« 涼を求めて、日光へ① | トップページ | 暑さの中で交通安全運動 »

2010年9月 8日 (水)

涼を求めて、日光へ②完

 台風9号の影響なのか、雨が降ったり止んだりですが、猛暑から解放されて一息つける涼しい一日でした。
 恵みの雨と言いたいところですが、静岡県や関東南部に大雨を降らせたようで、被害が大きくならないことを祈ります。

 こんな日に昨日の続きになって申し訳ないです。
 華厳の滝はご承知のように中禅寺湖の水が流れ落ちています。
 中禅寺湖には奥日光の山々から水が流れ混んでいますが、その中で主なものが奥日光の湯元にある湯ノ湖から流れる湯川です。

P0801

 湯元まで行って寄り道しながら中禅寺湖まで戻ってきました。

 日光から群馬県沼田を結ぶ国道120号線は、長野県上田まで続く日本ロマンチック街道の一部です。好い名前がついていますね。
 湯元から群馬へは金精峠を越えますが、冬期間は雪のため通行止になるんです。
 そのため冬季は湯元が行き止まりなのです。
 湯元にある湯ノ湖を見下ろすように多くの温泉宿があり、夏はキャンプを冬はスキーを楽しむことができる。
 我が家にとっては家族そろって行った最初のスキー場で、スキーの原点といった場所です。

P0802

 湯ノ湖から流れ出す水は落差50㍍の湯滝になります。上から見下ろすこと、下から見上げることもできて、斜面を流れ落ちる滝の姿は圧巻です。

P0803

 湯川はミズナラを中心とした樹林帯を通り、戦場ヶ原の湿原地帯を流れ、竜頭の滝を下り菖蒲が浜で中禅寺湖に流れ込んでいる。
 湯滝が落ちる樹林帯は木道が整備され、水と樹木のマイナスイオンと冷気を浴びながらハイキングができます。
 40分ほどの自然との触れ合いは気持ちがいいですね。

P0804 P0805

 光徳牧場にも立ち寄りました。牛乳とソフトクリームが評判です。
 道路が整備されて近くにホテルがあり、昔のイメージとかなり違っています。
 ソフトクリームを食べました。甘みを抑えたコクのある美味しい味は変わっていません。

Ppanorama1

 一休みしてから戦場ヶ原です。コースはたくさんありますが、往復30分ほどで切り上げました。

P0806P0812

 クマ出没中の看板に驚きましたが、恐れをなした訳でなく時間の都合です。
 貴重な鳥類が生息しているようで、探鳥を目的に来ている人もいました。

P0807P0808

 竜頭の滝は、紅葉の時期には素晴らしい景観で人気の場所です。いまは人も少なくゆっくりできます。

P0809

 二荒山神社中宮祠は男体山の登山口だと初めて知りました。本宮は東照宮の西隣にあり、奥宮が男体山にあるのです。
 奥宮に行く人はここで参拝し、身を清めてから男体山に登るようです。

P0811_2P0810

 最奥にある鳥居と門を潜ると最初は階段になっています。途中に足を清める水場がありました。
 男体山は見るからに急で単調な山に見えます。山の素人には登りたいと思わない山ですね。

 晩夏の日光は見どころは少ないですね。紅葉の秋が一番良い時期で人も多く混雑します。
 暑さを逃れる場所としては良い所です。神社仏閣が魅力なのか外国人(欧米)のハイカーが多かったです。
 一時問題になった猿の姿は全く目にしなかったです。自然界に帰ったとすれば良いことだと思います。

|

« 涼を求めて、日光へ① | トップページ | 暑さの中で交通安全運動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼を求めて、日光へ②完:

« 涼を求めて、日光へ① | トップページ | 暑さの中で交通安全運動 »