« 新宿御苑での出会い | トップページ | 見直したイチジク »

2011年9月13日 (火)

十六夜

P091303  中秋の名月”十五夜”に一日遅れの十六夜です。

 昨日、所用の帰りの遅い電車で、前の席が空いたので思わず座ってしまった。
 普段はガラガラに空いていない限り、座らないようにしているのだが、身体が勝手に動いてしまい逆らえなかった。チョット疲れていたためかな。

 座って本を読みだしたのが悪かった。瞼に重しがのしかかり文字が揺れて霞んでくる。そのまま夢の世界にGO!。気持ちが良かったのは束の間の事だ。
 携帯電話のアラーム設定を忘れてるとはついていない。

 大きな川を渡っている所で目が覚めた。県境を越えてしまっていた。隣県のとある駅でUターンすることに、上りの電車に間に合うことができて救われました。

 お蔭で中秋の名月は頭上高く輝いていて、きれいな満月を堪能しました。気持ちと裏腹に顔は天を仰いで歩いていました。

P091301 P091302
 エンゼルトランペットの花が何時になく芳香を放ち、無事のご帰還を迎えてくれました。

|

« 新宿御苑での出会い | トップページ | 見直したイチジク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十六夜:

« 新宿御苑での出会い | トップページ | 見直したイチジク »