« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

ミニ家庭菜園

P2901P2902

 午前中は不安定な天気でした。昨日買ってきたミニトマトの苗の植えつけと、エンゼルトランペットの植え替えを行おうと、用土に元肥などの準備を始めていたら、急に雨が降って来ました。洗濯物を急いで取り込み、家の中に干すことになりました。午前中の植え付け植え替え作業は中止です。

 天気は午後からは落ち着いてきた様子、作業に取り掛かりました。

 トマトは昨年、鉢植えと地植えにしましたが、地植えの方が成長が良く、実も多くなり美味しくなったので、今年は地植えだけにしました。

 連れ合いは昨年と同じ所に植えたいと言う。連作障害の事を知らないらしい。

 私も素人なので、詳しい事は分からないが、農作物には同じ場所での生育に適さないものがあるそうだ。トマトなどナス科の野菜は連作障害を起こす、という事は聞いていたので、昨年の場所を避けて植えつけました。

 30㌢ほどの穴を掘り、腐葉土と牛フンをまぜた土をいれ、苗の根を直接触れないように土を被せて植えつけました。

P2903 P2904

 エンゼルトランペットは昨年同様、植木鉢と地植えにしました。

 不順な天候が続いたため、昨年より二週間も遅い作業になりましたが、真っ赤なトマトにエンゼルトランペットの花が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

買い物で羽生へ

28tuki1_2

 羽生のイ○○モ○○へ出かけた。衣料と寝具の買い物です。

 自分の衣料品を買っている間、連れ合いは靴を見てくるからと別行動。

 私は買い物終わってブラブラ時間を潰す。紳士物売り場を知りつくすほど歩きまわる。なんどか電話をかけようと思ったが、たまにはゆっくりするのも良いかと思いとどまる。

 待つ事1時間は経ってであろうか。やっと戻ってきた。見ると手元には品物がない。見定めた品物を買いに付き合わされた。

 やっと、ひと息ティータイム、株○優○ラウンジににて無料のコーヒー、つまみを頂き小さな至福のひと時を過ごした。

P042803P042802

 そのあと寝具を買い、食料品売り場に「今日の夕飯何にしようか」と連れ合い。時間は6時半を回っていた。家では夕飯を終わっている時間だ。時間を把握していないようだ。

P042801

 夕飯は食べて行こうと提案、久しぶりの外食である。夕食を作る苦労から解放できるのもお互いにとって良いものだ。

 その後食料品の買い物を終わると8時を過ぎていた。3時半ごろに着いたのだから、4時間半も同じ場所で過ごしたわけだ。我ながら良く我慢したものだと思う。

 着いた時は雨空だったが、帰りはきれいな月が顔を出していた。月齢13.6、今日が満月ということだ。月面を流れる雲も風情が感じられた。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

市議会議員選挙投票日

Senkyo

 市町村合併に伴う市議会議員選挙の投票日です。市長選は立候補者が一人で無投票となり、選択の余地がないのは残念だ。午前中に投票に行きましたが、投票所はひっそりとしており、投票率が心配でした。

 選挙期間は町から市になったので5日から7日間に延びました。身近な選挙だけに朝8時から夜8時まで、選挙カーによる連呼が昨夜まで続きました。きょうからは静かな夜が迎えられる。

 今回の選挙は合併に伴う在任特例(合併特例法第7条)を適用せず、合併とともに選挙を行い、議員定数を削減したことを評価したい。

 合併した4市町の合計議員数60人が定数34になった。この定数が適正かどうかは、今後の議会活動で評価されるだろう。

 今回、誰に投票したら良いのか、その判断に悩みました。定数34に対して立候補者は45人と多く、見た事もなければ、声を聞いた事もない人ばかりです。45人の中から一人を選ぶ、選択肢が多くて良いようですが大変です。

 選挙公報に載った公約は似たり寄ったり、医療に福祉、環境に地域経済、地域の安全と子育て支援。みんなが公約を実行してくれれば、住みよい社会になるだろうに。

 市の面積が広くなっただけに、一週間の選挙期間だけでは大変だと思う。政策を訴える時間と場所もなかなか持てないだろう。選挙カーではみんな名前の連呼と「頑張ります。よろしくお願いします」だけ、それも殆どが地元の人だ。

 今回は政策・信条、今までの活動をネット(HP持っている人だけ)で調べて決めたが、出たい人より出したい人を選びたいと思う。当選した人たちの議員活動を見守りたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

咲いた・・・赤、白、黄色

P2400_2

P2403 P2404 P2405

 鴻巣市は人形の街だけでなく、花の生産を中心にした街興しをしています。イベントなどを通して四季折々の花が楽しめます。

P2401

 晴天に誘われて「花のオアシス」のチューリップを見てきました。花の生産者やNPO団体などを中心に、地元の小学校の生徒さんらによって植えられた、3万本を超すチューリップが咲き乱れていました。

P2402

 イベント「チューリップ祭り」は先週でした。花が開き切ってしまったもの、散り始めているのもありました。

 それでも、3万本のチューリップは圧巻です。少し離れた所からの眺めはきれいです。

 人出が少なかったので落ち着いて観賞できました。強い風で花は首を傾げ、揺れる花の撮影は苦労しました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

スズランに蕾

P2302

 夏のように暖かい日もあれば、冬のように寒い日が多い、異常な気候が続いています。

 スズランの芽が出てきたと10日目に記事にしました。きょう見るともう蕾をつけていました。おかしな気候でも植物は頑張っています。

 

P001

昨年はどうだったのかなぁ? ブログで振り返ってみると、4月26日に花をいっぱい咲かせたスズランの写真を載せていました。

 昨年に比べると遅いという事が分かりました。昨年もおかしな気候だったが、今年の方が寒いという裏づけになるようだ。「もう蕾・・・」ではなく「やっと蕾・・・」ですね。こんな時にブログは日記代わりになります。

 スズランといえば北海道を連想するほど、北海道を代表する花のひとつです。それは在来種で中部以北に自生しているもので、一般的に育てられているのは外来種のドイツスズランが多いそうです。はたしてこの花はどちらなのかな?。

 どちらにしても可憐な花です。別名、谷間の姫百合、君影草と言われる名前に相応しい花です。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

アカデミー賞作品賞「ハート・ロッカー」

 

P2201_2

 映画「ハート・ロッカー」を観てきた。アカデミー賞の6部門を受賞した作品ということで期待していったが、感動も涙も湧かない作品だった。

 映画で何を訴えたいのか分からない。ただイラク戦争の悲惨な実体の一部を描いただけにしか思えなかった。それなら報道番組でも同じではないだろうか。

 イラク戦争そのものが無意味な戦争であり、戦争突入の正当性を捏造し、いまなお続く悲惨な状態を作り上げたのはアメリカ自身ではないだろうか。

 そのイラクの地で、恐怖、不安を背負いながら米軍爆弾物処理班の果敢な?姿、戦いを描いたストーリーである。

 米兵側が正義者のように扱い、反米イスラム・イラク人を悪人のように見せられるのはいただけない。

 映画の冒頭に出てきた”戦争は麻薬である”がテーマなら、麻薬をバラ撒いたのは国家ということになる。命を懸けて闘う兵隊は中毒患者にされた者、そういう見方なら少しは理解できる。戦争からの帰還兵にPTSDの患者が増えているという理由は分かる気がした。

 もやもやした気分を晴らすために、もう一度観る必要があるのか、考えさせられてしまう。

 アカデミー賞は人気や観客側が決めるものでないのは分かっているが、アカデミー賞の受賞の理由も詳しく知りたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

ボタン桜が満開

P2001

 会合の前に公園に立ち寄ってみました。ぼたん桜が満開で見ごろでしたね。クヌギの花は緑の簾のように垂れ下がっています。ハナミズキも花が咲き始めました。

P2005P2004

 バラ園に行ってみましたが、さすがに早すぎますね。バラの見ごろは5月中旬ごろからでしょうから、まだ、蕾の姿も見えません。

 花壇にはポピーの花だけが咲いていました。バラの陰で咲いている方がスミレらしさがあって良いですね。

P2003 P2002

 ボランティアの方たちでしょうか、バラ祭りに向けた整備作業を行っていました。

 バラ園の外で咲いていたヤマブキはバラの露払い役のようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

気味の悪いキノコ

P1801

 きのうは一昨日の雪が春を呼んだように暖かい日でした。

 県活での講座の昼休み、県活センター周辺を散歩しました。

 田圃の畦道の雑草も元気さを取り戻したようです。

 県活センターの庭で珍しいものを見つけました。始めて見るもので、気味の悪い形ですね。近くにもう一つ、2個ありました。キノコらしい事は分かったので、家で調べて見ました。

P1802_2 P1803_2

 名前は「アミガサキノコ」のようですね。アミガサキノコはフランスでは食用にしている、と紹介されていましたが、どうも食べる気にはなりませんね。

 見つけた場所は、県活センター西駐車場の北側の道路に面したカシの木の根元です。

 興味のある方は覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

41年振りの春の雪

P1701

 次男が昨夜、いや今未明に帰ってきた。夜半からの雨が雪に変わり、道路が混んでいたそうだ。お陰で寝る時間が遅くなってしまった。

 今朝、目覚めた時には、車の上と庭の一部に雪が残っているだけで、心配していた積雪は気憂に終わって良かった。本格的な春を呼ぶ雪になって欲しいものだ。

 この時期の雪は41年振りだとか。そう言われると41年前のこの時期の事がいろいろと思い出される。私的には一番気持ちが燃えていた時、そして憔悴していた年でした。この時代の事は何時か纏めなければならないだろう。

 きょうはPCの講座を受講するため、県活センターに行きました。県活の講座は一年半ぶりだろうか。

 玄関前の「児の手柏」の葉に白いものが付いていました。近寄って見ると花が咲いていたのです。秋に青緑の面白い形の実を付けますが、花の形も変わっていますね。

P1702_3

P1703_3

 教室に入ると、N先生からブログ講座二期生を紹介されました。ブログを通して、元気で行動力のある印象を抱いていた”よこたん”さんでした。休憩時間にお話をさせていただいたが、印象通りの人でした。これからブログの話題がより近く感じられるだろう。よろしくね!

 講座は「Windowsの基礎」。今更という気も無くはなかったが、復習と未知の事を吸収するつもりで受講しました。

 決して難しい講座ではないが、基礎と言われながら、やはり知らない事も多くありました。今までこうやっていたが、こうした方が良いな、と思う事も多々あり、目から鱗といった感じです。

 何事も奢る事なく、現状に満足せず、初心に帰る事の大切さを痛感しました。

 あすの講座も楽しみにしています。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

うれしい手書きの便り

P1600 P1602

 冬に戻ってしまったように寒いですね。植物の生育にも影響を与えているようで、野菜の価格が急騰しています。

 新芽が遅霜によって痛みつけられ、茶摘みを間近に控えた茶葉がやられたり、秋の果物も新芽が痛んで被害があるようだ。

 我が家のモミジと金木犀はそれぞれ緑と赤茶色の新芽が芽吹いてきました。寒さに負けていないようだ。

 きょう長男の連れ合いから郵便が届いた。先日、こちらからメールをしていたのだが、手紙で返事をくれたのだ。

 情報化時代、”おじん”がメールを使い、若い人が手紙で返事をくれるとは思いもよらなかった。便せんに書かれた手書きの文字に、気持ちと温もりが感じられた。

 メールの便利さも捨てがたいが、手書きの文字には人の心が籠もっているように思われる。とはいえ、メールに馴れてしまうと、手紙を書くこのは難しいのが現実だ。 

P1603

 郵便の中に写真とお土産が入っていた。写真も何時もはメールに添付してくれていた。

 お土産は「乾燥しいたけ」。息子が生徒と一緒に生産したものだ。生徒の自立の一環として、原木に菌を植えつけ栽培して、収穫・加工まで行っているそうだ。都会ではなかなか行えない、自然との関わりを持った作業、当人は気に入っているようだ。こんな事もやっているよ、との報告の品だった。

 近況報告、近々帰省の予定、旅行への誘い、そんな事が書かれた手紙の一文字、一文字にうれしさを感じるものです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

健康診断

Kakuremino

 4月も半ばになりましたが、この所の天候は変ですね。雨の日は多いし寒暖の差が激しい毎日です

 こんな天候の時は体調の管理に、十分注意が必要です。

 連れ合いの集団健診で要検査となった項目、月始めの精密検査で異状はなしと言われ、ひと安心していました。

 一緒に行った血液検査で、高コレステロール、特にLDLコレステロール値が高いと言われました。毎日2回、2週間の血圧測定を行うように言われ、その結果を持ってきょう病院に行きました。血圧は収縮期110~130、拡張期が75前後と正常値です。

 血圧は正常であっても、高コレステロールなので動脈硬化が心配、検査して置いた方が良いと言われ、来月の検査予約をしてきました。

 本人も以前から高コレステロールの件は承知し、食事に気をつかっていた事なので、動脈硬化の検査も良い機会だと思っているようだ。

 時間つぶしに病院の周りを散歩しましたが、薄着では寒くて早々と院内に戻りました。

 建物の裏に「かくれみの」の樹木、久しぶりに見ました。

Kaidou1 Kaidou2_2

 駐車場にはカイドウが華やかなに咲いています。車上からはハナミズキの芽吹きと蕾が散見しました。街路樹ハナミズキの花が咲くのも間もなくでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

庭の花

P1302

 スズランが植えられている咲く庭の一角に、タチツボスミレが群生して咲くようになりました。

 何処からともなく運ばれてきた種子によるものだろう。数年前から数本のスミレを見るようになりましたが、こんなに群れて咲いたのは今年が始めてです。

 派手な桜の花と違って、半日陰の所に遠慮がちに咲いている姿は可愛らしいです。

 もともとはスズランを植えてある場所、スズランの生育に影響はないだろうか、少し心配しています。

 良く見るとスズランの芽が出始めていました。スミレの花はスズランを避けているようにも見えますが、少し肥料でを施してやろうと思います。

 鉢植えされた花々も春の陽気を感じて元気に咲いています。

P1301Photo Photo_2

タチツボスミレ       パンジー          ビオラ

Photo_3 Photo_4 Photo_6

ノースポール        マツバギク      ティフォシー 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

途中下車して「名主の滝」

途中下車して「名主の滝」
途中下車して「名主の滝」

新宿へ出かける用事があったので、少し早目に家を出て、途中下車してぶらり散歩をしてきました。
目的地は地図で見つけた「名主の滝公園」です。飛鳥山公園が有名なこの地域ですが、”名主の滝”とは何だろう?と好奇心を持ちました。
途中下車した駅は東十条、向かったのは王子駅までの一駅区間です。東十条は初めての利用でした。
この公園はJR京浜東北線の西側にあり、高台となる傾斜を利用して作られた女滝、男滝が有名で、そのほか、独鈷に滝、湧玉の滝があります。
入口にある、掲示板によると、
"名主の滝は王子村の名主畑野家が、その屋敷内に滝を開き茶を栽培して、一般の人々が利用できる避暑のための施設としたとあり、名称はそれに由来しているそうです。この時期は定かではないが、寛永三年(1850)の安藤広重による「絵本江戸土産」に描かれた「女滝男滝」が名主の滝にあたると思われ、それ以前のことと考えられます。
明治の中頃に所有した垣内氏が、氏の好んでいた栃木・塩原の景色を模して、奥深い谷の趣のある庭園に改築して、一般の利用に供したとなっていました。"
その後、所有が移り変わり、今は北区立の公園となっています。
そんなに広い公園ではないのですが、庭石がたくさん配置され、多くの草木が植えられ、滝から流れる水で渓流を作り、ミニ渓谷の雰囲気が味わえます。小鳥の鳴き声があちこちから聞こえてきます。最初に滝を造られた畑野家の「一般の人が利用できる避暑のため」という思い、今も利用者が感じている事でしょう。(以上、モブログです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

行田でお花見②

P0901_2

 昨日の行田のお花見の続きです。

 お昼を大分過ぎてお腹も空いていたので、手打ちうどんが美味しい「古墳亭」に行きました。老夫婦二人で賄うお店、以前に伺った時にゆったりと落ち着いた空間が気に入りました。残念ながら一定数量売り切れの店終いでした。

P0902_2

 道路の西側にうどんのチェーン店「元祖田舎っぺ」がありましたので入ってみました。まだ新しいお店のようです。

 うどんの手打ち作業が目の前で見られるます。出された盛りうどん、その長さは一㍍近くあり、付け汁に入れるのも、食べるのも大変です。量は多く味もまぁまぁでした。

 お腹が満足した後は花見散歩です。まずは入口近くにある小さな愛宕山古墳、古墳だと気づかれない方もいるでしょうね。

 墳丘の桜の木の根元に3体の石地蔵が佇んでいて、心安らぐ空間となっています。 

 目指すは丸墓山古墳の桜です。高さは古墳群の中で一番高く、19㍍近くあるので入口付近からもその姿が見えます。

 桜は古墳の頂上とそ周囲に集まっています。花は一番の見ごろでしょう。散った花もなくここ数日は楽しめそうです。

 下からの眺めも良いし、墳墓の頂きからの眺めも格別です。登り降りの階段が急で足腰が弱い方は大変です。

 桜の花越しに眺める稲荷山古墳と将軍塚古墳もなかなかのものでした。

 公園の中に天祥寺というお寺があります。1823年に忍藩主となった松平家の菩提寺として建立されたものです。墓地に立派な3基のお墓がありました。

P0903 P0904P0905

 忍藩主の松平忠尭(9代)、忠国(11代)、忠誠(12代)のお墓です。伽藍は建立途上と書かれていました。

 入り口の道路沿いに面白いお店があります。テレビ朝日「ナニコレ珍百景の店」に認定されたと張り紙がしてあります。本物の古銭がでる販売機があるとか。確かめてみませんでした。

P0906

 そして、ゼリーフライの暖簾が目に入りました。ゼリーのフライってどんなもの? と好奇心で買いました。

P0907 P0908 P0909

 張り紙に、小判の形をしているから銭フライと言われ、いつのまにかゼリーフライになりました。中身はじゃが芋、おから、小麦粉、野菜で作ったコロッケ風の揚げ物で、ソースで味付けされています。

 ゼリーフライを口にして道路の反対側、さきたま史跡の博物館がある区域を散歩しました。こちらにも数基の古墳があります。

 埼玉の名前の由来はいろいろ諸説あるようですが、この地の「さきたま」もその一つ、また、この地にある前玉(さきたま)神社も関係しているとか。

 前玉神社の社殿は急な小山の上にあります。この山が浅間山古墳だそうです。古墳にある木が朽ちて倒れ、除去作業中でした。

 遊歩道には小さな草花を見ることがあります。華やかな桜の陰で地道に春を謳歌しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

行田でお花見①

P0901 花見のシーズン真っ盛りですね。県北の桜はこれからが見ごろを迎えます。

 この時期は花冷えや花曇りとなって、なかなか良い天気に恵まれないものです。

 きょうは平年より低めの気温でしたが、風は穏やかで空は青空と、桜の花が映える絶好の花見日和となりました。

 きょうは行田の水城公園、忍城、さきたま古墳公園に行ってきました。

 順路からだとさきたま古墳公園からですが、丸墓山古墳の桜が有名で、きょうも花見客で大変混んでいました。駐車が大変そうなので先に水城公園、忍城に行くことにしました。

 平日で桜の名所と言われていないので、普段の公園風景、のんびりしたものです。

 整備された水城公園、行田市郷土博物館になっている忍城にも、桜の木は多く植栽されているので、桜の花を堪能できます。

 桜の花とお城はお似合いです。石垣にお堀も桜の花をひきたてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

権現堂は春爛漫

P0601

 黄色と薄ピンクのコントラスト、来て良かった。

 きょうの天気予報は晴れ、花見に行こうと思って起床してみたところ、空は曇がかかり気がそがれてしまいました。

 日が差し始めた午後に権現堂に出かけました。

 近くて遠いのが権現堂です。距離はわずか10数キロです。20数年前に途中まで行きながら、渋滞に巻き込まれ諦めました。それ以来足が遠のいていました。

 きょうも市内に入ってから渋滞でした。駐車場が広くなったと聞いていたし、帰る人もいるだろうと思って、歩くような速度も我慢しました。

 途中、横道に入ると駐車場の傍に出られ、駐車場では近くの車が出る所で直ぐに止めることができました。

 堤の上は今が見ごろの桜並木が続いています。目を見張ったのは堤を上がってから見た、黄色の菜の花畑です。

 きょうの主役はどっち? そんな感じがしました。

 やはり、菜の花畑から見る桜は絵になりますね。また、桜の花越しに見る菜の花もきれいです。お互いが引き立て役になっているようです。

 菜の花ってこんなに匂いがしたの? 菜の花畑の中に入ると、菜の花の甘い匂いを感じました。

 権現堂は桜の名所と聞いていましたが、人出も多いですね。これだけの眺めをみられれば、時間がかかっても来た甲斐がありました。

 午後の菜の花畑からの眺めは逆光です。晴れた日の午前中、それも早めに来られたら、なおさら良い眺めだろうと思われます。

 写真だけをデジブックにアップしました。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

雨の桜

P0501

見沼代用水・八間堰の下流から

 4月に入ってからは雨と寒い日が続いています。良い天気は3日の一日だけです。

 1日はまだ蕾だけっだったので、こんな陽気で桜の見ごろも遅くなるだろうと思っていました。

 雨と寒さに関わらず、いつの間にか七分咲きを過ぎたようです。

 人にとっては青空の桜を求めますが、桜にとっては恵みの雨なのでしょうか。

 水もしたたる桜の花です。

P0502_2

P0503_2

 満開後に降る雨は花を早く散らしてしまいますが、いまの雨は桜にとって滋養になっているようです。

 明日の天気予報は晴れ、絶好の花見日和になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

圏央道の橋脚

P0301

 JR利用時には圏央道の工事現場、東北自動車道が交差する久喜白岡JCT付近を通ります。

 聳え立つ圏央道の橋脚の高さと数に、立体的な美しさとともに、コンクリートの冷たさを感じ、写真を撮りたいと思い続けていました。時間と車を止めるスペースが気になり延び延びになっていたのです。

P0302P0303

 今まで、打ちっぱなしのコンクリート肌だったのが、工事が始まったようでその周りに囲いができています。コンクリートだけの状態に魅力を感じていたので、遅かったなとちょっとがっかりしました。

 思い切って工事現場に止めたところ、農道脇に駐車のスペースを見つけ、写真撮影ができました。

 備前堀川と並行に建つ橋脚は、堤に咲く満開の菜の花を前景に、西日の光を受けて暖かく感じました。

P0304 P0305

 この橋脚は久喜白岡JCTと茨城方面を結ぶ道路になります。この上を車が走るようになるのは、24年度の予定なので、2年以上先のことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

花見の後は雪見

P3105

 昨日は群馬県・片品村の丸沼高原スキー場へ行ってきました。

 前日の冷え込みは、山に雪を降らせたようです。スキー場へ向かう国道120号線、別名ロマンチック街道も鎌田の交差点を過ぎて暫らく走ると、山肌や街道の日陰部分の一部に雪が残っていました。

 冷え込みと降雪のお蔭で、ゲレンデは春を感じさせない良いコンディションでした。

 スキー場の最上部は2000㍍と高い位置にあります。ゴンドラを下りると、関東以北で最高峰の日光白根山の山頂部が目の前に見えます。溶岩ドームの山肌は迫力を感じます。

P3100

 雪山の眺望もスキー場へ来た楽しみのひとつです。靄がかかり安いこの時期としては良い眺めでした。

 西から真っ白に雪を抱いた浅間山、四阿山、草津白根山、目の前に武尊山の山塊、直ぐ右に谷川岳、そして尖った笠ケ岳、真っ白な至仏山が見えました。ゴンドラの途中では四朗岳の裏側右に燧ケ岳が顔を出します。

 ここのスキー場へ来て、これだけの眺めに出会えたのは始めて、来た甲斐がありました。1

P3104 P3103

P3101 P3102

 スキーは2月末から一か月振りです。連れ合いの体力を考えながらゆったりペースの滑走です。

 昼食後に一時間ほど滑り、少し疲れを感じたので休憩にしました。

 コーヒーを飲みながら「疲れただろう」と聞くと、「全然疲れていない」と言う。

 「今日は雪質が良いし、ゲレンデも荒れていないので楽に滑れたわ!」

 「エッー!」気を使ってゆっくり滑ったつもりも、疲れていたのは私の方でした。真面目に雪を捉えながら滑ると疲れ、流して滑ると疲れが少ないのです。

 年齢と体力を考えれば、ガツガツ滑るより優雅な滑りを目指すべきでしょうね。  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »