« 暖かい冬至 | トップページ | 雪道走行いつでもOK »

2010年12月23日 (木)

那珂川町の広重美術館

P122301

<表からの建物風景>

P122302

<裏からの建物風景>

 過日、立ち寄った那珂川町で気になった建物に遭遇しました。
 那珂川町馬頭広重美術館です。

 「広重」の名がついているように、有名な歌川広重の作品が収蔵されています。

 版画「東海道五十三次」や肉筆画などが数点、他絵師の作品もあるそうです。

 年間を通して色々な企画展が催されています。

 ちょうど「星野道夫のアラスカの旅」(2010.11.19~2011.1.10)が開かれていました。

 興味があっったのですがあまり時間がなく断念しました。

 建物の造りと周囲(庭)がきれいで、その雰囲気に惹かれてしばし周囲を見学しました。

P122303 P122304

 建物はコンクリートの平屋建てですが、地元の杉材を使った切妻の大屋根や格子で周囲を包み込み、内部は洋仕立で外装は和風、独特の雰囲気を醸し出しています。

 庭にひいた砂利石と竹林のバランスも良く心が落ち着く気がしました。

 写真撮影に没頭する外国人の姿も二人ほど見られました。

 私が気になった建物とそれを包む風景は、彼らにとって私以上に珍しく興味を抱くものだったのでしょう。

P122305 P122306

 併設されたレストラン「雪月花」でティータイム、コーヒーは250円、ケーキ付きセット500円と格安でした。

P122308 P122307

 テーブルにはライトアップされたモミジの葉が浮き上がりお洒落です。

P122309

 打ちっぱなしのコンクリート壁に飾られた着物も良い雰囲気でした。

|

« 暖かい冬至 | トップページ | 雪道走行いつでもOK »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那珂川町の広重美術館:

« 暖かい冬至 | トップページ | 雪道走行いつでもOK »