11月なのに夏日? なんて言ってたのですよね。冷たい北風に冬が間近にきていると実感しました。

 昼間は日差しは強く、風さえなければ過ごしやすかったです。赤く色づいた夕日は暖かく見えるだけで、日の入り間近は気温が下がりました。

 夕方の散歩はいつもより一枚重ね着しました。気温の差が大きい時はいつもより体調管理が大事です。

P111602

 いま、ラベンダーの枯れた株を整理していました。今年のラベンダー園は一昨冬からの寒さの影響で株が少なくなっていました。新しく植えられた株はまだ小さく見栄えが悪かったです。

 積み上げられた枯れ株と歯の抜けたよう園を見ると、来年もあまり芳しくないように思われます。来春に植え付け作業をしても、良い株になるのは2、3年はかかるでしょう。

 北海道には暑さに弱く、寒さに強いラベンダー。この地のメインは暑さに強い品種。寒さには実に弱いようです。寒さに強い品種も植えられていますが、それには今花が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

プラタナスの大木

P111401

 プラタナス(スズカケノキ)の木は、よく街路樹で見かけることが多いです。いわゆるプラタナスの並木です。

 自然に育ったプラタナスの樹形は、並木に見られるようなものと違って、自由にのびのびと育ち、こんなに大きくなります。

 街路樹は枝がじゃまにならないように、剪定をしているので整然としていますが、樹高は低く幹回りも太くならないようです。

P111402
 自然に育ったプラタナスを見る機会が少ないので、プラタナスと言えば街路樹のものをイメージしてしまいます。
 プラタナスの落葉の上は、絨毯のようにフカフカして気持ちが良いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

秋は何処に? 新宿御苑

秋は何処に? 新宿御苑

秋は何処に? 新宿御苑

 午後からの定例会の前に、いつものように新宿御苑を散策しました。
 11月とはいえ、きょうは小春日和の暖かい一日です。
 秋は何処にへ行ったのかな?。 
 秋を感じさせてくれたのは「菊花壇展」の菊の花々です。

 ラクウショウの気根は独特な形をしています。
 木が呼吸をするために出てくるそうだが、不思議なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

道の駅「ばとう」

道の駅「ばとう」 道の駅「ばとう」

 義弟の三回忌で常陸大子に向かっています。
 途中、道の駅「ばとう」で昼食にしました。 ここはグルメNO1と言われたことのある道の駅です。
 大きなかき揚げ蕎麦が有名ですが、やっはり蕎麦はざる蕎麦が一番好きです。栃木の蕎麦も美味しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

月下美人、3度目の開花

P110300

 月下美人がまた咲きました。今年3度目になります。
 育ててから5年目、花が咲き始めてから3年目。年に2度も咲いたことがないのに驚きました。

 8月中旬に二輪、9月中旬に一輪、そして今日です。9月の時は咲いたのを見ませんでした。まだだと思っていたら翌朝には萎んでいました。
 
 暗くなってから咲き始め朝までは咲かないので、外に置いておくと見逃してしまうのです。

 今回は早めに家の中に入れました。それから3日目です。

P110301P110302

P110303P110304

 私のイブを祝ってくれたのでしょうか。いまも部屋の中に芳香を放ちながら、花開いています。
 どこから見ても気品を感じます。

 
 今度は一鉢に数輪の花が咲くように育てられたら良いなと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

時期外れ

P110201

 10月21日に「稲の収穫作業」で半分くらいが終わったと書きました。まだ、稲刈り作業は続いています。きょう散見したところ、まだ一割以上は残っているようです。

 稲刈りの時期は9月上旬に始まる地域がありますが、我が近郊では一ヶ月以上は遅いようです。当然、田植えの時期も遅いのです。

 農作業をしている人に伺いましたら、用水の管理、品種や作付面積など諸々の事情があるそうです。

 稲刈りは遅い所で12月になると言ってました。12月に稲刈りを見たら時期外れだと思うでしょうね。

P110202 P110203

 時期外れに咲いているラベンダーは早咲きのコモン・ラベンダー系、ヒドコートです。

 ラベンダー園で一番早く咲き、鮮やかな色の種類です。

 ”人は狂い咲きと言うけれど、好きで咲いているわけじゃない。気候に騙されただけだ、気候がおかしいのだぞ!”。ラベンダーの叫びです。

P110204

 このサクラも狂い咲き?。それともこの時期に咲くサクラなのかな。

 サクラは春に似合う花だと思う。このサクラの可憐さは良いが。

 サクラの花を見た時はきれいだと感じるが、俺の心の中では胸のに刺さった棘が疼き出す。

 
 スクールカラーは桜色のピンク、桜の花が入った校章。

 校歌の一節に
 ♪ ()正義と()自由の旗標のもとに ♪ 

 我らに行った忌まわしき所業は今も許さん!

 お蔭様で、俺に人生の指標を与えてくれた?
 いや自ら学んだのだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

秋桜にタンポポ

P110101

 11月になりましたが温暖な陽気です。散歩時は上着を脱いで腕まくり、半袖シャツでも可笑しくないですね。

 
 田圃の遊休地に植えられたコスモス、隣には秋蕎麦の白い花が満開、まだ楽しめそうです。

 コスモスは初夏に咲く早生種がありますが、やはり秋の方が似合うと思いますが。

Pkosumosu_2

 色は桃色、赤、白で一重の花が普通だったのに、今は多くの品種があって色とりどりできれいです。

P110102 P110103

P110104 P110105

 タンポポは春の花でした。花期の長い西洋種が優勢になってから、今は季節に関係なく見ることができます。強い花ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »