« 夏の思い出 | トップページ | 見っけ! »

2011年8月26日 (金)

断裂の診断

 肩の痛みで通院してから2週間が経ちました。

 痛み止めの服用と湿布を続けてきましたが、症状は良くなるどP082601ころか痛みの出る動きが拡がってきました。

 外見上はなんともないし、特別な動きをしなければ痛くもないので、怠け病みたいに思われますね。

 診断で症状を話すとMRIで検査をしましょうと言われた。上と斜めの二方向からの撮影、それぞれ25分ほど掛かったでしょうか。

P082602

 耳栓をしても削岩機でコンクリートを壊すような音が聞こえます。

 ガガガッー。グググー。ビビビー。

 始めは嫌だった音も、目を閉じて慣れてくると子守唄に?!。そんなことはない!!

 二回目は痛い左肩を下にして、左腕に重心が掛かる姿勢の検査だ。「痛くありませんか?」。痛くなかったので「ハイ」。

 ところが10数分経った頃から、ズキン、ズキンと肩から指先まで、動くわけにいかない。我慢のしどころだ。

 肩を動かさないように握っていた手をゆっくりと開く。手先の痛みは和らいだ。紛らわすように数をかぞえる。

 一、二、三、四・・・・・百・・・・・五百。MRIの音が止まり「お疲れ様でした」ホットした瞬間でした。

 医師は画像を見ながら説明してくれました。やはり腱板断裂と診断されました。切れた部分は腱板の色が変わっていて、細くなっているのが素人でも分かる状態でした。

 しばらく保存治療を続けてダメなら大きい病院で手術ですねと宣告を受ける。「しばらくとは?」 「3~4か月でしょう」他の筋力を高めて補う治療らしい。いわゆる理学療法というやつだ。

 さっそく理学療法を受ける。担当はうら若き女性の療法士さん。最初なので軽いマッサージを受ける。

 痛みを避けようと動かさないようにしているためか、凝っているので気持ちが良い。それは女性のマッサージだからかもしれない。

 断裂した腱板は修復しないと言われる。そらく理学療法を続けても直らないと思うが、理学療法士さんと束の間のデートを楽しむつもりで通院することにする。

 男ってやつは実にくだらないね!。我ながらそう思う。

 

|

« 夏の思い出 | トップページ | 見っけ! »

健康」カテゴリの記事

コメント

青さんしばらく…
腱板断裂ですか?大変なことですね!
理学療法で完治するといいですね!
若い女性の手にかかると絶対に完治するのでは…
とにかく痛みが和らいでくれることを祈ってます。
お大事に…

投稿: 大ちゃん | 2011年8月27日 (土) 11時10分

大ちゃん、ご心配ありがとう。

切れた腱板は付かないそうです。
痛みが弱まり、生活に支障がない程度まで回復するかどうか。
女性のGod's handsに頼って直したい。
とにかく無理をしてはいけない歳だと感じました。

投稿: 青さん | 2011年8月27日 (土) 21時56分

青さん 思いがけない災難ですね。

23日には気付かなかったこと、驚きましたお見舞い申し上げます。過激な運動でも?スキーはオフシーズンだし、何か原因らしきことありませんか。
いきなりMRIの結果宣告は、ショックでしたね。どうぞお大事に!

投稿: 松ちゃん | 2011年8月28日 (日) 07時52分

松ちゃん、ご心配おかけしました。

鉄棒が原因ではないかと思っています。
痛みで一部の動きが制限される以外、日常生活に大きな支障はないので、どうにかなります。
スキーは大丈夫な気がします。そう思いたいですね。
痛みがとれなければ手術も念頭に入れています。

投稿: 青さん | 2011年8月29日 (月) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断裂の診断:

« 夏の思い出 | トップページ | 見っけ! »