« 初夢はまだ | トップページ | 柴山沼の散歩 »

2010年1月 3日 (日)

遊歩道のごみ

P0300

 年末に始めた早朝散歩も7日目を迎えました。気分転換にコースを変えました。歩いたのは見沼代用水の分水、中島用水路に沿って設けられた「水と緑のふれあいロード」です。両脇は畑と田で樹木などがなく、変化に乏しい、楽しみの少ないコースと敬遠しています。とくに夏場は日陰がないので厭ですね。

P0303_2 P0301_2 P0302_2  今の時期は朝日を正面から受けるので気持ち良く歩けます。朝のさわやかな気分を壊すのが捨てられたごみの姿です。新年早々汚い話題で申し訳けございません。

 用水脇は遊歩道と車道に挟まれていますが、車道側の草むらに多くのごみが捨てられています。用水路の中にもあります。車からのポイ捨てが多いのでしょうが、空き缶やペットボトルの単品だけでなく、ポリ袋に詰められたごみが多く、それらは確信犯的に捨てたとものと思われます。オーディオのスピーカーらしきもの、テレビとストーブにいたってはわざわざ捨てに持ってきたのでしょう。

Gomi  いまの時期は草が枯れ、除草されているので見えやすく、捨てにくい心境になると思われます。雑草が生い茂ってくると捨てる人が多くなりごみが増えないかと危惧しています。

Tatekan  なにか良い対策はないのでしょうか。捨てる人、清掃する人、鬼ごっこしているみたいです。用水を管理する部署、用水を利用する団体、そして町、それぞれ何かしなければと思ってやっているのが、立て看板を立てる事みたいです。それも独自の立て看板です。対策をやっていますよというアリバイ証明にしか見えません。バラバラの看板が乱立し、風景を阻害していることに気がつかないのでしょうか。縦割り行政の弊害としか思えません。

 団体と行政が協力し対策を考える。具体的には監視態勢をしくとか、除草や清掃を自らが行う。また、ボランティアを募って行うことも良いと思います。参加すること、やぶさかではありません。掃除をしている人を見る、常にきれいにしておくと、人間の心理として捨てる事を罪悪視するようになるでしょう。

 まずは 「人の振り見て我が振り直せ」ですね。

|

« 初夢はまだ | トップページ | 柴山沼の散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ なんだか 悲しい風景ですね。
どうして大きなゴミたちが こんなところにあるのか・・・ こんな事ができる方が不思議です。

私自身も これからもっともっと肝に銘じて生活していかなければいけないと反省です。

そして何より青さんも早朝散歩すごいですね。
これからも 素敵なブログ楽しみにしておりますね


投稿: さいな | 2010年1月 4日 (月) 08時17分

さいなさん こんにちは。

ほんとうに悲しい事ですね。
人には善・悪の心を持っていると思います。
寛容でありたいが、故意の悪は許せないですね。
若いころタバコをポイ捨てしていた自分を反省しています。
散歩は運動不足解消のためです。間もなくプールが始まるので、続くかな……

投稿: 青さん | 2010年1月 4日 (月) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊歩道のごみ:

« 初夢はまだ | トップページ | 柴山沼の散歩 »