« 松島の島巡り | トップページ | 映画「オーシャンズ」 »

2010年2月 5日 (金)

四十九日法要を終えて

P3001

 先月末に義弟の四十九日法要を行ってきました。

 馴れない、知らない、地域の風習のある法要ゆえ、戸惑いばかりでした。なかでも2日前に本位牌を用意していないことに気付き、慌てて葬儀社に手配を依頼し、前日も夕方までに出来あがって来ることが分かりホットしました。

 法要は自宅において朝10時から行うことになり、祭壇に花を飾りつけの準備もあり、また役場への手続きも済ませるため、前日から泊りがけの訪問となりました。

 当日は朝から良い天気となり、気温も急上昇してきました。寒さ対策をしていたのが杞憂に終わり助かりました。

P3003_2P3002_2

 お墓は山の一角に一族、四家族の共同墓地としてあり、あぜ道を歩いて小川を渡り、山道を登っていきます。昔は六尺(陸尺=ろくしゃく、六道)と呼ばれる人が4人で棺を担いで登ったそうで、大変だっただろうと思われます。

 死者を弔う儀式、その後の法要のやり方は、地域によって違いがあります。また、時代とともに共通化されてきた部分もあります。都会の方が簡略・統一化されてきたのでしょうね。

 集落の田圃は自家用の米と野菜作りだけで、出荷用の米作はもう行っていないようです。田圃は荒れ果てた所が多く、日当たりの良い一部はりんご果樹園に貸したりしています。集落で会うのは60以上の人だけでした。集落の存続自体が難しいそうです。

 姉妹が集まる機会がなかなか持てないので、お斎(食事)の後に、今後の資産整理・相続の話をしてもらいました。残したお金の事には興味があっても、資産価値のあまりない不動産については曖昧のまま、新盆をどのように行うか、亡きご両親を含めた法要を誰がどうしていくか、お墓の管理などについては我関せずの姿勢、他人が口出す問題ではなく、イライラが募るばかりでした。連れ合いの怒りも爆発一歩手前の様子でした。

 私も前々日まで掛かり、今までの出納帳の整理と領収書の整理、預貯金・不動産など資産の一覧をまとめ上げたのが無に終わったようで、空しさだけが残りました。

 病に倒れてから四十九日の法要まで、家族の絆とは? 考えさせられた7ヵ月でした。今も心に棘が突き刺さったように残っています。

 それでも近いうちに結論を出し、実行しなければなりません。実務作業を行う連れ会いの苦労だけはサポートして行くつもりです。

|

« 松島の島巡り | トップページ | 映画「オーシャンズ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらく投稿がなかったので、多分と思っていましたが、やはりそうでしたか。
お疲れ様です。
ここ2年間は、色々と法要があり、大変ですが、頑張ってください。
相続に関しては、色々な事が発生しますね。
お察しいたします。

投稿: 昭JIJI | 2010年2月 6日 (土) 06時56分

49日の法要、お疲れ様でした。
記事、アップしていないので、多分、相続の事で、いろいろやっておられるのだろうと、思っていました。
きょうだいいると、いろいろ大変ですね。私は、一人っ子なので、両親亡くなった時は、楽でした。
これから、お彼岸、新盆 そして、すぐ1周忌が、来ます。
ご先祖様の供養もあり、何かと出費も、大変ですよ。きょうだいは、仲良くしていきたいですね・・・

投稿: でこ | 2010年2月 6日 (土) 09時23分

昭JIJIさん おはようございます。

ご心配おかけしました。ありがとうございます。
わずかな資産であれ、相続の手続きって面倒ですね。
皆の意向が一致しないことには進みません。
連れ合いの親族の問題に深く立ち入る事ができず、悩ましい気持ちが募るばかりです。
慌てずじっくりやっていこうと思います。

投稿: 青さん | 2010年2月 6日 (土) 09時41分

でこさんへ

きょうだいが多いのは良いことだと思っていました。でも大変なこともあるのですね。本当に仲良く協力して欲しいです。
でこさんの家も今年は忙しい年ですね。
我が家は両方で新盆、一周忌です。お盆は7月(私)と8月(妻)で助かりました。
ご心配、ありがとうございました。

投稿: 青さん | 2010年2月 6日 (土) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十九日法要を終えて:

« 松島の島巡り | トップページ | 映画「オーシャンズ」 »