« 終わる頃に慣れた?仕事 | トップページ | 丸木美術館・ひろしま忌 »

2011年8月 5日 (金)

大英博物館、古代ギリシャ展を観る

大英博物館、古代ギリシャ展を観る
 今日は夕方から、アルバイトの打ち上げ会が築地で行われた。
 その前に、アルバイトを頼まれた友人に誘われ、上野国立西洋美術館で開催されている「大英博物館・古代ギリシャ展」を観てきました。
 大英博物館では古代エジプト展と古代ギリシャ展に人気があるそうですが、今回はギリシャ展のコレクションのうち、約130点ほどが集められ、展示されています。
 古代ギリシャ美術の焦点である、人間の身体に的を当てた、彫刻、レリーフ、壷絵などが紹介されていました。
 日本初公開の「円盤投げ(ディスコボロス)」は写真と違った迫力があり、ヴィーナス像の美しさにうっとりさせられました。その他にも普段、美術教室や本などで見る彫像や写真などとは違う、本物の素晴らしさを堪能してきました。
 展示の構成は次のようになっています。

 1、神々、英雄、別世界の者たち
  ・ギリシャの神々
  ・英雄ヘラクレス
  ・別世界の者たち

 2、人のかたち
  ・男性の身体美
  ・女性の身体美
  ・人の顔

 3、オリンピアとアスリート

 4、人々の暮らし
  ・誕生、結婚、死
  ・性と欲望
  ・個性とリアリズム

 興味のある方は是非この機会に、ご覧ください。
 開催期間は9月25日(日)まで。
 休館日は毎週月曜日、但し8月15日と9月19日は開館。
 9月20日(火)が休館です。

|

« 終わる頃に慣れた?仕事 | トップページ | 丸木美術館・ひろしま忌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大英博物館、古代ギリシャ展を観る:

« 終わる頃に慣れた?仕事 | トップページ | 丸木美術館・ひろしま忌 »