« 漏水? | トップページ | 新宿御苑のスイセン »

2011年1月 8日 (土)

家電量販店は様変わり

 

P010801

 プリンターのインク残量警告マークが点いてから久しく、やっと買いに行ってきました。
 プリンター本体に比べるとインクの値段は割高な気がします。
 本体を安く売ってインクで儲けようとするメーカーの意図が露骨に感じます。

 以前、安い互換インクを使っていたら、インク詰まりをして困ったことがあります。 
 互換インクが悪かったのかは分からないが、それ以来、高いなと思いながら純正インクを使っている。

 純正インクもネットで買うとかなり安いです。今回は期限間近のポイントがあったので、量販店で買うことにしました。
 最近テレビ報道で見聞していましたが、家電量販店が様変わりしています。

 店内では日用品を売るスペースが益々広くなっています。外では車の販売もしていました。
 そのうち食料品や衣料品まで扱うようになるのでしょうか?。

 市内から撤退した店舗もあり、競争が激しくなっているようです。
 北関東御三家のYKK、Kはかつての業界一位だったが今は六位、今はYがダントツの一位になっている。浮き沈みが激しい業界です。
 秋葉のI、新宿のY、池袋のB、神奈川のNは身近な存在でした。
 九州のB、大阪のJ、中部・近畿のEなどの進出によって乱戦模様だ。
 この競争は消費者にとって良い方向に向かうのでしょうか。

 水道の漏水の対応、午後に来ると言っていた業者だが、前の仕事に時間が掛かってしまい来たのは4時だった。
 修理は2日後になるかも知れないと言われ、とりあえず漏水調査を始めた。
 検査機器は聴診器の原理と同じようだ。先は尖った鉄棒、それを蛇口近くの水道管に当てて、反対側の拡声部分を耳に付けて鉄棒から伝わる音を聞くというもの。

 風呂場、洗面所、トイレ、台所と順に検査していき、台所に立ち上がる管の近くが漏水場所と分かった。
 どんな風に分かるのか興味津々なので試させてもらった。
 洗面所とトイレは何も音がしない。台所の蛇口管からはシューという音が聞こえてきた。なるほどと納得した。

 スコップで50センチほど掘り下げると、水がジュワーッと滲み出てきた。
 水道管のL字型の連結部分が3分の1ほど切れかかっていた。地盤沈下によるズレに耐えられなかったようだ。

 漏水場所が作業しやすい所だったので、そのまま修理作業をしてくれた。
 30分ほどで作業は完了、プロの手際の良さはさすがである。
 とりあえず水道が使えるようになってホットしました。

|

« 漏水? | トップページ | 新宿御苑のスイセン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さんへ…
水道管の修理完了おめでとうございます。
原因がはっきりしている場合の料金はどうなるのかな?って思います。
それにしても治って良かったですね…

投稿: 大ちゃん | 2011年1月 9日 (日) 11時23分

だいちゃん、遅くなりました。

今は使われていない塩ビの管、設備保証はありません。
業者は減額申請ができるので、申請書類と請求書を持ってくると言っています。まだ、来ていませんが、安くなると助かります。

投稿: 青さん | 2011年1月11日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家電量販店は様変わり:

« 漏水? | トップページ | 新宿御苑のスイセン »