« パンク修理、JAFに依頼 | トップページ | 白根・志賀高原の紅葉狩り② »

2011年10月16日 (日)

白根・志賀高原の紅葉狩り①

 志賀高原での紅葉狩りとトレッキングの旅は圏央道の入間ICから出発した。10月12日の事である。

 同行者は連れ合いとその姉です。

 上里SAで休憩し、碓氷軽井沢ICで下りて中軽井沢から日本ロマンチック街道を走る。

P101201

 峰の茶屋からは一般道路で草津を目指した。北軽井沢を過ぎて浅間山を真正面に眺望できる所で休憩したが、薄っすらとモヤがかかった名峰は霞んでいた。

 草津温泉の紅葉は少し時期が早いようだった。モミジ類はきれいに色づいていました。道の駅・草津運動茶屋公園で休憩しただけで志賀草津道路を走る。坂道を上がるごとに道路わきの広葉樹が黄葉して気持ちが良い。

P101202

 白根火山ロープウェイの山麓駅の駐車場に車を停めて、道路を挟んだ「武具脱(もののぐ)の池」を散策しました。紅葉が素晴らしい状態でした。

P101203

P101204

 白根山(上)のレストハウスで昼食休憩後、反対側の弓池を散策する。左に逢ノ峰、右に本白根山が見える。弓池周辺のダケカンバはほとんど散ってしまい、枯草の中でナナカマドの赤い葉と実が際立っていました。
 白根山のお釜はスルーしました。

P101205_2

 日本国道最高地点は標高2,172㍍、白根山、本白根山より高いのです。

P101206

 眼下に芳ケ平が見渡せる。青い色した多くの池と周囲のコントラストが実に美しい。右に白根山、奥に草津温泉の街並みが望める。白根山の駐車場から芳ケ平へ行くコース標識があったこと思い出す。行ってみる価値がありそうだ。

P101200

 渋峠ホテルは群馬と長野にまたがる県境の宿です。建物の中心が県境になっています。
 
 「のぞき」からの風景は日陰と靄で期待外れであった。写真は割愛します。

P101207 P101208

P101209

 ほたる温泉の平床大噴泉に立ち寄る。ダケカンバ、シラカバの黄葉が最高潮で、三脚でカメラを構える人々が多かった。どんなショットを狙っているのだろうか?。お粗末ながら俺の一枚が下の写真です。

 ここからは駆け巡った池の風景です。 

P101210

 木戸池。水に映る空は青く見えるのだが、晴天でないのが惜しい。

P101211

 蓮池。陽が射してきて紅葉が映えました。睡蓮の葉が多く見えました。名前の由来なのだろうか。

P101212

 丸池。こじんまりした池で一周10数分で歩けます。

P101213

 一沼です。湯田中から志賀高原に上がってくると最初に見える小さな沼です。赤く色づくカエデの仲間が多く一番きれいでした。青空であればと思うのはぜいたくだろうか。

 紅葉三昧の一日目でした。

 (つづく)予定

|

« パンク修理、JAFに依頼 | トップページ | 白根・志賀高原の紅葉狩り② »

山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白根・志賀高原の紅葉狩り①:

« パンク修理、JAFに依頼 | トップページ | 白根・志賀高原の紅葉狩り② »