« 強い風の散歩 | トップページ | 池の辺にねこの家 »

2011年2月 9日 (水)

確定申告書、2通作成

020900

 起床した時はいつもより薄暗くどんよりとした曇り空、そのうちチラチラと雪が降ってきました。
 芝生の上が少し白くなる程度で、あっという間に消えてしまいました。
 雪景色を期待していましたが、交通などに影響がなくて良かったです。
 久しぶりのお湿りを頂き、空気がきれいになり、空や太陽が柔らかくなったように感じます。
 
 間もなく確定申告の時期がやってきます。今日はパソコンで確定申告書を作成しました。
 今年は姉の分も作成します。
 自分のは昨年のデータ利用で、入力はすぐに完了しました。医療費の控除の明細書作りと領収書のまとめが面倒だったくらいです。
 それなりの還付金があり楽しみにしているが、いつも通り車の任意保険でほぼ消えてしまう。

 姉は今まで申告不要でしたが、相続した実家を昨年処分したので、不動産譲渡所得の申請をしなければならない。

 長期譲渡所得の特例申請をしないと、多額の税金を課せられるかもしれない。昨夏、税務署にいって申告の方法を相談・確認しておいた。
 税には素人なので当初、土地を売ってマンションを買ったので、その差額に税が掛かると思っていた。
 税務署に行って分かったのだが、売った不動産価格とその不動産を買った時の差が所得になるという事だ。

 姉とは年末から何度か電話でやりとりし、必要な書類を郵送送付してもらい、着々と準備をしていました。きょうやっと入力を終えました。

 譲渡申告で一番面倒だったのが、譲渡した不動産の取得価格の計算でした。
 まず、買った時の契約書または領収書が必要です。32年前の書類だが、昨年、家を片付けた時に持ち帰っていて良かった。
 次は家屋と土地の価格です。手に入れた物件は当時2年経過の中古物件で家屋と土地の一体価格でした。
 建築当時の標準建築価格から償却率によって取得時の家屋価格を算出し、差額が土地の購入価格となる。
 今回売却した(土地)の価格から購入当時の土地価格を引いた分が譲渡所得になるのだ。当然必要経費も入ります。
 この譲渡所得が3千万を超えなければ、長期の場合は税金がかからないという。

 パソコンではこれらの数値の計算はやってくれるが、不動産会社、司法書士、売買の相手などの入力が必要になる。入力より昔の売買の書類が残っていないと厄介だ。

 申告書を作成した結果、当たり前だが非課税だ。来週、プリントアウトした申告書を持って姉の所に行くが、姉宅にPC環境がないのが心配です。

 申告書の修正がなければ良いのだが。USBメモリー持参で税務署で修正入力作業ができるか問い合わせしたが、できないと言われた。
 そうなったら最初から入力するしかない。慣れているから問題ないだろう。 

|

« 強い風の散歩 | トップページ | 池の辺にねこの家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告書、2通作成:

« 強い風の散歩 | トップページ | 池の辺にねこの家 »