« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ツタの絡まる・・・

P3002

 ♪ ツタの絡まる・・・・ ♪

 ツタを纏っている? ツタに纏われている? 暑そうにも見えるし、日除けになって涼しそうにも見えます。

 ツタに絡まれているのは柳の木です。見た目には風情のある姿に見えます。

 しかし枝も葉も少なく勢いがありません。絡まれて弱ったのか、弱ったから絡まれたのでしょうか。

 陽の光を遮られ、絡まれたツタに養分を吸いと取られたようで? 枯れてしまうのかと思われる柳の木。つたの葉は良い色艶をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動をありがとう!

P3001

 サッカー・ワールドカップの日本対パラグアイ戦、実に感動を与えてくれました。ありがとう!。

 前評判を覆して予選突破、決勝リーグに進み8強入りの夢を見させてくれたチーム、選手の皆様、お疲れさまでした。

 勝負とはいえPKによる決着は残酷ですね。運、不運によるものでやり切れない思いです。

 スポーツの良さは勝ち負けだけに拘らず、如何にファンと観客に感動を与えるかだと思います。その事を再認識させてくれた戦いぶりでした。

 大会はまだ続きます。日本チームはいなくなっても8強による対戦は続きます。決勝戦までの素晴らしい戦いを楽しませていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

ジャガイモにミニトマト?

P2901

 ジャガイモにミニトマトのような実がなっている。トマトと同じナス科の仲間の証しです。この実は熟したら食べられるのだろうか。

 地上でトマトまたは茄子、地中でジャガイモの収穫ができたら”一石二鳥”で凄い事だと思うが、”二兎を追う者は一兎をも得ず”と言う事になるのだろうか。

 私たちはジャガイモの実でなく、地下茎を食べているわけです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

参院選・期日前投票に

P2701

 仕事の関係で横浜に住んでいる次男の住所は我が家の住まいのままである。会社にも毎週末には帰っているので住所変更をしないと言っているそうだ。

 2週間後の参院選投票日は帰って来られるか分からいので期日前投票に行くと言う。ついでに私たち夫婦も一緒に行ってきた。

 私は仕事を辞めるまでの30数年間、投票日に投票したことはほとんどありません。仕事の関係でいつも不在者投票ばかりでした。投票日に在宅での時でも旅行とかの理由を書いて不在者投票をしていました。

 今は期日前投票という制度なんですね。不在者投票という制度も残っているそうだが、どのように違うか分かりずらいです。

 不在者投票の時は記入した投票用紙を封筒に入れて、しっかり封印して管理してしたので、投票自体に手間がかかったが、開票の時も手間がかかったでしょうね。

 期日前投票は既定の用紙に住所と名前、理由に印をつける宣誓書?みたいなものを書かされるのが、これは不在者投票の時も同じでそんな面倒なものではない。投票は通常と同じ投票箱に入れるので簡単になりました。投票日当日に急用ができるかもしれないので、期日前投票を利用すると良いと思います。

 どの候補者に投票するかは、告示前からほぼ決めていました。一応選挙広報で名前の確認だけを行いました。いつも死票(投票者が落選)になるケースが多く残念だが、一票に託した候補者が当選し、主張にぶれることなく投票者の代表として活躍して欲しいと思う。

P2702_2

 投票所のある支所前はラベンダー観光地。きょうは日曜日だったので道路が混雑していました。駐車場は協力金として300円(土、日のみ)を徴収していました。

 支所に用事のある人は申し出てくださいと書かれていたので、選挙の期日前投票と言って支所の駐車場に停められました。

 支所内一階はラベンダー観光の休憩場として開放されているので、エアコンの効いたフロアは、蒸し暑さと時折り降る雨を避ける観光客で溢れていました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ラベンダー、見頃は一週間後?

P2400

 涼しかった午前中、昼過ぎからは太陽が照りつけて気温が急上昇しました。梅雨時の真夏日にしては爽やかな暑さでした。

P2401

 青空が似合うラベンダー、開花状況と合わせて見てきました。

P2402 P2403

㊧早咲きラベンダー(コモン)と㊨これからのラベンダー

P2404 P2405

 支所前の早咲きラベンダーは色鮮やかに咲いています。ラベンダー堤の方は開花し始めましたが、見頃はあと一週間後といった感じです。ミツバチやクマンバチが芳香に誘われて蜜集めに大忙しです。

P2407_2

P2408

 紫陽花はもうお疲れと言った感じが多いですが、日陰のものは今が花盛りです。

P2406

 暖かさが好きなネコさんも、きょうの強い日差しのもとではさすがに暑いのでしょう。日陰のベンチでお休みでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

ぶつからない? 車

Kuruma

 雨が強く降るお昼前、予約してあった車に試乗してきました。

 ぶつからないクルマ? と宣伝しているS社の運転支援システム搭載の車です。

 車に搭載されたカメラが、前方の車、自転車、歩行者などを認識してくれてる。ブレーキを踏み忘れた時に警告音を出し、その後にブレーキが自動的にかかり停止するというもの。

 時速30Km走行で実際に経験してみたら、反射的にブレーキに足が行ってしまう。これが正常な動作だが実験にはならない。馴れないとぶつかりそうな物に向かってノンブレーキは勇気がいるものだ。ディーラーの人は馴れているので30㌔のスピードで走って自動急停止する。雨の中でも確実に衝突回避の体験をできて満足した。

 路上運転では、追随機能付クルーズコントロールに驚いた。前車が赤信号で停まると、運転操作(ブレーキ)は何もしなくても普通に停まってくれる。発進時はボタンを押すか、アクセルペダルを少し踏めば良い。後は前車との車間があれば設定したスピードまで自動的に上がっていく。スピード設定もボタン一つで上げ下げできる。

 その他にも割り込み車があった時の自動スピード制御、前方に物体がある時の急発進抑制や、疲労時のふらつき運転の警報音、急ブレーキのアシストなどぶつからない安全を目指したシステムだ。

 車の運転そのものは変わらなくても、事故を少しでも防ぐシステムが進んでいる事に驚いた。ハンドルにいっぱい付いたボタンが気になり、操作に頭がついていけるか悩ましい。

 運転はあくまで人が行うもので、システムに頼ってはいけない。人はミスをするものなので、そんなミスを少しでもカバーしてくれれば良いなと思う。

 運転支援システムのさらなる向上で、事故が少なくなれば良い事だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

一足早く茅の輪くぐり

P2101

 茅の輪くぐりと言う神事がある事を初めて知りました。正式には「夏越大祓・茅の輪神事(なごしのはらえ・ちのわくぐり)」と言う。

P2102

 大きな丸く束ねた青茅を立て、左足から左周り、右足から右回り、また左足から左回りと∞のように回ります。「水無月(みなつき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人(ひと)は千歳(ちとせ)の命(よわい)延(ぶ)というなり」と唱えながら回ると良いとされています。

 各神社で6月の晦日に一般的に行わるそうだ。6月に行われるのは正月から半年間の穢れを祓い、夏を無事に過ごす願いを込めた神事だと言う。穢れの多い人生を歩んでいると自任する私は一足早くお祓いをしてきました。

Hanagaku1

 きょうはPhotoshop Elementsを使って初めて絵?を描きました。絵心が全くないので描くことは無理でも、ブラシの使い方の勉強と思いマニュアルに沿って操作してみました。ルノアールの元絵がはたして花の絵に見えるでしょうか?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

母の一周忌

P2001_2

早いもので母の一周忌です。昨日、お寺に行って一周忌の法事を行ってきました。

P2002

一族31人が集まり、戦後の混乱期を女手ひとつで育ててくれた母に感謝の気持ちをこめて供養してきました。

 何時も何事にも燃えるように生きてきた母の気持ちのような陽気で、お墓参りは暑かったですね。

 墓参りの後は母の生まれ故郷にある料理屋で食事会を行いました。会場は武蔵野の面影を残す玉川上水の分水、野火止用水に沿った所にあります。鯉が泳ぐ清流を渡り門を潜ると竹林に囲まれた落ち着いた雰囲気の建物です。

P2004 P2006

P2003 P2005

 およそ3時間、賑やかな事が好きだった母に応えるように、母を偲びつつも和気あいあいのひと時を過ごしました。

 金曜日に来た長男夫婦、土曜日に来ていた姉が、きょう秋田、青森にそれぞれ帰って行きました。賑やかだった我が家は気の抜けたように感じです。いつもの生活リズムに戻るまで一両日は掛かりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

地デジ、高いアンテナ工事費

P1701

 先日買ったテレビがあす納品されると連絡があった。予定では月末と言っていたので10日も早くなった事になる。それまでにテレビ台を用意して、アンテナをどうするか考えようと思っていた。

 テレビ台はメーカー純正品や電機屋推奨品もあったが、家具屋の方がデザインが良く、価格も安いのでそちらで買うことにしていた。急いで家具屋に行ったら買おうと思っていた品の希望の色が無くなっていた。納品まで一週間ほど掛かると言われた。それまで古い台で我慢することにした。 

P1702

 アンテナは今使っているUHFのアンテナで良いのだが、住んでいる所によっては電波が弱かったり、屋内の配線が古いと細い配線が使われていて完全に見られる保証はないという。増波器(ブースター)や分配器が必要になる事も多いらしい。近所でもブースターを付けたり、アンテナを新しくしてブースターを設置する家が見受けられる。

 事実、我が家の小さな地デジテレビは、テレビ東京は全く受信できず、テレビ朝日はブロックノイズが頻繁にでる状態だ。

 若い時には自分で屋根に上がり、UHFのアンテナと混合器を付けたりしたが、この歳になって屋根の作業は危険だと認識している。設置するなら業者に任せようと思う。

 聞くところによると費用は工事費込みで5万円前後かかっているという。小型のテレビが買えそうなかなり高い値段に驚いている。来年の7月まではアナログが見られるので、しばらく我慢することにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

W杯サッカー勝利!

P1101

 W杯サッカーの初戦、カメルーン相手に1-0で勝利した。大会に向けた試合で勝利から見放され、苦しい試合展開を予想されていたが、前評判を覆す立派な勝利だと思う。

 まずはおめでとうと言いたい。そして2戦以降の戦いでぜひ予選を突破して貰いたいものだ。

 感動するした試合を見せていただき、夜更かしをした甲斐があった試合でした。ありがとう!

 君子蘭の花もこの大会を飾るように、最後の花を咲かせ私共々応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

なめくじ艦隊との戦い

P1401 P1402

ナメクジに食べられたエンゼルトランペット(左)、ミツバ(右)   

 石や枯葉の下、外に置いた鉢の底に、カタツムリが貝殻から抜け出したような生き物が潜んでいる。気持ちが悪いと思われる人が多いナメクジです。

 以前、ビールを入れた容器を花壇に置いて、翌朝までに数匹のナメクジを溺れ死させた事があるが、そんなに気にしてはいなかった。

 庭に植えたミツバやエンゼルトランペットの葉が何者かに食べられている。切り戻したペチュニアに新芽が出てきたが、こちらの芽も傷んでいた。

 虫が食べているのだろうと、食材にするミツバ以外を消毒したが被害は増すばかりだ。

 昨夕帰宅した時にその現場を目撃した。葉や新芽にまとわりつき葉を食べているナメクジの姿だ。

 ネットで調べるとナメクジによる農作物の被害の実態とその習性を知った。駆除する方法は以前に行ったビールなど、いろいろと書かれているがこれといった方法はないようだ。

 夜中になってから懐中電灯を片手に庭に出て見ると、大海を巡航するようなナメクジの大艦隊に遭遇した。

 上空から割り箸による捕獲攻撃を開始、薬剤を入れた容器に投げ込む。はじめは気持ち悪かった作業が、見つけて捕獲すると快感に変わってきた。そんな自分を可笑しく感じた。

 土の表面を歩いているやつを捕獲しても、腐葉土のようになった土からまた姿を現す。暫らく立って別の場所から戻ってくると数匹が歩いている。まるで潜水艦が浮上してくるようだ。捕獲した数は優に150を超えたと思う。

 今夜はさすがに少なくなったが、それでも20以上を捕獲した。ジメジメとした梅雨時は彼らにとって快適な生活空間だが、一方植物にとってはナメクジの攻撃を受け最悪の季節だ。

 植物を守るため、夜間の奇襲攻撃を続けなければならないようだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

会合の前のひと時

会合の前のひと時
会合の前のひと時
会合の前のひと時
新宿二丁目の落ち着いた雰囲気のカフェで会合までの時間を割く。一杯170円のコーヒーは安い。
風が爽やかなきょうは、歩いていても暑さを感じない。
伊勢丹、新宿御苑付近を歩いた後の一休みは心地良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

白い孔雀サボテン

P0902

 6月になってから良い天気が続いています。日中は日差しも強く30度を超えたようです。

P0903

 20日前に紅い孔雀サボテンが一輪咲き、その時の蕾がやっと咲き始めました。ところが花の色は白です。同じサボテンから紅白の花が考えられないので、同じ鉢に紅白の種類を一緒に植えたのでしょう。

 春の訪れが遅く草花の開花が遅かったように、この花も昨年より10日ほど遅れて咲きました。

 予報では来週には梅雨入りになるとか、鬱陶しいさを思うと嫌になります。梅雨時を楽しく快適に過ごせる方法があれば良いのですが、前向きに行動するしかないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

P0901

 今日で5日目。今月に入ってから車のディーラー通いが続いています。

 来月の車検切れを機に乗り換えを考えている。6か月前に4社のディーラー6か所を訪れ資料を集めていました。

 準備万端のつもりでいたのに、いざ試乗したり見積もり交渉に入るとなかなか決めかねます。

 車の用途と性能に何を求めるか、良い点悪い点、価格との兼ね合い難しいですね。

 価格交渉していると車の価格ってどうなっているのだろうと思う。一回目は顔合わせ見たいなもので、希望のオプションと定価の合計提示だけだ。諸経費とオプションの価格(30~60万以上)に誰もが高いと感じる時だろう。

 二回目はオプションを見直し、幾らかの値引きがあり、交渉のツボを掴んでくる。この間に大事なのは2~3社の競合車種の見積もりを取る事。そして貴社が値引きしなければ他社の車にするように思わせ、相互に競争させる事だ。

 三回目、かなりの値引きになってくる。ここで大事なのは、後で減らす事のできる部分になるべく手をつけない、本体価格の値引きに的をしぼる方が良い。相手は必ずオプションの部分に色を付けたり値引きをしてくるので、その土俵に載らないようにした方が良いと思います。

 最初の価格提示から20~40万の値引きは当たり前です。メーカーによって値引き幅は違いますが、Tメーカーは同一車種でもディーラーによって10万近く違いますから不思議です。

 営業さんの事を考えると悪い気がしてくるが、段々と交渉が面白くなってくる。一方で時間の無駄を感じつつ、どの車に決めたら良いのか悩ましくなってきた。本命が決まっていれば良かったのだが、決めかねていたのが災いになってきた。

 明後日までに決めて各ディーラーに返答をしようと思っている。

 さぁーて、どうしようかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

時代の流れ? 想い出話

P0303

 上尾駅近くの病院に来たついでに、駅周辺を歩いてみました。西口と駅通路が大分様変わりしていました。

 上尾駅に近くに行っても駅に来たのは久しぶりです。来た時も東口と西口を往来するために使う事ばかりでした。駅を乗降利用したのは少なかったと思います。定かな記憶は残っていません。

P0302P0101

 西口は駅前通路と橋上駅を結ぶ階段とエスカレーター、エレベーターが新設され、南北からの階段が無くなったので、駅前ロータリーの通路が広くなりました。また、橋上の駅通路もだいぶ広くなりました。また、東口のペデストリアンデッキ(歩行者回廊)の拡幅工事が行われていて、完成した際には広々とした空間になりそうです。

 現在の地に居を構えてから数年は高崎沿線、とりわけ北本から上尾は生活のためのテリトリーでした。当時は流行ったスーパーが多くあり、、距離的に車での買い物が便利だったのです。

 当時良く行った店舗も名前が変わったり、無くなったものもあり時代の流れを感じます。最近ではキンカ堂が閉店し、一部の専門店だけが寂しく営業中でした。

 とりわけ今は無くなった忠実屋に併設されてあったスポーツジムには数年通っていたので想い出が多いですね。重症だった椎間板ヘルニアの手術後も腰痛は続き、体力の回復が思わしく無かったので、水泳を始めたました。自己流の泳ぎではかえって腰に悪いので、教室に入り初歩から泳ぎを習いました。30代後半から40代前半だったと思います。

 その甲斐あってか、随分体調が良くなりました。それでも医師からは今後ゴルフとテニスはやらないように言われました。好きだったスキーをやっていた事は告白していないので、言っていれば当然ダメと言われたでしょうね。スキーは無理をしない滑りに徹しています。

 スポーツジムに通って4年後くらい、輝かしい記録?があります。上○市の市民水泳大会に出場しました。水泳スクールから4人だったと思います。

 25m平泳ぎ、25m自由形、自由形リレーにエントリーし、個人の部は両方とも40代の部で一位でした。今でも賞状を持っています。

 ここまでの公表で終わりにしておけば良いのでしょうが、最後に落ちがないと面白くないですよね。

 記録は両方1×.×秒、正式タイムは恥ずかしくて公表しません。40代の出場者は一人だけだったのです。リレーは最年長の私のせいで入賞できませんでした。出場することに意義ありと思っています。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

花しょうぶ in 染谷

P0401

 PC講座が行われる会場近くの花しょうぶ園に寄ってきました。昨年、PC同好会の撮影会で訪れた時は、良い天候と見頃の花に迎えられました。

 今年は天候不順で春の花の花期が遅くなりましたが、花菖蒲も遅いようです。また、昨年より二週間も早い訪問だったので、咲き具合は全体で2、3分咲きといったところでしょう。

P0408P0402

P0411 P0409

P0404 P0405

P0407 P0406

 おととい訪れた我が街にある菖蒲園よりは早いですね。人出が少ないので、ゆっくりと花の写真を撮るのなら良い時期かもしれません。花を楽しむのはもう少し経ってからでしょう。

 池、あずまや、八つ橋や庵など、風情のある眺めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

遅い田植え、遅い開花

Taue

 見沼代用水の東側の大崎地区(久喜市、白岡町)では、いま田植え作業が一斉に行われていました。毎年の事ながら近隣の地域に比べて少し遅いようです。

 秋の収穫時期も遅くなりますが、なにより順調に生育されると良いですね。

 恒例の行事ですが、来週には「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」が始まります。好天に誘われてちょっと見てきました。

 ここ数日は暖かくなりましたが、今までの天候不順で開花は遅くなりそうです。花しょうぶが先に咲くのですが、まだ花の姿がありません。6日のオープニングは一部の少ない花しか期待はできそうもありませんね。

Furenchi Komon

             フレンチ系             コモン系

 ラベンダー苑にある早咲きの「フレンチ系」は咲いていました。「コモン系」も蕾が膨らみ一部は開花しています。コモン系は北海道で咲くラベンダーの大部分を占めています。鮮やかな花の色が緑の葉と青空に映えます。

Rabadin

 ラベンダーのメインはラベンダー堤の「ラバディン系」、花穂が青空に向かって延び、小さな蕾をつけていますが、蕾が色づき花が咲くまでには相当日時が掛かりそうです。好天に恵まれると良いのですが、まもなく梅雨入りの時期、月末になって梅雨の合間の晴れ間が狙いどころでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

水と緑の憩いの場、玉川上水

P0101

 主が居なくなった実家の片づけ作業に行ってきた。弟夫婦も来ると言うので力強い限りだ。姉が引っ越してから2週間、私は3週間ぶりの訪問になる。

 姉には不要なものはそのままにして行って構わないと言って置いたので、かなりの物が置かれたまま、家の中に入ると足の踏み場もない状態だ。

 今日は可燃物の収集日だ。集中的に可燃物を集めごみ袋に詰め込んだ。その数6袋になったが収集車が来るまでに作業は終わった。四人による作業は早い。

 昼食を挟んで片づけ作業は行われた。明日が不燃物の収集日、ゴミ捨て場に不燃物を置いて、メドだ着いたのは15時過ぎになった。

 弟夫婦は帰った後、私たちは近くの玉川上水沿いを散策した。この地を訪れるのはもうあまりないかも知れない。そう思うと近くを見て置きたいと思った。

P0102 P0104

 子供時代の遊び場所の一つ、懐かしい場所であるが、当時は恐い所であった。落ちたら絶対に助からないぞ、近くに寄るなと言われていた。子供心は恐さ半分、見たさ半分で恐る恐る覗きこんだものだ、崖状にえぐられた岸、水量と流れの速い用水、本当に落ちたら助からないだろうと何時も思っていた。

 たしか1965年ごろ、新宿淀橋浄水場廃止に伴い、この用水は役目を終え、水の流れが無くなったと思う。それから20年の歳月を過ぎ、都の清流復活事業によって水の流れが復活したそうだ。

 用水沿いは樹木が生い茂り、遊歩道が整備され、水と緑の憩いの場として親しまれている。水量は少なくなったが清流が流れ、崖肌も修復され昔の恐さはなかた。散歩をする人、ジョギングをする姿が見受けられる。今日のように暖かい陽気もこの遊歩道の中に入ると、自然のクーラーを浴びているようだ。小鳥たちの鳴き声の共演が嬉しい。

P0106P0103

 用水は小平上水本町から武蔵野市の境橋までの6Kmは五日市街道と並行していて、車の運転者の目に安らぎを与えてくえれる。そして桜並木の名所でもある。

 太い桜は当時からあったものだろうか。直径が一㍍近くあるように感じる。山桜の寿命は長いそうだから、子供のころ見た樹木かもしれない。樹齢はどの位なのだろう。

P0108P0109

 遊歩道沿いの自然植物観察地域にホタルブクロ咲いていた。近くに誰かが植えたのだろうか、また見た事のない珍しい花も見た。クロタネソウ、キンポゲ科の花で学名はニゲラと言う。花の色は色々あるそうだが、種が黒いからその名がついたとも言われる。葉の形も面白いが、花の先の雄蕊、雌蕊だろうか、面白い形をした花だ。今日の収穫です。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »