« お彼岸でお墓参り | トップページ | 玉川上水の山桜 »

2010年3月23日 (火)

モクレン

P2302

ハクモクレン

 私の中では「モクレン」と言えば、紫色の花でした。

P2301

 今の時期、いたる所で見られるようになったのが、白い花の「ハクモクレン」です。

 ハクモクレンがモクレンを代表するようになったみたいですね。

  白い花が好まれたのか、繁殖力が良いとか、育て方が簡単なのか、理由は分かりません。

 紫色のモクレンは「シモクレン」と呼ばれています。

 ハクモクレンに似た花にコブシがあります。

 ♪ 白樺 青空 南風 辛夷(コブシ)咲く ♪
 ♪ あの丘 北国の 北国の春 ♪

 歌「北国の春」の中で歌われています。コブシは北国でも春を告げる花のひとつです。

P2304_2 P2303 P2305

コブシの花    蕚の下に葉を付けた花   コブシの果実

 コブシの方が日本全国に分布する花なのに、庭木として植栽されるはハクモクレンが多いようです。

 凛とした花の形が好まれるのでしょうか。

 遠くから離れて眺めると見分けがつきません。

 その見分け方ですが、ハクモクレンは花がみんな上を向いています。上昇志向が強いようです。また、化弁が開き切ることはありません。花も大きめなものが多いです。

 コブシの花の向きは自由奔放です。そして、花の萼の下に一枚の葉が付いています。

 秋には握り拳に似た果実がなります。

 コブシには近縁種が多いので、この見分け方が全てに通用するのか分かりません。

 もっと紫色のモクレンの花を見たいと思います。

|

« お彼岸でお墓参り | トップページ | 玉川上水の山桜 »

」カテゴリの記事

コメント

青さん

おはようございます。

モクレンとコブシの解説をありがとうございました。
先日、近くにある白い花は何かで家内と議論になりました。
解説に従って、今日、見に行ってきます。

投稿: 昭JIJI | 2010年3月24日 (水) 05時57分

昭JIJIさん お早うございます。

コブシとハクモクレンを混同しておられる人、多いようです。
私も長い間、ハクモクレンをコブシと思っていました。
名前を知ると、花を見た時の気持ちも変わるでしょうね。

投稿: 青さん | 2010年3月24日 (水) 07時24分

青さん こんにちは!
もくれんと言えば、私は、紫よりハクモクレンを、イメージしますが、我家にあったのは、こぶしの木です。父が植えたもので、電線にまで届きそうになっていました。引越しの時、解体屋さんが、処分していましたが・・・
今、ハクモクレンやコブシの花を見ると、とっても懐かしい気がします。

投稿: でこ | 2010年3月24日 (水) 15時28分

でこさんへ

今の地域にきてから、ハクモクレン、コブシを多く見かけるようになりました。大きくなりますでしょう! 広い場所でないと管理が大変です。
大木にならないシモクレンは、庭木に適していたのでしょうね。

投稿: 青さん | 2010年3月25日 (木) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モクレン:

« お彼岸でお墓参り | トップページ | 玉川上水の山桜 »