« 健康診断 | トップページ | 41年振りの春の雪 »

2010年4月16日 (金)

うれしい手書きの便り

P1600 P1602

 冬に戻ってしまったように寒いですね。植物の生育にも影響を与えているようで、野菜の価格が急騰しています。

 新芽が遅霜によって痛みつけられ、茶摘みを間近に控えた茶葉がやられたり、秋の果物も新芽が痛んで被害があるようだ。

 我が家のモミジと金木犀はそれぞれ緑と赤茶色の新芽が芽吹いてきました。寒さに負けていないようだ。

 きょう長男の連れ合いから郵便が届いた。先日、こちらからメールをしていたのだが、手紙で返事をくれたのだ。

 情報化時代、”おじん”がメールを使い、若い人が手紙で返事をくれるとは思いもよらなかった。便せんに書かれた手書きの文字に、気持ちと温もりが感じられた。

 メールの便利さも捨てがたいが、手書きの文字には人の心が籠もっているように思われる。とはいえ、メールに馴れてしまうと、手紙を書くこのは難しいのが現実だ。 

P1603

 郵便の中に写真とお土産が入っていた。写真も何時もはメールに添付してくれていた。

 お土産は「乾燥しいたけ」。息子が生徒と一緒に生産したものだ。生徒の自立の一環として、原木に菌を植えつけ栽培して、収穫・加工まで行っているそうだ。都会ではなかなか行えない、自然との関わりを持った作業、当人は気に入っているようだ。こんな事もやっているよ、との報告の品だった。

 近況報告、近々帰省の予定、旅行への誘い、そんな事が書かれた手紙の一文字、一文字にうれしさを感じるものです。 

|

« 健康診断 | トップページ | 41年振りの春の雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さん
こんにちわ。
素敵なお手紙に感動してしまいました。
ご両親様を大切に思ってくださるお気持ちが さすがですね。
また 青さんのお人柄が お子様にもしっかりと伝わっていらっしゃって素敵です。
・・・私は 両親を旅行には誘ったことがないもので いつかは・・・と思ってますが・・・
実行は未定ですが 気持ちを伝えるだけでも 違うものでしょうか??

投稿: さいな | 2010年4月17日 (土) 07時47分

さいなさん こんばんゎ!

皆さんはどうか分かりませんが、日々の電話でもうれしいものです。
特に父親は娘さんからの連絡、楽しみにしてると思います。(私は娘がいないので、嫁からのメールや手紙がうれしいです)
気持ちを聞いたらきっと喜ばれるでしょう。
そして、何時か家族旅行を!


投稿: 青さん | 2010年4月17日 (土) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしい手書きの便り:

« 健康診断 | トップページ | 41年振りの春の雪 »