« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

脱ネット情報もPC作業

Hana11_2Hana22_2Hana33_2

 義兄の緊急入院(末期がん)、関係している会による本の刊行準備作業で、しばらく家を空けていました。

 IT情報から隔離された生活を強いられると、はじめは精神的に落ち着かない心境になった。
 携帯は持参しているものの、電話とメールに使うくらいで、Iモードはほとんど使わない。そんな時間の余裕もなかったが。

 3日目ともなるとそれが当たり前になり、少し空いた時間は雑誌や新聞、テレビで気分を紛らわすことになる。

 IT情報から離れた生活も良いものだ。とはいえ、PCからは縁を切れない環境だ。
 PCでワードを使った入力作業だ。手書き原稿と録音を起こしてワードに文章入力する作業だ。

 手書き原稿は良いとしても、録音からの入力は録音時間の5倍位はかかる。なんども巻き戻し、早送りの繰り返しです。

 変換ソフトがあるらしいが性能が悪く使い物にならないらしい。なにせ予算がないので人力に頼るしかないのだ。

 ブラインドタッチができたらと思っても今からでは遅い。後悔先に立たずという事です

 家に帰るとPCの前に座る気がしない。しかしメールの確認だけはしないとね。

 メールだけでは済まない。ウイルスバスター、Windowsのアップデートが溜まっている。それらをインストールしてからメールチェックだ。

 昨年からプロバイダが設定導入してくれたメールのスパムブロックで、迷惑メールがほぼ100%撥ねられるので助かる。

 それでも50通ほどのメールがフォルダに仕分けされている。その中でも是非もの10通前後だけの対応で済んだ。

 今日で10月も終わり、庭に出ると鉢植えのトレニアが枯れかけてきた。
 5か月ほど花を楽しませてくれた。最後の花をカメラに残した。

P103102_2P103101_2

 また、庭の芝生にバッタ(イナゴか)が、金のなる木に茶色に変身した?カマキリが居た。

 台風一過の晴天とはならなかったが比較的穏やかな一日を、残り少ない生命を風雨を撥ね退けて、精一杯生きているように見える。

 ついでに写真の編集もちょっとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

寒気の到来

P102601_2

 週明けからすっきりしない天気です

 夕方から急に冷え込んできました。

 寒気の到来で北の平野部では初雪が降っているようですね

 今夜からは関東・中部の山沿でも雪の予報が、冬を間近に感じて来ました。

 まだまだ葉も色づいていないというのに・・・・

 気持ちの良い爽やかな秋は短いのでしょうか?

 一時の寒気で、晴れれば秋を満喫できるのでしょうか?

 つい先日、夏から秋へ衣替えをしたばかりなのに、もう冬の準備をしなければ・・・・

 そうそう、今年は車を変えたのでスタッドレスタイヤを購入しなければなりません。

 当てにしているエコカー補助金がまだ届いていません。

 エコカー申請の進捗状況をネット検索すると、申請が受理されていないという

 ディーラーにTELをすると、確実に申請しているから安心してくださいとの事。

 9月8日以降の申請は予算オーバーで交付対象外になったが、8月初めの購入なので間に合っているはずだ。

 駆け込み申請が多く処理に時間がかかっているのだろう。

 暫く待つことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

青森から帰る

 昨夜、青森から無事に帰ってきました。

 帰りは20日前にも行ってきた酸ヶ湯方面を回ってきました。

 その時は紅葉が遅れていて綺麗な景色が見られなったのと、一緒に行った連れ合いが行ってみたいと言うので、寄り道をしました。

P102301_2

 萱野高原からの八甲田山系の眺めもまずまずでした。

P102302_2P102303_2

 酸ヶ湯温泉の周囲もきれいに紅葉していました。この時期は人出が多く駐車場の空きを待つのに時間がかかりました。
 前回も記したように温泉は混浴が基本です。混浴を守る会があり三ケ条が書かれています。看板の表現が面白いです。
 気の小さい男性諸君、いや女性もご安心ください、男女別の浴場も用意されています。

P102304_2

 少し紅葉が散見していた地獄沼の周囲もすっかり変わっていました。一番奥の方に湯気が見えますが、温泉が湧き出ているのです。沼の水は温かったです。

P102307_2

 城ヶ倉大橋です。日本一の上路式アーチ橋でアーチ支間は255m、全長360mあります。

P102305_2

 上流の東側は山の紅葉がきれいです。

P102306_2

 橋から見下ろす城ヶ倉渓谷は高さ122m、覗き込むと吸い込まれるようで足がすくみますが、カメラのファインダーから覗くと怖さがなくなりますから不思議です。見事な景観でした。

 高速道は黒石ICを3時半に乗り、加須ICまで620㎞の長距離ドライブです。食事を含め5回の休憩をとり、ゆったりとした運転を心掛けました。
 青森から自宅までちょうど700㎞でした。一日でこれだけ走ったのは初めてです。
 ちょっと自信が持てた気持ちと、長い距離の運転はもう嫌だという気が半々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

青森市内を散策

P102202

青森には読み方の難解な地名や施設があります。
近くにある善知鳥神社は゛うとう゛と読みます。善知鳥(うとう)という名前の鳥がいるそうで、それから名前が付いたようです。
散歩に出かけた合浦公園は゛がっぱ゛と読みます。
最初は゛ぜんちどり゛゛ごううら゛と読むとばかり思っていました。地域によっては難解な地名がありますね。
青い海公園を訪れたのは夕暮れ間近、潮風を受けながらしばし夕日に見とれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森の早朝散歩

P102201

青森の朝は快晴、気温12度と清々しい陽気だ。
朝の散歩は少し寒い感じでしたが、朝日を浴びて歩いていると温かくなってくる。
海岸の公園で潮の香りの風を受けて、心地良い気持ちを味わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

東北の旅・青森に向かう

P102101

達谷窟(たっこくのいわや)、毛越寺(もうつうじ)、中尊寺を拝観し、青森に向かっています。
紫波サービスエリアで一休み、モミジの色づきが艶やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北の旅・厳美渓

P102100

一関の厳美渓に来ています。
石英安山岩質の岩石が、滝や川の流れによって侵食された岩肌が美しい景観を作っています。
紅葉が加われば、なお一層の渓谷美を味わう事が出来たでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

東北の旅・五色沼

P102001

車で青森まで出かける。
東北道を北上するにつれ、心なしか木々が色づいてくるように感じる。
今日は裏磐梯・五色沼と吾妻スカイラインの浄土平で紅葉狩りを楽しみ、一関に宿をとる。
五色沼の紅葉はだいぶ遅れていて、期待外れであったが、綺麗な沼につられて予定外の五色沼巡りを行った。
吾妻スカイラインの紅葉は今が旬の感じでした。
太陽と青空があればいっそう綺麗な彩りだったと思われるが、それは贅沢と言うものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ブログ勉強会

 きょうは県活ブログ仲間の会の勉強会です。

 気持ちの若い精鋭16名が参加、なごやかな例会になりました。

 身に余る講師の役を仰せつかり、写真のサイズの確認や置き方、スパムメールとトラックバックの対応の仕方を担当しました。

 理解できるようにお話ができたのか?心許ない心境です。

 お互いに良いブログを目指し、勉強していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

春の花、楽しむ準備

P101801

 春に咲く花の種蒔きと、球根をプランターに植えつけました。

 蒔いた種はSさんから頂いたニゲラ(別名=クロタネソウ)です。
 ニゲラは今年の6月に実家の近くで初めて見た花です。面白い花の形が強く印象に残っていました。

 植えた球根はスイセンにクロッカスとチューリップです。いずれもありきたりの花ですが、スイセンとクロッカスは初春から楽しめそうです。

 我が家の庭は駐車スペースを確保したため、草花を植える場所が少ないのです。花を楽しみたいと思うとプランターや鉢植えにする方が多くなります。

 プランター栽培は好きな場所に移動できて、寄せ植えなどを楽しめるメリットがあります

 デメリットは土づくりや肥料の与え方、温度と水の管理、植え替えの手間などです。

 管理が楽な地植えにしたいと思っていましたが、庭の手入れの方が億劫でプランターにしてしまいました。

 プランターで初めて育てる花なので、上手く育ってくれるか心配ですが、春になったら下の写真のような花が咲く事を今から楽しみにしています。

P0109P2100_2

P05022_2_2P2403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

運転免許証の更新

P101301

 運転免許センターへ運転免許証の更新に行ってきました。

 空いていたので待つこともなく手続きが終わりました。ゴールド免許(優良運転者?)なので講習は30分で済みました。

 今回からICチップ入りの免許証になりました。偽造や振り込め詐欺等に対応するためと言っていました。
 4桁の暗証番号を2つ登録しました。当然の事ですが銀行のカードとは違う数字にしましょうと注意書きが。今の世の中はIDやパスワードだらけで、管理する(覚える)のが大変ですね。

 更新手数料2550円、講習手数料700円、計3250円を徴収されました。
 これって妥当な料金なのでしょうか、そして何に使われているのでしょうか。

P101302

 3冊の冊子と2枚のビラを頂いてきました。
 しっかりと読まなければいけないのでしょうが、内容がダブっていたりしています。
 発行は社団法人・全日本指定自動車教習所協会連合会、財団法人・全日本交通安全協会、社団法人・○○県指定自動車教習所協会で、監修は警察庁交通局が2冊と○○県警察本部交通部です。ビラの1枚は自動車安全運転センター○○県事務所となっていました。
 たくさんの組織で私たちの交通安全を担ってくれています。本当にありがたいことです。

 歳とともに俊敏な判断力が衰えます。注意力も散漫になりがちと実感しています。なにより事故を起こさない運転を肝に銘じて、次回も無事故で更新できれば良いなと思います。

 交通違反はしないのが理想だが、なかなか難しい。違反キップを切られるかどうかは運、不運があるのが事実です。気をつけるしかないです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

月下美人の花

P101103_2

 月下美人の花が咲いた。

P101101

 夕方5時ごろに蕾がほころび始めたので、観賞するために部屋に取り込む。。

P101102

 9時過ぎにほぼ満開の状態になった。

 部屋の中は花の香りが充満している。

 挿し木をして三年目、冬場の管理を誤って諦めていたのに、昨年の一輪に続いて二輪の花をつけてくれた。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

紅葉に出会う

P0201

 日曜日は姪の連れ合いがドライブに誘ってくれた。

 目的地は八甲田の方面でした。

 八甲田の酸ヶ湯温泉までは、市内から4、50分くらい意外と近いですね。豪雪地帯なので冬場は大変だと思います。

 途中「モヤヒルズ」という丘に立ち寄りました。冬はスキー場になるそうです。市内に眺め良い所だそうですが、ちょうど雲が出てしまい期待はずれでした。

 次に車を停めたのが「長生きの茶屋」がある、かやの高原でした。八甲田山系が目の前に見える広い草原です。山の方は雲がかかり眺めは一息でした。 

P0202P0203

 長生きの秘訣はここに置いてあるお茶を飲むことらしい。
 一はいのめば・・・。二はいのめば・・・。三杯・・・・。
 欲張らずに? 二杯飲んできました。6年長生きだそうです。また行って飲みたいですね。

P0205P0204_2

 車を少し走らすと、有名な酸ヶ湯温泉です。温泉宿は木造で湯治場の雰囲気が感じられます。
 混浴の温泉としても有名で、混浴を守る会があるそうです。これって勇気が必要ですね。
 ナナカマドの実が赤く色づき、葉も赤みを帯びていました。

P0208P0207

 近くに東屋風の「まんじゅうふかし」という温泉があります。椅子の中に湯が流れ暖かくなっています。座っても良し寝転がっても良し、ホンワカ暖かく気持ちがいいですね。面白い名前の由来はさて何でしょう?

P0206

 道を挟んだ反対側に地獄沼があります。普通の沼のように見えますが水面から湯気がユラユラ、水の色は乳白色をしています。沼全体が温泉なのです。沼の周囲の紅葉がきれいでした。今秋はじめての紅葉狩りを味わいました。

 今年の紅葉は遅れているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

地下に真実、地上にロマン

P0101_2

 青森に行っていた先日、山内丸山遺跡を見学してきました。

 今から4000~5500年前の縄文時代前・中期の集落跡だと言われている。
人生80年からは想像もつかない時代です。

P0102P0103

 北海道から北東北に日本のはじまり? 縄文時代の遺跡が集中してあるのに驚きました。
 当時は温暖化の時期だったそうですが、それでも北の地ですから寒かったでしょう。

P0104P0105

P0106_2P0107

 考古学の世界は「地下に真実、地上にロマン」だそうです。案内してくれた人の言葉に説得力がありました。
 地下からは大量の石器や土器、骨や柱跡などたくさんの事実が出てきます。
 地上はその姿を見た人はいないし、何も残っていないのだ。あくまで想像、ロマンの世界という事なのです。

 面白かったのが写真の三段櫓です。
 発掘現場から分かるのは栗の木の柱が6本、柱の間隔4.2㍍です。では高さはどの位、何のための建造物? それは謎です。
 栗の木は11メートル位しかならないというので、高さ10㍍説が有力も、15㍍を超える木が見つかると15㍍になったそうだ。
 用途は見張り台、司祭用など諸説がある。
 はたして写真のような姿だったのだろうか?。

 夢を膨らます世界、人間の根源を問い直してくれる世界でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

青森で快適な生活を

Paomoriwan

 青森滞在は予定を二日延長して昨夜帰ってきました。

 役所での手続き、相談ごとの一部を忘れてしまい、月曜日に行かねばならなかった。
 メモをしておきながら気が付かないとは、頭がだいぶ錆びついてしまったようだ。

 お蔭でゆっくり寛げました。姪夫婦らと会食したり、土日は近くをドライブして楽しめました。

Phakkouda

 滞在していた時の気候は関東と変わらなかった。少し暖かかった気もする。
 年間の平均気温の差は6度ほど、その差は夏と冬の温度が違うことだろう。

 姉は人一倍の汗っかきで暑さが苦手、青森の夏が気に入った様子だ。
エアコンを掛けたのは2日ほで、扇風機も数回掛けただけで過ごせたそうだ。
ずーっと東京で生活し、東京の夏の暑さと比較して楽だったのだろう。

 関東の猛暑日の様子をテレビで見ては、心配してよく電話してきた。

 過ごし易いのも11月まで、その後に厳しい冬がやってくる。
 寒さより、雪が問題であろう。雪道と凍結した路面は転倒し易く危険だ。
 買い物は車で娘が一緒に行ってくれるそうで安心した。

 あとは運動不足にならない事だ。
 1日に3、4回は階段を登り、膝に負担が掛かる下りはエレベーターを使うと良いだろう。
 12Fまでの階段は良い運動になるだろう。姉もやってみると言っていた。

 一番良い春に引っ越して、爽やかな秋を満喫している。
 心配してる冬を上手く過ごせれば、青森での生活に一つ心配がなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »