« 石・・・何に見える | トップページ | モクレン »

2010年3月22日 (月)

お彼岸でお墓参り

P2201

 お彼岸のお墓参りをしてきました。菩提寺は生まれ育った国分寺にあります。

 今日は道路が空いていたので、予定よりよりかなり早く着きました。兄弟の中で一番早かったようで、お墓の清掃をしてお線香をあげてきました。

 生前、母をお墓へ連れてくるのは私の役割でした。水子地蔵の前に立つ慈母観音像をいつも母はお参りしていたいました。これからは母を見守って欲しいと思います。

 実家で一族が集合、兄弟夫婦、甥姪、その子供たちで18名と賑やかな一日でした。

 月日の経つのは早いものであと3カ月で母の一周忌です。法要の日時、段取りを決めてきました。身内だけで総勢30名近くが集まりそうです。

 一族がこれだけ集まるのは、これが最後だと思います。母親が住んでいた実家は近々処分するので、集まる場所が無くなってしまいます。

 一族を結集させる母親の力は強かったですね。寂しい気がしますが、春・秋の墓参りは続けて行こうと思います。

 東京はお盆よりお彼岸に重きを置いているように思います。我が家だけかも知れませんが。

|

« 石・・・何に見える | トップページ | モクレン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さんへ
お母様が、お住まいになっていたお家 取り壊しになるのですか?寂しいですね。
3ヵ月後には、1周忌、早いですね。親族30人も集まってくれるなんて、お母さん、きっと 喜んでくれる事でしょうね。

投稿: でこ | 2010年3月24日 (水) 15時34分

でこさんへ

事情があり、処分します。母の思い出が無くなるよで寂しいです。
お彼岸には姉兄弟だけは集まろうと思っています。
母は我が家にとって「神様」みたいな存在でした。
感謝の意を込めて孫やひ孫まで集まってくれます。

投稿: 青さん | 2010年3月25日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸でお墓参り:

« 石・・・何に見える | トップページ | モクレン »