« 榛名山の紅葉 | トップページ | 塔のへつり駅の紅葉景色 »

2010年11月 9日 (火)

水澤観音

P110901

 榛名からの帰りは伊香保を通って、渋川伊香保ICが一般的なルートです。

 伊香保付近の車の混雑をみて、前橋ICとの間にある駒寄PAにできたスマートICを利用することにしました。

 ナビからは「まもなく左に曲がります」の連続で渋川伊香保ICを案内しますが、無視して県道15号を進みました。

 まもなく坂東十六番札所、水沢観音の案内板があったので、ちょっと寄り道することにしました。

P110902

 正式名は五徳山 水澤観世音・水澤寺、宗派は天台宗です。

 本堂(観音堂)には本尊十一面観世音菩薩が安置されています。秘仏とされていてご開帳はされていません。

Rokudou

 二重の六角堂は、地蔵尊信仰の代表的建築物です。

 六角堂の内部に回転する地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間界、天人界の六道地蔵尊を祀る、珍しい構造になっています。

Rokudou1Rokudou2Rokudou3Rokudou4Rokudou5Rokudou6

 左回りに3回廻して真心の供養をしてきました。ご利益があるのなかな? 期待するようでは信心が足りないのでしょう。

 この二階には大日如来が安置されているそうですが、拝観できませんでした。

P110905P1109051

 飯綱大権現の鳥居の横に万葉歌碑の立札を見て、鳥居をくぐり急な階段を上って行きました。

 45度はある急な階段で上りは良くても下りは怖いですね。転んだら下まで止まらない(お陀仏)でしょう。手すりをしっかり掴んでも及び腰です。

 この階段は水沢山の登山口になっていて、社の裏手を少し登ったところに万葉歌碑がありました。

P110907

 万葉集第十四東歌上野国歌だそうです。難しくて読めません。

 伊香保ろのやさかの堰堤(いで)にたつ
 虹(ろじ)の顕(あらは)ろまでもさ寝をさ寝てば

 歌の内容は
 「厳秀(いかほ=榛名山)の八坂の堰堤にあざやかな朝虹が立つ その虹のようにはっきりと二人の仲が知れてしまってもかまわない それまでも共寝をしたならばどんなによかろう さあ寝よう 寝ましょう」
と書かれていた。
なんとも意味深な歌であろうか。

P110909P110904

 仁王像と風神・雷神が祀られた仁王門、鐘楼も立派なものでした。

 裏街道を走る気儘なドライブは、思いがけない出会いがあり楽しいものです。

|

« 榛名山の紅葉 | トップページ | 塔のへつり駅の紅葉景色 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい紅葉の旅満喫いたしました。

一枚一枚の画像に、青さんの思いが込められ参考になりました。
お揃いでお出かけ出来て、トテモ羨ましいです。
クリックしながら一瞬一瞬愉しめまして、有難う!

投稿: 松ちゃん | 2010年11月10日 (水) 02時45分

松ちゃん、コメントありがとう!

榛名の紅葉は時期的にチョット遅い感じも、湖畔のモミジに救われました。
水澤観音は夕暮れ間近で薄暗く、まともな写真は僅かです。
思い出は脳裏に焼きつけたいが、消え去るのが速く悩ましい昨今です。

投稿: 青さん | 2010年11月10日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水澤観音:

« 榛名山の紅葉 | トップページ | 塔のへつり駅の紅葉景色 »