« 優先度は・・・ | トップページ | 遅い田植え、遅い開花 »

2010年6月 1日 (火)

水と緑の憩いの場、玉川上水

P0101

 主が居なくなった実家の片づけ作業に行ってきた。弟夫婦も来ると言うので力強い限りだ。姉が引っ越してから2週間、私は3週間ぶりの訪問になる。

 姉には不要なものはそのままにして行って構わないと言って置いたので、かなりの物が置かれたまま、家の中に入ると足の踏み場もない状態だ。

 今日は可燃物の収集日だ。集中的に可燃物を集めごみ袋に詰め込んだ。その数6袋になったが収集車が来るまでに作業は終わった。四人による作業は早い。

 昼食を挟んで片づけ作業は行われた。明日が不燃物の収集日、ゴミ捨て場に不燃物を置いて、メドだ着いたのは15時過ぎになった。

 弟夫婦は帰った後、私たちは近くの玉川上水沿いを散策した。この地を訪れるのはもうあまりないかも知れない。そう思うと近くを見て置きたいと思った。

P0102 P0104

 子供時代の遊び場所の一つ、懐かしい場所であるが、当時は恐い所であった。落ちたら絶対に助からないぞ、近くに寄るなと言われていた。子供心は恐さ半分、見たさ半分で恐る恐る覗きこんだものだ、崖状にえぐられた岸、水量と流れの速い用水、本当に落ちたら助からないだろうと何時も思っていた。

 たしか1965年ごろ、新宿淀橋浄水場廃止に伴い、この用水は役目を終え、水の流れが無くなったと思う。それから20年の歳月を過ぎ、都の清流復活事業によって水の流れが復活したそうだ。

 用水沿いは樹木が生い茂り、遊歩道が整備され、水と緑の憩いの場として親しまれている。水量は少なくなったが清流が流れ、崖肌も修復され昔の恐さはなかた。散歩をする人、ジョギングをする姿が見受けられる。今日のように暖かい陽気もこの遊歩道の中に入ると、自然のクーラーを浴びているようだ。小鳥たちの鳴き声の共演が嬉しい。

P0106P0103

 用水は小平上水本町から武蔵野市の境橋までの6Kmは五日市街道と並行していて、車の運転者の目に安らぎを与えてくえれる。そして桜並木の名所でもある。

 太い桜は当時からあったものだろうか。直径が一㍍近くあるように感じる。山桜の寿命は長いそうだから、子供のころ見た樹木かもしれない。樹齢はどの位なのだろう。

P0108P0109

 遊歩道沿いの自然植物観察地域にホタルブクロ咲いていた。近くに誰かが植えたのだろうか、また見た事のない珍しい花も見た。クロタネソウ、キンポゲ科の花で学名はニゲラと言う。花の色は色々あるそうだが、種が黒いからその名がついたとも言われる。葉の形も面白いが、花の先の雄蕊、雌蕊だろうか、面白い形をした花だ。今日の収穫です。 

|

« 優先度は・・・ | トップページ | 遅い田植え、遅い開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水と緑の憩いの場、玉川上水:

» プロが選ぶ本物の道具店 [新潟の産地より banco-life]
給食用、ポリプロピレン・メラミン・ステンレス製品 健康器具/ネオ腰痛ベルト・健康家計温泉 ゴミステーション/ステンレス製、各種厨房用品/バット・調理器具・洋食器・刃物・お酒グッズ アウトドアー用品/バーベキューコンロ・パラソルスタンド [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 14時13分

« 優先度は・・・ | トップページ | 遅い田植え、遅い開花 »