« フラワーフェスティバル | トップページ | 尾瀬でスキー »

2010年2月23日 (火)

叔母に面会

P2200

 昨日はこんな所へ車で走って来ました。老人ホームにいる叔母に面会のためです。

 子供のいない叔母(母の妹)は私たち甥姪を我が子の様に思ってくれます。

 独身生活をしてきた叔母は、親族の為に尽くしてきた生活だったとも言えます。

 母親(私の祖母)が寝込むと仕事を辞め、最後まで付き添いました。商売をしていた兄が足腰を痛めると商品の仕入れを担当、兄嫁の介護も行ってきました。

 若い時には嫁いだ姉が病気をすると、嫁ぎ先に出向き親代わりになって甥姪の面倒を見ることもありました。

 一人暮らしの叔母に恩返しするのが甥姪の役割ではと思います。私も資産管理を行いながら、たびたび訪れるようにしています。会うと顔中で笑い喜びを表してくれるので、遠くから来た甲斐が有ったと思います。

P2201

 一昨日買った花と、カボチャの煮物を持参し、雛飾りが迎えてくれました。

 好物がカボチャと豆の煮物です。面会の時は妻に作ってもらい持っていくようにしています。今回も大変喜んでくれました。

 腰椎の病気で足腰が弱っているが、まだまだ頭は明晰、よもやま話が延々と続きますが、こんな時間が楽しいのでしょうね。

 2時間半ほどでお暇しました。名残を惜しむように手押し車を押しながら玄関まで見送ってくれました。

 この地は私が以前に5年間住んでいた近くです。昔の家の近くに行ってみましたが、かつての面影がありません。

P2202

 交差点から五本目の電柱付近だと思います。区画整理が行われ、4メートル程だった道が歩道付きの道路に変わっていました。当然信号もありませんでした。近所の住人も大分変ったようです。

 30年の歳月の長さを感じました。

|

« フラワーフェスティバル | トップページ | 尾瀬でスキー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青さん

おはようございます。
私も叔母(母の妹)夫婦に可愛がられました。
ふたりには子供がおらず、いくと色々なものを買ってもらいました。
一度、茨城に住んでいたころ、ご招待して、周りを案内いしました。
叔父さんは、水戸黄門のファンで西山荘やお墓に案内したところ、大変喜ばれ、実家に帰り、立ち寄るとその話が出ました。
叔母さん夫婦はもう亡くなりましたが、青さんは今後も出かけられて、話しをすることができていいですね。

投稿: 昭JIJI | 2010年2月24日 (水) 05時52分

昭JIJIさん お早うございます!

母親の姉妹は仲良が良く、父を早く亡くした私たちは叔父、叔母さんには世話になりました。
恩返しが少しでできれば、亡き母も喜んでくれると思います。
本人の望み聞きながら、できる事をしていきたいですね。

投稿: 青さん | 2010年2月24日 (水) 06時30分

優しい叔母様だったのですね。おいくつになられるのですか?自分を犠牲にして、独身を通してきた叔母様が、いたからこそ 皆様の今の幸せが、あるのでしょうね。
叔母様は、青さんの奥様が、作られた煮物を、楽しみに待っていらっしゃるとか・・・
これからも、青さん、時々叔母様を、訪問してあげて下さいね。
30年も経つと、様変わりですね。わが町内も、今、全世帯移動となっています。住んでいる人達は、みな同じなのですが、久しぶりで、訪問してくる人は、先ず どの家か、わからなくなっていると 思います。ちょっと、寂しいですが・・・

投稿: でこ | 2010年2月26日 (金) 21時33分

でこさん 返事が遅くなりゴメンなさい。

現在に比べると物質的には恵まれない時代でしたが、親子、兄弟の絆は強かったですね。お陰で今の私たちの生活があると思います。
叔母は87歳になります。会い話をするのが楽しい様子、足を運びたいと思います。

投稿: 青さん | 2010年3月 1日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 叔母に面会:

» 県活に茶室ありました [松ちゃんの気まぐれ記]
 登校日でもないのに、朝から県活で1日パソコンと向き合っていました。上の写真は、 [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 07時58分

« フラワーフェスティバル | トップページ | 尾瀬でスキー »