« 水城公園のホテイアオイ | トップページ | 本郷、櫻木神社の例大祭 »

2010年9月26日 (日)

映画「君が踊る、夏」

P2601 一昨日見そこなった映画「君が踊る、夏」を鑑賞してきました。

 余命五年と言われる小児がんを患った少女、発病から五年を迎える夏、彼女の夢は「ヨサコイを踊る」ことという。

五年前の夏、幼かった少女は「一緒にヨサコイを踊ろうな」と言われた”星の王子様”の一言を忘れないでいた。

「死んでもいい さくらは踊りたい」

 その思いを叶えてあげるため、夢をみていた将来を捨て、尽力する青年。そして多くの仲間たち。

 己を捨て、他人のために生きる素晴らしさ。言葉では簡単でも行動することは難しいことである。

 「万人は一人にため、一人は万人のため」その大切さを再認識させてくれる。 

 主題歌は東方神起の「With All My Heart ~君が踊る、夏~」。
 劇中に奏でなれるバラードは、胸にこみ上げる感動を更にかきたてられた。

 この話は実話だという。今も病と闘う少女が、来年もヨサコイを踊れることを祈らずにいられない。 

|

« 水城公園のホテイアオイ | トップページ | 本郷、櫻木神社の例大祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「君が踊る、夏」:

« 水城公園のホテイアオイ | トップページ | 本郷、櫻木神社の例大祭 »