« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

噂の慶福寺・枝垂れ桜

P3001

 朝の冷え込みにビックリ! 3月末だと言うのに真冬に戻ってしまいました。

 今年は真冬でも凍る事が少なかったのに、外の洗い場に置かれたバケツの水も凍っていました。

 透きとおるような青空に富士山が見られると、期待してビューポイントに向かいました。

 午前8時、日の出から2時間半も過ぎていました。気温が上がってきたため、霞みが掛かったような富士山の姿、遅すぎたようです。残念!

 午後からブログを通した仲間のオフ会に出席しました。場所はなぞの「たけし蕎麦屋」さん。 何と言っても安いのが売り物です。

 普段ブログを投稿している人の話題は多岐済々にわたり、予定の2時間はあっという間に過ぎました。

 その後、みんなで慶福寺に詣でて、噂の「枝垂れ桜(別名=将軍桜)」を楽しみました。

P3006

P3004 P3003

P3007P3005

 開花の時期の心配は杞憂に終わり、私たちを待っていたように満開の姿で迎えてくれました。

 桜以外にも慶福寺の境内にはたくさんの花が植えられ、花の観賞・撮影を楽しみました。

P3011 P3012 P3013

P3014 P3015 P3016

P3017P3018_2P3019

 お花の名前を教えてくれた「くまちゃん♪」さん、ありがとう!。

 花見の後はティータイム。こちらも噂で聞いていた、古民家風の「温々(ぬくぬく)」という喫茶店。

 落ち着いた雰囲気の中、美味しいコーヒー飲みながら、談笑が続きました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

花見で旧交を温める

 きょうは約30年前に同じ職場だった仲間と、旧交を温めるために新宿御苑の花見に行ってきました。

 集まったのは4人、お一人は今年72歳を迎えられる大先輩です。

 計画は3月の10日ごろ、月末なら桜も見頃になっているだろうと、予想していました。

 気温は低いながらも、まずまずの天気、陽が見えると暖かく、雲が覆うと寒風が吹き、太陽の有難さを感じました。

 と思っていたのはお昼過ぎまででした。小雨がぱらついたり止んだり、にわか雨にも見舞われました。冷たい雨です。

 2度も休憩所に避難し、花見は諦めて飲食の席に変えました。

 花の方はそれなりに楽しめました。今の一番はシダレザクラ、そして一本の木から紅白の花が競うハナモモ”源平”です。

 ソメイヨシノは三分咲きといったところ、今週末が見ごろかも知れません。

 飲食と話がメイン、少ない写真の中から一部をデジブックにアップしました。宜しかったら御覧ください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

自治会定期総会

P2801

 10時からお昼過ぎまで自治会の総会でした。

 21年度の報告と22年度役員、予算、計画などの議事で行われた。

 会長が病気のため、新会長を選出した他はいたって平穏な総会でした。

 市町村合併によって、自治会の運営がどうなるか、まだ手探りの状況です。

 役員の方は総会に向けた資料作成など大変だったと思われます。ご苦労様でした。

 我が家は班長の役を終え、次期の班長に引き継ぎました。

 午後からはパソコンで昨日の復習と修正、時間の経つのを忘れ、夕方までモニターに向かっていました。

 夕飯は久しぶりに連れ合いと外食にしました。

 好みの狭い連れ合いに合わせた料理をいただきました。

 外出以外で外食は久しぶり、連れ合いも楽だし、違った味わいも良いものです。

 そういえば、市町村合併して6日も経ったのです。合併によって何かが変わるのか、良い方に変われば良いが、どうなんでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

歌の練習?

P2701

 同じ歌を数十回も聴くことになった。

 いくら好きな歌でもこんなに聴いた事はない。

 石川さゆりのヒット曲「津軽海峡・冬景色」だ。

 ♪ 上野発の夜行列車・・・・・・・・・ ♪

 ♪  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪

 ♪ 津軽海峡 冬景色 ♪

 一番はともかく、二番以降の歌詞はうすら覚えだった。

 Ppt(パワーポイント)を使った「カラオケ」作成をおこなった。

 「カラオケ」の作成が本来の目的ではない。

 Pptの機能・操作の練習だ。

 「カラオケ」という遊びを通した学習は嵌りやすい。

 時間を忘れて熱中してしまう。

 数十回にわたる音合わせのためのリプレイは、何処へ言っても口ずさむようになってしまった。

 今夜の夢の中で歌っている姿が想像される。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

学習の前に目、腹いっぱい!

P2611

 日差しが覗く天候で、予定時間より少し早めに家を出ました。

 いつもの車の通り道、車窓から眺めていた西福寺に立ち寄りました。

 北、東、南側を低地に囲まれた台地の上に建つ西福寺は、山号を松崎山という曹洞宗のお寺です。

P2610P2626

 お寺の掲示板によると、開創年代は不明ながらも、開山は常泉寺(近くの染谷)の第四世禅怒宗明禅師で1543年に亡くなっているので、古いお寺であるという。

 期待していた侘寂の境内という感じではありませんでした。

P2614 P2615

 きれいな若木の紅華桜、玄海つつじ?、ボケの花に気持ちが向きました。

P2612 P2613 P2625

 紅華桜は数十年後には名木となるのでしょうか。

 目的地ではユキヤナギに迎えられ、Mさんが手配してくれたお弁当に差し入れのトマト、大好物のIさん手作りのうずら煮豆、こんにゃくでお腹はいっぱい、ハッピーなひと時でした。

P2627P2616P2617

 皆様ごちそうさまでした。こんにゃくは誰の差し入れだったのかな? お礼を言わずに失礼しました。

 目的はなんだったのでしょう? ワードアートにクリップアート、表作成に各種の書式設定、光さん講師による案内状作成で学習しました。ワードにこんな機能があるの、方法があるのと勉強になりました。

 理解したつもりが、直ぐに消えゆく脳細胞は悩ましいが、頭も機械も使って慣れるしかないですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

玉川上水の山桜

P2402

 昨日は姉からの依頼されて、実家に出かけた。不動産購入のための支払い準備と銀行口座の整理、一人では不安だと言う。

 通勤時間帯に都内に向かう道路を走るのは久しぶりだ。普段は混むので時間をずらすようにしている。

 案の定、外環道路に入ると渋滞に捕まってしまった。川口西から和光まで自転車並みの速度だ、雨も影響しているのだろう。

 大泉から田無を経由して五日市街道を走る。狭く混雑する道路だが、玉川上水を包みこむような樹木にはいつも癒される。

 玉川上水沿いの樹木のひとつが桜の木です。それも山桜、昔から有名です。

P2403 P2401

 今の開花状況は咲き始めた木をたまに見つけるほどです。

 山桜は葉が出るのと花が咲くのが一緒、葉も少し赤茶色で目立たず、他の桜のような派手さはありません。

 私にとって小さい頃の桜と言えば、この玉川上水沿いと西武多摩湖線(今は萩山線)沿いの山桜でした。

 その後、井の頭公園や多摩湖(村山貯水池)でソメイヨシノを見た時の驚きは今でも覚えています。

 今は桜と言えばソメイヨシノを想起しますが、車でこの地を通る時に山桜を見ると、懐かしさとともに落ち着いた美しさに安らぎを覚えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

モクレン

P2302

ハクモクレン

 私の中では「モクレン」と言えば、紫色の花でした。

P2301

 今の時期、いたる所で見られるようになったのが、白い花の「ハクモクレン」です。

 ハクモクレンがモクレンを代表するようになったみたいですね。

  白い花が好まれたのか、繁殖力が良いとか、育て方が簡単なのか、理由は分かりません。

 紫色のモクレンは「シモクレン」と呼ばれています。

 ハクモクレンに似た花にコブシがあります。

 ♪ 白樺 青空 南風 辛夷(コブシ)咲く ♪
 ♪ あの丘 北国の 北国の春 ♪

 歌「北国の春」の中で歌われています。コブシは北国でも春を告げる花のひとつです。

P2304_2 P2303 P2305

コブシの花    蕚の下に葉を付けた花   コブシの果実

 コブシの方が日本全国に分布する花なのに、庭木として植栽されるはハクモクレンが多いようです。

 凛とした花の形が好まれるのでしょうか。

 遠くから離れて眺めると見分けがつきません。

 その見分け方ですが、ハクモクレンは花がみんな上を向いています。上昇志向が強いようです。また、化弁が開き切ることはありません。花も大きめなものが多いです。

 コブシの花の向きは自由奔放です。そして、花の萼の下に一枚の葉が付いています。

 秋には握り拳に似た果実がなります。

 コブシには近縁種が多いので、この見分け方が全てに通用するのか分かりません。

 もっと紫色のモクレンの花を見たいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

お彼岸でお墓参り

P2201

 お彼岸のお墓参りをしてきました。菩提寺は生まれ育った国分寺にあります。

 今日は道路が空いていたので、予定よりよりかなり早く着きました。兄弟の中で一番早かったようで、お墓の清掃をしてお線香をあげてきました。

 生前、母をお墓へ連れてくるのは私の役割でした。水子地蔵の前に立つ慈母観音像をいつも母はお参りしていたいました。これからは母を見守って欲しいと思います。

 実家で一族が集合、兄弟夫婦、甥姪、その子供たちで18名と賑やかな一日でした。

 月日の経つのは早いものであと3カ月で母の一周忌です。法要の日時、段取りを決めてきました。身内だけで総勢30名近くが集まりそうです。

 一族がこれだけ集まるのは、これが最後だと思います。母親が住んでいた実家は近々処分するので、集まる場所が無くなってしまいます。

 一族を結集させる母親の力は強かったですね。寂しい気がしますが、春・秋の墓参りは続けて行こうと思います。

 東京はお盆よりお彼岸に重きを置いているように思います。我が家だけかも知れませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

石・・・何に見える

P2006

 春本番の暖かさ、上着を脱いでも汗ばむ陽気でした。

 柳の枝に緑が芽生えてきました。この時期の微風になびく柳の姿がきれいですね。

 公園の池の淵に大きな石が置かれています。大きさや形を組み合わせ、それぞれ趣向を凝らしています。

P2001

 石を置いた人は何を思って配置したのだろう。その石を見る人は何を考えるのだろうか。

 私はそれぞれの石を眺めていて、生き物のように見えたりしました。イヌ、オットセイ、カメ、見る方向、気分によって変わります。人によっても変わるでしょう。こんな見方って邪道でしょうか。

P2002 P2003

P2004 P2005

 このような石の形になるまでにどの位の歳月が掛かるのだろう。

 岩肌が崩れ、谷を転がり、水によって流され、石同士がぶつかり削られる。風雨と歳月が石肌を風化させ、角が取れてくる。

 美しい自然石はこうして生まれてくる。自然のままであれば、また割れて小さくなり、川に流され小石から砂となる。人間では見る事のできない自然界の営みです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

鮮やかな寒緋桜

P1901

P1900P1902

 これが桜の花、いつも感じてしまうのが鮮やかな寒緋桜です。

 沖縄本島の北部にある本部(もとぶ)半島の本部町で、1月中旬に桜まつりが行われます。日本で一番早い「桜まつり」だそうです。関東では寒さが一番厳しい時なのに、暖かい沖縄だからですね。

 桜まつりの花が寒緋桜。沖縄や鹿児島では桜と言えばこの寒緋桜のことだそうです。もともとが南の地域の花なのでしょう。関東でも早咲きの桜としてよく見かけるようになりました。

 「緋」の文字示すように紅色が濃いピンク色、釣り鐘のように下向きに咲く花は、一般的な桜の花とは趣きが異なります。

 咲いて直ぐ散るソメイヨシノなどとは違って、咲いている期間も長いですね。

P1903 P1905 P1904

 この花を見に訪れたのが、光明山・幸福寺という曹洞宗の禅寺です。門や鐘楼の姿から由緒ある古刹のように思えます。

 一説によると、この地は武蔵七党のひとつ野与党に属した栢間(萱間)氏の館跡ではないか? と言われています。

 赤とピンク色に咲いているのは大きな梅の木です。鐘楼前の樹形が整えられた梅の花もきれいでした。

 昨日が彼岸の入り、お墓参りに訪れる人がちらほら見受けられました。我が家は22日に予定しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

花粉症のピークは終わり?

P1801_3

P1802_6

 テレビニュースで杉花粉のピークは過ぎたとのでは報じられていた。結構なことと喜んでいます。

P1803 P1804

 杉花粉は2月ごろから5月上旬にかけて飛散し、花粉症の人を悩まします。花粉を飛散する杉は桜前線と同じように低地から高地へと移っていきます。

P1805 P1806

 高尾山の杉の様子を放映していました。最初に飛散する低地の杉の雄花はすでに落ちていました。これから飛散するはずの高地の雄花もたくさん落ちていました。

 この状況から、ピークを過ぎたのではと報じていました。うれしい光景でした。各地の杉も同じ状況だと良いのですが。

 例年はこれからが症状が一番悪くなる時期、今以上の症状にならいということだろう。

 そう言えば、今日のような微風で穏やかな日は症状が悪いものだが、全く気にならなかった。気のせいだろうか?。この状態ずっと続いて欲しいものだ。

 日当たりの良い雑地では菜の花が鮮やかでした。珍しい白いたんぽぽに出会いました。ホトケノザも今がピーク、地味な花も群生しているときれいですね。

(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

ボケの花

P1702

 梅や桜の花が春の主役を演じています。

 背丈の低いボケはあまり目立たず脇役の感じかな。

 年末に咲いているのを見かけますが、寒ボケと言うらしい。

 雑木林に見かける低木は草木ボケ、黄色い実の酸っぱさが懐かしい。たしか”しどみ”と呼んでいたように思う

P1701

 ボケと言う呼び名は好きな言葉ではないが、名前とは裏腹に華やかなでしっかりした花です。暖かさも感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

庭木の手入れ

 暑くもなく、寒くもなく、庭木の剪定を思いつきました。

 サザンカの花はもう終わりました。この時期がサザンカの剪定時期です。遅くなると来年の花芽の付く新芽を切ってしまいます。

 もっと厄介なのが毛虫です。イラガの幼虫のチャドクガという強面が出てきます。気候にもよりますが、5月前後と9月前後に発生します。

 昨年は4月中旬ごろに切ろうと思ったら、すでに発生していました。暖かったから早かったのでしょう。

 毛虫の付いた葉を取って焼却しましたが、もう作業する気がなくなりました。当然刺されるも厭ですが、なにより毛虫が大嫌いなのです(思い出しただけで鳥肌が・・・・・)。

 昨年の事を思い出し、きょうの作業となった訳です。

 サザンカは枝を詰めれば良いので直ぐに終わりました。

 ついでにイヌツゲの剪定をしました。イニツゲはまがりなりにも樹形をつけたもの、ついでの作業では済みません。

P1501 P1502

  剪定前             剪定後

 「いい加減で止めて、またにしたら!」と連れ合いは言うが、やりだすと途中でやめられない性格の私。イヌツゲ2本に草むしりと清掃でほぼ一日かかりました。

 これでしばらくは気持ち良く居られます。この充実感がたまらなく良いのです。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

新宿御苑の桜

新宿御苑の桜
新宿御苑の桜
 見頃を迎えた桜です。桜の種類はシュゼンジカンザクラ、名前からして伊豆の修善寺に関係があるのでしょうか? きょうの目玉はこの桜のようです。ここの人だかりが一番多かったです。
 定例会合の前に新宿御苑に立ち寄り、春を迎える様子を見てきました。
 都内は我が街と比べると春の訪れは少し早いですね。
 ハクモクレンの花も一気に開花し、白い花を誇らしげに見せています。
 カンザクラは散り始めていました。お花見は再来週以降が良いのではないでしょうか。 (以上、モブログからの投稿です)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

冬季パラリンピックが開幕

P1301

 障がい者のスポーツの祭典、冬季パラリンピックがきょう開幕されました。

 今回で10回を迎えた大会、オリンピックと同じ会場を使用して行われます。

 オリンピックの中で競技出来れば良いと思いますが、理由があるのでしょうか?

 メディアの事前の取り上げも少ないように感じます。もっと盛り上げて欲しいと思います。

 TV中継も少ないようですね。11時からの開会式の模様は20時からのダイジェスト放映でした。ちょっと不満です。

 ハンディキャップを持ちながら、健常者以上の競技を披露してくれて、感動を与えてくれます。同じ様に身体にハンディを持つ人たちに勇気を与えてくれるでしょう。

 大会が行われるバンクバー市長のサム・サリバン氏は、若い時から頸椎損傷で車椅子生活をしています。

 当地では市長の障がいを取り立てる事もなく、自身も触れようとしないそうです。健常者と障がい者が特別な意識を持たないで、当然のように生活していける社会を目指しているように思えます。

 パラリンピックが良い大会になるとともに、選手の皆さんのプレーを楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

ハナニラ

P1202P1203

 原産地は中南米と言われているが、日本的なイメージの花です。日本的なイメージって何? と問われると困ってしまいますが・・・・・・。

 葉は水仙より細め、食用の本物のニラよりは太めです。名前の由来のようにニラに似た独特の匂いと裏腹に、花の香りは甘い感じがします。

 三枚の花が上下に重なったような六枚の花弁で、可愛らしい花です。春を知らせる花のひとつでしょう。

 下の花が食用のニラの花で、花期は9月中旬です。

Nira_3

 きょうのPC例会はエクセルの学習でした。表は基礎的な体裁のもので、作成は難しものではなかったが、S講師の関数の入れ方、オートフィルを使った手順は、普段やった事がないもので大変勉強になりました。

 同じものを作るにしても、早く簡単な操作で出来るのが分かりました。PC操作の奥深さを知り、頭の柔軟性が必要と感じました。頭の方が心配、どうなるのかな?。まずは復習からです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

 要再検査で病院へ

 昨秋の健康診断で夫婦ともに要再検査の指摘を受けていた。急を要するものではないと判断し、何処の病院にいこうか? 何時行こうか? と、今まで行かずにいた。

 年度末までに行かなければと今日、上○中○○○病院へ行ってきました。人間ドッグで何度も利用した病院だが、診察で受診するのは初めてです。

 受付から診察室へ旧の施設と新しい施設がつながり、まるで迷路のようです。やはり駐車場に戻る方向を間違えました。

 診察結果は重い病気の疑いをかけられた私は問題なし、ホットとしました。軽いと思った連れ合いは問題はないが、念のためCT検査をして置きましょうと言われ、次回・次々回の予約をして来ました。検査で異状の無い事を願う。受付から会計まで4時間は長かったですね。

P1101

 上○まで来たついでに、連れ合いが始めてと言う丸山公園に寄って来ました。

P1102

 まだ華やかさはないが、少しずつ春が息づいてきました。川べりの草、柳の枝が緑に色付いてきました。3、4年前に植えられた河津桜が花を咲かせています。華やかに咲くようになるのは何年後だろうか?。

P1103 P1104

 北西の風に流されてくる牧場の香りが強かったです。これも自然の姿ですね。 

P1105

 小動物園のミーアキャットは愛くるしいポーズで迎えてくれました。

 連れ合いはこの公園を気に入ったようです。樹木や池など景色が良い、歩くコースに変化があると言っていた。3週後に病院に来た時に寄って見たいと思う。ちょうど桜が咲くころだろう。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

思いも寄らぬ積雪

P1001

 昨夜の11時ごろ、外からドスン、ドスンと音が聞こえてきました。

 外へ出て見ると、大粒の雪が舞い降り一面雪景色になっていた。夕方までみぞれ模様だったが、夜になってから雪に変わったようだ。こんなに積もるとは思いも寄らなかった。

 雪の降る夜はシーンという音が聞こえてくる?・・・・ような静けさです。時たまドスンという音がする。雪が屋根からベランダに落ちる音だ。

 降りながら落ちるとは、かなり湿った重い雪だろう。

P1002 P1007

 交通状況を気にして朝を迎えたが、道路の雪はほぼ溶けていて、残った雪もシャーベット状態だ。杞憂に終わって良かった。

 公園ではソリで遊ぶ親子ずれ、楽しいそうな歓声が聞こえてくる。

P1008 P1009

 人が踏み入らない道の雪が溶けだし、シャーベット模様を作っていた。模様が珍しく見えたのでカメラに納めてみた。

P1003_2 P1004_2

 水滴をつけたネコヤナギの花穂、開花し始めた赤い花穂(これもネコヤナギかな?)、林の中で雪の重みに耐えて咲くクリスマスローズの花が、春の到来を待っている。

P1005 P1006

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フサアカシアは間違っていた

 昨日の投稿「フサアカシアではない?・・・」、やはりその通り、間違えていました。

 家の近くで見かける3本ともギンヨウアカシアでした。

 今までフサアカシアとして投稿していた件、訂正いたします。

 花は大きさの違いがあるとはいえ、見た目では分かりずらいですね。

 葉を見ると一目瞭然その違いがわかります。葉の写真を掲載しますので確認ください。

左=ギンヨウアカシア                右=フサアカシア

P1020_2 P1021_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

フサアカシアではない・・・?

P0904_2

 この時期、ボンボリのような黄色い花をいっぱい付けた木を見かけます。

P0903

名前はフサアカシアと昔から思っていました。

 きょうも散歩の時に写真を撮りました。なんとなくネットを見ていたら、同じ仲間でそっくりな別名の木がある事を知りました。

 ギンヨウアカシアです。違いは葉の破片が10~20対くらいで、葉と花が大きいのがフサアカシア、破片が3~5対くらいがギンヨウアカシアだそうだ。

 大きさは比べようがないので、葉の破片の数を見れば分かるだろう。写真ではそこまで認識できないので、近いうちに確認したいと思う。

 周囲の人に間違った事を言っていたようだ。知らなかったとはいえ恥ずかしい思いだ。

 思い込みってかなりありますね。どんな事でも聞いたり調べたり、新しい事を知るって大切だが、知ってもすぐに忘れる頭脳に呆れます。

 今日は1年2カ月ぶりにパワーポイントの勉強をしました。案の定すっかり忘れていましたね。マニュアルを見ないと分かりません。

 日常的に使用していないものは、必要な時に困らないように、時間がある時に操作してみることが大切です。繰り返し復習することが覚えること、改めて痛感しました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

DVDの表紙作成と梱包

P0801

 友人に贈るDVDの表紙を作成し、挨拶文と一緒に梱包しました。

 プリンタはDVDに直接印刷できる機能がないので、写真の入った表紙をPhotoshopで作り、印刷出力しました。DVDが2種類44枚、切った貼ったの作業で手間が掛かりました。新しいプリンタが欲しくなりますね。

 先日、クッション付き封筒を買いに行ったのですが、必要な数が置いてなくて今日も買いにいきました。色違いですがどうにか足りました。

P0800 P0802

 平日のショッピングモールは空いています。ゆっくり買い物するのに良いですね。

 運動がてらにウィンドショッピングをしました。

 スポーツ店でスキー用品のチェック、あまり品数はありませんね。やはり神田に出向かないとダメかな。

 電器屋にも寄ってみました。テレビに冷蔵庫にエアコン、みんな欲しいなと思っているものばかり。パソコンとその周辺機器関係を眺めていたのが一番長かったですね。商品が少ないので購入検討の際には、いくつかの店にいったりネットで調べる必要を感じました。

 購入するかは決めていないが、調べている時が楽しい時間です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

ジョウビタキ、いまだお泊り中

P0701

<顔が青いのはフラッシュのため、実物は黒っぽい色です>

 雨が降り続き肌寒い日でした。

 家から一歩も外出しない隠遁のような生活で一日を過ごしました。

 玄関の軒天を定宿にしていた雀とジョウビタキ(オス)、雀は新しいお宿が見つかったようで見かけなくなりました。

 ジョウビタキ(オス)は相変わらずお宿にやって来ます。天候に関係なく明るくなると出かけて夕方になると戻ります。規則正しい生活をしていますね。

 

P0702

 宿に戻ったジョウビタキは周りが静かなら、羽毛も立てて丸い毛糸玉のようにしています。この姿だと顔も見えず何の鳥か分かりませんね。寒さから身を守ってお休みしているのでしょう。

 カメラのフラッシュで目が覚めてしまったようです。お休み中のお邪魔をしてしまったようです。

 この間、気が付いたのが宿で休んでいる時は、雀と違って全く糞をしません。行儀が良いと連れ合いも喜んでいます。梁と玄関先の掃除をしなくて良いのですから。

 暖かくなるとシベリアの方に帰るそうですが、何時頃になるのでしょう? 寒さが戻ってきたのでしばらく家族の一員で居てくれそうです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

暖かさに誘われて②

P0607

 昨日の武蔵丘陵森林公園の散策の続きです。

 満開の梅林などきれいな花を愛でた後は、里山をハイキング気分で歩きました。

 メイン道路は舗装されていて車椅子を使った散策も可能です。園内バスを使った移動もできます。

 健脚の人は野草コースや自然路コースを歩かれると良いですね。

P0611_2 P0602_3 P0603_2

 自然林と里山を生かした公園づくり、雑木林と松林に竹林もあります。多くの沼が配置され水生動植物も観察できそうです。

 野草コースは厚く落ち葉が積り、クッションの上を歩いているようでした。足腰に優しい感じがします。

P0604 P0605 P0606

 林の中は侵入禁止です。これから芽を出す野草を守るためでしょう。下草刈りはきちんと行われていました。

P030601_4 P030602_4 P030606_4

 道の途中にセツブンソウの看板がありました。落ち葉の中に目を凝らすと小さな白い花が見つかりました。看板がなければ見過ごしてしまいそうな可愛い花です。近くにはマンサクも咲いています。

P030503 P030604_2 P030605_2

 コースの入り口近くの岩陰に、ピンクの花を咲かせてオオミスミソウの可憐な姿が見られました。その裏に白い花が一輪、キクザキイチゲのようです。時期的にはちょっと早い気がするだけに得をした気分です。

 かたまって植栽された福寿草もきれいだが、雑木林の中の福寿草は輝いて見えます。

 いずれの花も近づいて写真を撮ることはできません。腕もさることながら花をきれいに撮れませんでした。

 園芸用の改良された花は華やかできれいです。我が家でもプランターなどで楽しんでいます。

 林の中や岩陰、湖沼の脇で咲く自然の花、決して派手さはありませんが、じっくり見ると可憐な美しさが倍加してきます。

 これからが多くの山野草が咲く時期です。山野草を求めた散策やハイキングが楽しみな季節です。

 花粉症がなければ・・・(´;ω;`)ウウ・・・

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

暖かさに誘われて①

P05000 P05011

 青空と暖かい陽気は洗濯日和&お出かけ日和です。

 急いで家事を終わらせ森林公園に出かけました。

 地元に住みながら始めての訪問です。遠い所と思っていましたが意外と近い所でした。道路も空いていたので約50分で着きました。

 一足早く春が来た景色、菜の花が咲き誇り、満開な梅が迎えていました。梅の種類はなんと100種類以上とか、白にピンクに紅色と名前を見ても覚えられません。

P05012_2 P05013_2 P05014_2

P05017_2 P05018_2P05016_3

 サンシュユの花と黄水仙、一面に咲く福寿草の黄色い花が彩りを添えています。

P05015_2 P05021_2 P05020_2

P05019_2 P05022_2 P05023_2

 午後になると気温がグーンと上がり、暑くなりました。上着を脱いでも汗ばむ陽気、きれいな花に感激したように、涙と鼻水が出てきます。

 今年は軽いと思っていた花粉症の症状が出てきたのです。毎年の事ながら花見に鼻水が付きものになっています。(´;ω;`)グシュン・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ビッグな”ひな飾り”

P0201

 明日はひな祭り。

 人形のまち鴻巣市でビッグな「鴻巣びっくりひな祭り」が開催されています。

 会場は市役所ロビーと駅前ショッピングモールの二か所で、期間は6日まで。

 きょうは市役所を見てきました。

 今年で6回目を迎えて大きさはさらにアップ、市役所に飾られたピラミッド形ひな飾りは日本一の高さです。

 二階に通じる階段にも飾られています。

P0211

 400年近い伝統に培われた手工芸、鴻巣のひな人形ならではの規模です。

 他にもいろいろなお雛様が飾られています。

P0203 P0204 P0205

 玄関脇にはかぐや姫のように竹の中に可愛いお雛様が

P0206

P0207 P0208 P0209 P0210

 みんな可愛い顔ばかりです。

 介護士さんに付き添われた多くの先輩達が来場されて、記念写真を撮ったり楽しいひと時を過ごしておられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

同志を追悼

P022801

 毎年この時期になると、この地でかつての同志の墓参会が行われてます。

 生憎の雨と寒さに関わらず、遠くは北海道からも含め30数名が集まりました。 

P022803

 墓前に花を手向け、お線香を手に弔意を込めて一礼、わが身の生き方を問い直す機会になります。

 今年は40年目になりました。当時20代前後の若者でしたが、みんな還暦を過ぎたお爺さん、お婆さんになりました。

 墓参後に行われた懇親会、献杯の後に出席者の挨拶が行われました。今日初めて会う人もいました。亡き彼が会わせてくれたのです。

 身体が動く限り墓参会を続けることを確認し、散会となりました。

 一年毎の再会は別れがたく、散会後は近くのファミレスに会場を移し、夕方まで語り会いが続きました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »