« ライフ-いのちをつなぐ物語- | トップページ | 一日病院通い »

2011年9月 6日 (火)

被災の教訓を生かせ

P090601  台風12号が去った後に紀伊半島を中心に、豪雨による土砂災害が発生しました。実に痛ましい事態です。

 今回の台風は実にゆっくりと進み、数日にわたって強雨が降り続きました。典型的な雨台風で総雨量が異常に多かったことも一因でしょう。

 台風がまだ太平洋上にあった1日、遠く離れた関東の山間部でも集中豪雨があり、少なからず被害が発生しました。

 自然の威力の前に人間の無力さを感します。

 とはいえ、長期間にわたり台風が居座り、強い雨が降り続いていたわけだから、当然土砂災害は予想されていたと思われる。素人でも大丈夫だろうかと心配していました。

 以前から土砂災害の危険地域と言われていた所で被害が出たといわれている。自治体が的確な避難勧告や指示を出したのだろうか。

 おそらく不充分だったのだろう。結果として大きな被害が出たわけだから、どうしてそうなったのかを検証し、今後の対策に生かさなければならない。

 災害が起こるたびに同じような反省が繰り返される。本当に教訓が生かされているのか疑問が残ってしまう。

 自然の力に対抗することは無理でも、少しでも被害を減らす、それも人命の被災を最優先に減らす対策が必要だと思われる。

 犠牲になられた方の命を無駄にしてはいけない。

 亡くなられた方に哀悼の意を表するとともに、被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

|

« ライフ-いのちをつなぐ物語- | トップページ | 一日病院通い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災の教訓を生かせ:

« ライフ-いのちをつなぐ物語- | トップページ | 一日病院通い »