« 初滑り | トップページ | 今年最後の夕日 »

2010年12月29日 (水)

スキー場からの風景

 今シーズンの初滑りは久しぶりの全身運動でした。ぐっすりと9時間睡眠の目覚めも体が少しだるく感じました。
 日頃のストレッチや筋トレのお蔭で筋肉痛はないが、体力の低下を少しずつ感じるよになってきた。
 スキーはかなりの運動量、最近はがんがん滑る気持ちはなくなってきた。その代り雰囲気を楽しむようになりました。
 1時間くらい滑ると必ずティータイムを取るようになった。
 帰り間際の最後の一本という事もなくなりましたね。

 最近の楽しみの一つは、雪山の景色を眺めることです。
 だから、天候が悪い時はがっかりした気分になる。そんな時の方がスキーに集中しているのかもしれない。

 昨日の天気はシーズン初めにしては珍しい好天気でした。本当にラッキーといった感じです。

P122901

P122902

 ゴンドラを降りると目の前に日光白根山の頂がそそり立っている。溶岩ドームの山頂部の容貌はいつ見ても素晴らしいと感じる。
 自分たちのいる所からすぐ目の前にあるように見えるので、標高差が578mもあるように感じさせない。

 標高2578mは関東の最高峰で関東以北にこれより高い山はないという。
 それなのに関東平野からは浅間山、赤城山、筑波山、日光の男体山の山々や良く見えるが、この山の姿を確認したことはない。手前の山々の影になっているのだろうか。

 遥か遠くに浅間山から、草津白根山も眺めることができた。

 スキーの合間に撮った周囲の写真を掲載します。

P122903

 目の前の武尊山の山並み。

P122905

 武尊山の右奥に三国山脈の谷川岳の姿が。

P122904_2

 左に白く尖った笠ケ岳、右に白い丘状の山が至仏山。

P122906

 ゴンドラで上っていくと燧ケ岳が顔をだす。

P122907

 同じように眼下に丸池を見下ろせる。

 スキーは楽しいが、純白のゲレンデと周囲の眺望に心を癒され、楽しみの一つになってきた。

|

« 初滑り | トップページ | 今年最後の夕日 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

お天気にも恵まれ雪量もあり、大いにスキーが楽しめたようですね。

いいですねぇ~。
私も昔は、ゴンドラやリフトを降りて頂上で留まらずそのまま一気に下まで滑り下りるようなことをしていました。
1日券のもとをとるぞ~って感じで。
さすがにもう無理ですね。
そんなことをしたら膝が笑ってしまいます。

投稿: パソコン講師なお | 2010年12月31日 (金) 10時43分

青さん、一年間いろいろありがとうございました。
もう、スキーから戻られているのですか?
我家は、娘を除いて、主人も、私も、スキーやった事ありません。
主人は、小さい時、疎開先の会津で、竹スキー??何だろう?
青さんのように、滑れる人羨ましいです。
でも、きれいね山々の写真ですね。空の色も、感動ものです!
来年も、よろしくお願い致します。

投稿: でこ | 2010年12月31日 (金) 15時01分

Naoko先生へ

積雪量を心配していましたが、寒波の到来でコンディションは良かったです。
本当に膝が心配で、無理せず華麗なスキー(?)をモットーにします。
先生も仕事の息抜きにスキーを楽しんでください。
また、よろしくお願いします。

投稿: 青さん | 2010年12月31日 (金) 15時38分

でこさんへ

私がスキーをスキーを始めたのは二十歳を過ぎていました。
滑る楽しみ以上に、雪景色の虜になったようです。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

投稿: 青さん | 2010年12月31日 (金) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキー場からの風景:

« 初滑り | トップページ | 今年最後の夕日 »