« ウイルスには勝てず | トップページ | 冷え込んだ奥久慈の朝 »

2009年12月23日 (水)

別れ

P2201 P2200

 19日の早朝5時、病院からの電話で義弟の重篤を知らされ、直ぐに車で出かけた。7時ごろ車中で電話を受け、息を引き取った事を知らされる。覚悟はしていたものの、受け答えする妻の声がかすかに震え、顔が心なしか硬い表情になったように感じた。

 悲しみに浸ったのは病室での面会の一瞬だけでした。医師の立ち会いのもと死亡の確認、安置場と斎場の手配、入院費の支払いなど慌ただしく時間が過ぎていく。

 霊柩車と一緒に斎場に向かい、式典の打ち合わせ作業を行う。儀式の進め方が私たちの思っていたのと違い戸惑いを感じるが、地域のしきたりに合わせるしかない。通夜は21日、告別式は22日と決め、午後4時に大まかな打ち合わせ終了、早い方だと言われた。

 自分たちの礼服の準備のため、急いで帰宅する事にした。家に着くと疲れが一気に出たように感じる。胃腸炎で昨日はお粥を一食とっただけ、きょうは幼児用のスティックパン4本を食べただけなのだ。

 お通夜、告別式ともつつがなく執り行えた。ともかくひと段落がついてホットした。ゆっくりと考える暇もなかった。悲しみとかも感じることも少なかった。告別式後の精進落しで6日振りに普通の食事が食べられた。気力だけで頑張ってきたが体調も回復してきた様子、良かった。

 四十九日法要の準備と打ち合わせ、いろいろな手続きもあるので、また何度か訪問しなければならないだろう。ちょっと遠すぎるのが難点だ。近くに住む人が動いて欲しいが話してもダメな様子。身元引受人となった妻のサポートまだまだ必要なようだ。

|

« ウイルスには勝てず | トップページ | 冷え込んだ奥久慈の朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寂しい年の瀬になりました。
心よりお悔やみ申し上げます。

お義弟さまの事、何度かブログで拝見し、いろいろ大変ですねと思っていましたが、言葉が見つからずにコメント出来ずにいました。
いつか来る日と知っていても、その日は出来るだけ遠くにと思っていました。

寒い日が続きます、お身体に気をつけて下さい。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: くまちゃんです♪ | 2009年12月24日 (木) 00時12分

くまちゃん♪
お悔やみのお言葉ありがとうございます。
病とはいえ若すぎる死、残念です。
誠心誠意生きていくことが供養になるのかと思います。

投稿: 青さん | 2009年12月24日 (木) 12時31分

今年も、あと1週間だというのに、義弟さんのご逝去お悔やみ申し上げます。
記事が、アップされていないので、ウィルス性の胃腸炎で、苦しんでいるのだと思っていました。まさか、訃報の記事になるとは・・・
弟さんの臨終に立ち会えなかった奥様は、ショックだったことでしょうね。でも、今までのブログの中で、青さんは、頑張っておられたので、義弟さんは、あの世に旅立ったものの、青さんに感謝している事と、思います。お互いに、今年のお正月は、寂しくなりますね。病み上がりなので、あまり無理しないようにして下さいね。 合掌!

投稿: でこ | 2009年12月24日 (木) 14時13分

たった今、訃報を知りました。

青さん 心よりお悔やみ申し上げます。

こんなに早く辛い別れが来るなんて、さぞお力落とし無念かとお慰めの言葉も見つかりません。体調が回復気味なのは何よりで、奥様を支えて青さんもご自愛ください。お義弟さんの、ご冥福祈ります。

投稿: 松ちゃん | 2009年12月24日 (木) 16時44分

でこさん
松ちゃん

お悔やみと励ましのお言葉ありがとうございます。
倒れる前から心配して事が現実となり、手を打たなかった事が悔やまれます。遠慮する妻を強引に説き伏せれば良かったと。
元気だった11月末の会話と笑顔が救いです。

投稿: 青さん | 2009年12月24日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別れ:

« ウイルスには勝てず | トップページ | 冷え込んだ奥久慈の朝 »