« アカデミー賞作品賞「ハート・ロッカー」 | トップページ | 咲いた・・・赤、白、黄色 »

2010年4月23日 (金)

スズランに蕾

P2302

 夏のように暖かい日もあれば、冬のように寒い日が多い、異常な気候が続いています。

 スズランの芽が出てきたと10日目に記事にしました。きょう見るともう蕾をつけていました。おかしな気候でも植物は頑張っています。

 

P001

昨年はどうだったのかなぁ? ブログで振り返ってみると、4月26日に花をいっぱい咲かせたスズランの写真を載せていました。

 昨年に比べると遅いという事が分かりました。昨年もおかしな気候だったが、今年の方が寒いという裏づけになるようだ。「もう蕾・・・」ではなく「やっと蕾・・・」ですね。こんな時にブログは日記代わりになります。

 スズランといえば北海道を連想するほど、北海道を代表する花のひとつです。それは在来種で中部以北に自生しているもので、一般的に育てられているのは外来種のドイツスズランが多いそうです。はたしてこの花はどちらなのかな?。

 どちらにしても可憐な花です。別名、谷間の姫百合、君影草と言われる名前に相応しい花です。 

|

« アカデミー賞作品賞「ハート・ロッカー」 | トップページ | 咲いた・・・赤、白、黄色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さんへ
今日は、久しぶりで、お天気になりましたね。
青さんのおうちのスズラン、今年も頑張っていますね。
でも、去年は咲いていたとの事、今年は、やはり寒かったのでしょうか?
スズランの別名は、谷間の姫百合、君影草と言うのですか?知りませんでした。
花言葉は、幸福の訪れ、純潔、繊細 ぴったりですね・・・

投稿: でこ | 2010年4月24日 (土) 16時31分

青さんへ、またお邪魔します。3期生のつばめです。

すずらんが自宅で見られるなんて素敵ですね。去年のすずらん、可憐でとてもきれいです。

すずらんで思い出しました。中央本線に「すずらんの里」と言う駅があります。小淵沢から松本に向かって3つ目の駅です。
1985年に開業した比較的新しい駅で、無人駅です。
この前、高遠の桜を見に行ったとき、素敵な駅名だと記憶しました。

なぜ、「すずらんの里」かというと、駅から南西部に位置する「すずらんの山」と言われている入笠山にある入笠湿原に群生するすずらんにちなんでつけたようです。(私は行ったことがありませんが)
群生のすずらんを、見てみたいものです。

投稿: つばめ | 2010年4月24日 (土) 19時00分

でこさん こんばんゎ!

本当に気持ちの良い天気でしたね
遅れ気味の花もこれから早まるでしょう。
スミレが繁殖したためか、スズランの何時もより小振りです。
花言葉、私じゃなくて、でこさんにお似合いですよ

投稿: 青さん | 2010年4月24日 (土) 21時57分

つばめさん、よこうこそ!

スズランの花には思い出があります。
13年前に札幌赴任して以来、すっかり北の国の虜になりました。それで今も良く行きますよ。
北海道では市町村の花にしている所が多いです。
私もスズランの群生は見た事ありません。
入笠山は名前と場所だけは知っています。私も機会があれば見てみたいですね。
貴重な情報、ありがとうございます。

投稿: 青さん | 2010年4月24日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズランに蕾:

« アカデミー賞作品賞「ハート・ロッカー」 | トップページ | 咲いた・・・赤、白、黄色 »