« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日

P3100 P3102  2009年の最終日です。早朝散歩は今日で4日目、3日坊主にならずに今年を終えられたので良しとすべきか。あす以降はどうなるののでしょうかね? 他人事みたいに気楽にするつもりです。

 4日目にして日の出を見ることができました。今年最後の日の出、いや最初の日の出だったかも知れません。夏の日の出なんて時間が早すぎて起きられませんからね。

P3104 P3103  一日一日と朝の冷え込みが強くなってきました。やっと冬らしい朝を迎えました。何を作付けするのでしょうか? きれいに耕された畑には一面に霜が降りています。白い綿穂が陽の光を浴びてかすかに赤みを帯びています。ここだけが暖かさを感じました。

 きょうは洗車した後、午後からオイル交換、石油の購入に出かけました。急に風が強くなり、雪交じりの小雨が降りだしました。せっかくの洗車も台無しです。今年の一年を象徴するような天候でした。

 来年は少しでも明るく、余裕のある日々を過ごしたいですね。スキー、旅、読書、音楽、映画、PC……いろいろやりたいことはあるけれど、欲をかくと上滑りになるので、一日を大事にして生きていくことかな、なんて考えています。

| | コメント (1)

2009年12月30日 (水)

穏やかな鏡面の池、川

P3001_2

P3003 P3002 P3004   日差しは少ないものの、無風で暖かく穏やかな一日でした。池や川の水面は鏡のように風景を映しています。映った景色の方がきれいに見えるようです。そんな水面に波をたてるのは鳥たちです。カルガモ、アオサギでしょうか。

P3010 P3011  今年も残すところ二日となりました。新しい年を迎えるけじめとして掃除などをしています。日頃から整理・整頓をしていれば良いのでしょうが、普段のツケが回ってきます。車も久しぶりに洗いました。

 今年は母と義弟が他界し喪に服しています。喪中の正月をどう過ごしたら良いのか、初めての事なので迷っています。私は気にしないので我が家の事については構いません。気になされる方との付き合い方、悩ましいですね。

 正月飾り、おせち料理、年賀の挨拶、品物、初詣など……。 賀状は、喪中のハガキを出してあるので問題ありません。正月だからと特別なことをしないで、日常と同じように生活をしていれば良いのかなと思っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

早朝散歩

P2901_3

 昨日と今日、二日続けて早朝に散歩をしました。夜深し朝寝坊の夜型人間としては珍しい事なんです。日の出がすっかり遅くなっていますね。昨日などは曇天のため、7時過ぎても薄暗く、道行く車はライトを付けていました。

 今朝は昨日より遅い時間だったので、少し明るくなりかけていました。冷え込みが緩んだといえ、早朝はやはり寒いですね。昨日は手袋をしないで冷たい思いをしたので、きょうはしっかりと着けて出かけました。

P2902_2

 東南東の空が明るくなり、雲が赤く染まってきます。日の出の時間が近づいてきましたが、東から南、西にかけて雲が低く垂れこみ、わずかな隙間からしか太陽が見えません。たまたまの早朝散歩できれいな日の出を拝もうなんて図々しいですね。

P2903_4 P2904_5  遊歩道を歩いていると甘い香りが漂ってきました。道端に蝋梅(ロウバイ)が咲いていました。ほんとうに良い香りです。しばしの休憩です。

P2999_2

 北の空は雲ひとつなく朝日を浴びた日光の男体山や尾瀬の山々? が見渡せました。うっすらと雪化粧した山はきれいです。思いはゲレンデですが、今のところ予定はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

エコポイント、ネット申請

P2801_2 P2802_2  5月と11月に買った家電製品のエコポイント、申請をネットでやってみました。

ネットで出来るのは申請書類の作成まで、印刷してから保証書、家電リサイクル券のコピーと領収書を貼り、郵便で出さなければならない。手間は手書きとあまり変わらない感じ、メリットは修正が可能なところか。当然のことながらプリンタとコピー機は必要です。

郵便番号と住所を両方とも記入するシステムは時代遅れだなと思いました。

まとめて申請ができて、ポイントを合計して商品などを選べるのかと思っていたら、一つの購入製品に一枚の申請書で、それぞれ個別に商品を選択するのですね。良く理解していなかったのです。

ポイントを何と交換するか楽しいはずが、一番悩ましい事になりました。購入店でいただいた交換商品カタログ限られたものだけ、ネットで調べるとあまりにも多すぎます。決めないことに申請ができないので、商品は後で考える事にして、よく行く近郊のスーパーの商品券にしました。

さて、商品券はいつ頃来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

事故はクリスマスプレゼント

P2601_2

 昨夜帰って来た次男の車、アパートの屋内車庫に止めて置いてぶつけられてしまった。相手はブレーキとアクセルを踏み間違えて、フロント左バンパーの正面にぶつけてそのまま押し込んでしまったそうだ。後部ドアは家の壁に押しつけられてへこんでしまい、ガラスは粉々になってしまった。

P2602_2

 レッカー車で運んできたらと勧めたが、ライト等に支障がなく動かせるといって、この寒空の中を横浜から運転してきた。寒かっただろうと心配したら、後ろのガラスがなくてもそんなに冷えなかったよ、運転席のガラスを開けると一気に外気温度になるけどね、と大して気にしなかった様子だ。

 ぶつけられた車は15年目に入り、近々買い替えを検討していたのだ。例のエコカー減税対象でおよそ35万の恩恵を受けられる。今回の事故は相手の10割責任、保険会社との折衝で代車など諸費用を含めて30数万の補償で話をまとめたそうだ。

 購入希望の車種は決まっているようで、早速、ディーラーに購入の交渉に出かけた。

 しばらくは車のない不便さがあるので、代車でも借りるのだろうか。事故の補償金を使って新車が買えるわけで、彼にとってはクリスマスプレゼントになったようだ。なにより人身事故でなかったのが幸いだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

楽しいPC例会

P2501

 わだかまりのある心の癒しはやはり人の出会いです。きょうはPC倶楽部の例会で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 松ちゃんは自身の「いきがい大学自主研究発表」の様子を自らビデオ撮り、編集した作品を拝見させていただいた。本来はビデオ編集の成果を見るものだったのだろうが、その発表の姿に見入ってしまいました。本人はあがってしまったと言っていましたが、落ち着いた堂々としたものでした。その謙虚さが松ちゃんの人柄を表しています。

 Sさんのペイントによる画像編集、オートシェイプでのお絵描き講座。どちらも興味があるもので楽しい講座でした。お絵描きはPCの操作以上に美的・芸術的センスが必要と感じ、ハードルの高さをしみじみと感じます。結果、チューリップの変種を作ってしまいました。

 昼食を兼ねた忘年会は“ひかるくん”の幼馴染み(同級生?)のお店で行われました。ボリュームたっぷり美味しいお弁当にコーヒー付きの2時間、1500円は格安です。そして“池ちゃん”手作りの金時豆の煮豆とモツの煮込みの差し入れ、ほんとうに美味しかった。お母さんの味と評判でした。

”Sさん“の手作りこんにゃくの刺身も絶品でした。お腹は満々腹、みなさん御馳走様でした。

 来年は料理の研修もしなければいけないかな? 鬼に笑われそう!

P2502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

冷え込んだ奥久慈の朝

P2202_2

 告別式当日は快晴、今年一番の冷え込みだったようです。朝のニュースによると気温は-7度とか。外へ出ると乾いた空気が温度以上に寒さを感じさせます。

P2203_2

 車の窓ガラスには氷の結晶がびっしりと付いて大変きれいでした。

P2204

 紅葉したヒイラギに似た葉に付いた氷の結晶です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

別れ

P2201 P2200

 19日の早朝5時、病院からの電話で義弟の重篤を知らされ、直ぐに車で出かけた。7時ごろ車中で電話を受け、息を引き取った事を知らされる。覚悟はしていたものの、受け答えする妻の声がかすかに震え、顔が心なしか硬い表情になったように感じた。

 悲しみに浸ったのは病室での面会の一瞬だけでした。医師の立ち会いのもと死亡の確認、安置場と斎場の手配、入院費の支払いなど慌ただしく時間が過ぎていく。

 霊柩車と一緒に斎場に向かい、式典の打ち合わせ作業を行う。儀式の進め方が私たちの思っていたのと違い戸惑いを感じるが、地域のしきたりに合わせるしかない。通夜は21日、告別式は22日と決め、午後4時に大まかな打ち合わせ終了、早い方だと言われた。

 自分たちの礼服の準備のため、急いで帰宅する事にした。家に着くと疲れが一気に出たように感じる。胃腸炎で昨日はお粥を一食とっただけ、きょうは幼児用のスティックパン4本を食べただけなのだ。

 お通夜、告別式ともつつがなく執り行えた。ともかくひと段落がついてホットした。ゆっくりと考える暇もなかった。悲しみとかも感じることも少なかった。告別式後の精進落しで6日振りに普通の食事が食べられた。気力だけで頑張ってきたが体調も回復してきた様子、良かった。

 四十九日法要の準備と打ち合わせ、いろいろな手続きもあるので、また何度か訪問しなければならないだろう。ちょっと遠すぎるのが難点だ。近くに住む人が動いて欲しいが話してもダメな様子。身元引受人となった妻のサポートまだまだ必要なようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

ウイルスには勝てず

 一昨日の夕方、胃がもたれ身体中がだるくなってきた。やはり胃腸炎に感染してしまったようだ。食欲はないし見るのもいや、早々と蒲団に入ることにした。倦怠感と胃のむかつきで寝返りばかり明け方まで睡眠に入れなかった。

 翌朝、医院に行こうとしたら近くの医院は休診日、ついていないですね。電話帳で調べたらかなり遠い所にあるようだ。フラフラの身体、運転に注意しながら出かけた。医師からは食事は数日食べなくても大丈夫、少し温めた水分だけはしっかり摂るようにと言われた。

 医院から帰ってきてら直ぐに蒲団に入り込んだ。だるさで何もやる気が起きない。今日まで水分と薬以外は口にしなかった。さすがに体重は2キロの減少、ダイエットしたい人には喜ばれる数値だろうね。

 今朝やっとお粥を食べた。ほんの少しの梅干しをおかずにして、これが実に美味しかった。調子にのって食べたら、腸の具合がおかしくなってきた。まだ、完治していないのだ。きょうも一日お粥少しの食事で我慢だ。

 身体の倦怠感は無くなってきて、やっとPCに向かう気力が出てきた。胃もたれはまだ残り、お腹の中からゴロゴロと歌声が聞こえるが。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

ウイルス性胃腸炎だと……

P1501

 朝、目覚めても妻は起きてこない。具合いは良くなっていないようだ。一人の食事は作るのも食べるのも味気ないものだ。洗濯を済ませてから暫しPCに向かう。

 医者に行くように勧めたらやっと起きてきた。元気のない姿は見ていて辛そうだ。車で送って行ったが点滴をすることになったので、終わったら連絡をもらうことにして帰ってきた。

P1502

 好天気に誘われて近くの散歩で時間を潰した。暖かそうな日差しながら空気は冷たい。サザンカの花が太陽のようで、ラベンダーは寒さに耐えている自身のようだ。ラベンダーの横には見沼代用水沿いの「萩の径」から刈り取られた萩の枯れ枝が積み上げられていた。冷たい北風除けの柵を作ってラベンダーを守るためだ。今から半年後の「ラベンダー祭り」に向けた作業が始まっている。陰の作業が多くの人に感動を与えてくれるのだ。

 夕方、次男から電話があった。胃腸の具合は依然として悪く、また医務室で診てもらったと言う。胃腸炎はロタウイルスによるものらしいと言っていた。妻にその話をすると医院でも流行っていると言われたそうだ。原因が同じウイルス性胃腸炎だとすると私も……しばらく注意が必要だ。手遅れかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

家族が続けてダウン

Dsc_1312  プールでひと泳ぎして帰ってきたら、妻が蒲団で横になっていた。昨夕から少し腰の痛みを気にしていたが、それとは関係なく胃腸の具合が悪いらしい。吐き気と下痢があるようだ。夕食はあり合わせのもので一人で済ませた。

 そういえば、昨夜、横浜に帰った次男も金曜日に胃腸炎で早退し、我が家に帰って来た。薬と水分補給だけで一日過ごし、昨日の夕食は少し食べられたようだ。コンビニで買った朝食で当たったらしく、職場の医務室で診察を受けたそうだ。

 二人の症状は似ていても原因は違うと思われる。明朝も具合が悪ければ、医師に診てもらった方が良いだろう。続いて私に降りかかってこなければ良いのだが。あすの朝は早めに起きて主夫をしなければならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

予定忘れは齢のせい……

P1301  定例会合で新宿へ出かけるも、30分も遅刻してしまいました。昨夜まで出かける事が分かっていたのに、夜深しして朝寝坊、起きたらPCに夢中になって忘れていました。連れ合いが予定表を見てくれて「きょう新宿へ行く日ではないの」  慌てて準備して飛び出しました。忘れたのは歳のせいかな

 急いでいる時に限って信号につかまり、駅に着いたと同時に電車は発車、寒い駅で20分も待たされました。遅れる連絡はして置きました。

 師走の街はなにかと忙しく感じられます。というか自分が急いでいるので余計そんな感じを受けたのかもしれません。

 ポインセチアにシクラメン、街角の花屋もすっかりクリスマスのムードですね。そこで一枚撮る余裕も必要、遅れたついでに昼食も食べてました。これはナイショ! 私より遅れてきた人もいる、意外と時間にルーズな会合なのです。でも、私が遅れたのは初めてですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

車の買い替えを検討

P1201

 車の買い替えを思案中です。来年7月で13年、6回目の車検を迎えます。見かけ以上にあちこちに傷みが出てきて、整備、維持していくのも大変になってきました。夏タイヤは寿命、下回りは腐食でサビだらけ、ガソリンの給油管の腐食が一番気になります。あれこれ修理などを見積もると数十万円もかかる。プラス車検で………()

 急ぐわけではないが、ディーラーに出かけて車を見てカタログを貰い検討することにした。T車、N車、F車、M車のディーラーを回ってきた。車種はいずれもRV車で最大のポイントは座り心地です。長距離運転で疲れないように硬く、腰の位置が下がらないフラットなシートが好みです。

どこの営業マンは盛んにエコカー減税をうたい文句にします。家電、自動車、家など環境に良い物を作り売ることは良いのですが、使えるものまで捨てて新しい物に換えることが環境に良いのか疑問です。エコ対策は名目で景気対策が本音なのでしょう。買える人はまだ良い方で、働く場のない人、生活に困っている人に、大切な税金を使って欲しい気持ちが本音です。こんなことで本当に景気が回復するのでしょうか。

 それにしても最近の車の仕様はすごいですね。たくさんのオプションがあり、名前を聞いただけでは何なのか分かりません。使いきれるか心配でシンプルなものが良いです。

 買い替えた車が最後の車になると思います。廃車にする頃は免許証を返上する時期になると思いますので、エコカー減税に惑わされずに、じっくり検討したいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

圏央道の工事

P1101

 国道122号線の圏央道工事現場、菖蒲白岡IC付近で信号待ちしていたら、目の前に巨大なクレーンが立っていました。気がつかなかったのか、最近になって設置されたのだろうか。

 先端部は低く垂れこめた雨雲に突き刺さるように霞んでいます。これだけ高いと近くに寄るのが恐いですね。倒れやしないかと恐怖心をいだきながら、早々と通り抜けました。

 先日、圏央道の開通が予定の2012年より遅れると報道されていました。桶川JCTから菖蒲白岡ICまでと、久喜白岡JCTから茨城方面の土地買収が難航しているらしい。

 122号の菖蒲白岡ICから久喜白岡JCTまでの工事は順調に進んでいるようです。虫食いの開通になりそうです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

寂れる街と……

P1001 P1002  昼食と患者の衣料の洗濯を終えたのが1時、リハビリ担当医との面談時間まで40分の空き時間ができた。

P1003_2  気分転換を兼ねて駅周辺を歩いてきました。 こじんまりとした駅舎ながら、駅前ロータリーは整備されています。昼過ぎなのに旧国道に向かう駅前道路は人影がありません。店舗などは郊外にできたバイパス道路沿いに集中し、かつての中心街は寂れてしまったようです。懐かしいポストがロータリー横に佇んでいるのが印象的でした。

P1004 P1005  駅待合室の椅子にタタミも温かさを感じます。ジーゼルカーの2両編成の列車が停車していましたが、行き先表示を見るとこの駅止まりのようです。ホームには10分後の上り列車を待つお客が数人、のどかな風景です。

P1007_2 P1006_3  病院でのリハビリ担当医との面談は、患者の状態を確認した後に行われたが、悪化した容態では何時から始められるか判断できず、リハビリ計画の話まではできなかった。中庭の庭園に咲く冬桜は青空に映えてきれいですが、リハビリを目的とした転院は快復に向かうどころか悪くなるばかりで、気が重くなります。

 急きょ病状の説明を求めました。医師の説明は私たちが心配していた事になったが、少しずつ良くなっているという。帰る前に病室に寄ったら、私たちの話しかけに答えてくれ、手を振り、握り返し、笑ってくれた。少し気持ちが和らぎ帰途につくことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

お茶といえば……

P0801

 慌ただしい日々の連続で、投稿が滞っていました。

 皆さんお茶と言えば「○○茶」ですか? 昨日出かけた入間市は狭山茶の産地と有名で、写真のような畑が多く見られます。狭山茶の産地が入間市? 狭山市ではないのと思われるでしょうが、狭山や所沢など埼玉南西部一帯で作られていて、生産量は入間市が一番多いそうです。そもそも埼玉南西部にある狭山丘陵で作られていたので「狭山茶」の名前がついたのです。狭山丘陵を含む広い範囲が入間と呼ばれていて、その地域の一部が入間市となったためです。ちなみに入間市の北東隣に狭山市があります。

 P0802 茶畑の中に電柱がいっぱい建っていて、その先に風車が付いています。茶摘みは4月から5月にかけて行われます。お茶は新芽が大切ですから、新芽が出る頃の寒い日に、風車を回して霜から守るためです。

 お茶の木はもともと暖かい地域のもので、今でも生産量の一番は鹿児島なんです。この地域で育てるのは苦労したそうです。冷害で苦労した所が美味しいお米の産地になっているように、お茶も同じなのかなと思います。

 「色の静岡、香りの宇治よ、味は狭山で……」という言葉を良く聞いたものです。生まれ育った近くで飲みなれているのか、私は「狭山茶」が一番好きです。

 皆さんはいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

吉見観音

Yosimikannon  比企郡吉見町の丘陵に岩殿山・安楽寺があります。坂東三十三観音の十一番札所、通称、吉見観音と言われています。本尊は聖観世音菩薩です。

 参道は両脇に民家が建っているので、普通の道といった感じです。駐車場の近くに金剛力士像が置かれているので、参道だと分かりました。近くのお店の人に話を伺うと、この金剛力士像は参道だと分かるように建てたそうです。

Noarasi_2           左甚五郎作・野あらしの虎の欄間

 おもな建物は仁王門、本堂(観音堂)、三重塔、鐘楼、薬師堂、阿弥陀像など。本堂の中には多くの絵馬が奉納されています。また、本堂内には左甚五郎作の「野あらしの虎」と呼ばれる欄間があります。この欄間を見にきた参拝者もいて、本堂に拝礼した後「野あらしの虎」を拝み、本当に来て良かったと喜んでいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

映画「2012」

 2012 小雨が降る寒い日でした。観たいという訳でもなく映画「2012」を観賞してきた。

 古代マヤ人が残したマヤ歴には、2012年12月21日以降がない。その日が”世界終末の日”とした古代マヤ文明の予言と言われる理由だ。それに太陽の異常爆発によって生み出されたニュートリノが、地球の核に影響を与え、火山爆発、地殻変動と地震、大津波を起こし世界が終末を迎えるという筋書きだ。”世界終末の日”を迎え生死を境にした時、人はどのように決断し行動するか、人間の本質に迫ったドラマに仕立てられてはいた。

 この映画の影響もあり、3年後に迫ったマヤ文明の予言が、10年ほど前にささやかれたノストラダムスの大予言と同じように、一部の人に噂として広がるのではないでしょうか。これは私の予言です。

 映画はCGを駆使した迫力ある映像であった。現実的でないと思いつつもその迫力に引き込まれてしまう。最高指令室に並んだパソコンがVAIOだったのが気になってしまった。それもそのはずSONYが後援していたからでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

晩秋の八丁湖

P0200 P0801_2  12月とは思えない暖かく穏やかな天気でした。昨年、訪れた吉見町の八丁湖に紅葉を求めて出かけました。

 昨年も絶好の天気ながら、紅葉にはチョット早かった気がしました。それでも青い湖面に映る色づいた木々がきれいでした(右の写真)。今回は2週間チョット遅い時期ですが、そんな風景を期待していました。残念な事に湖の水は浚渫工事でほとんどありません。大きなパワーショベルとダンプカーが湖底で作業しています(左の写真)。

 水はなくても遊歩道は歩けます。紅葉は昨年とは反対に少し遅かった感じながら、昨年よりはモミジがきれいでした。あと一週間ほど前が最高だったのでしょう。贅沢は言えませんね。

 遊歩道とハイキングコースで撮った写真をデジブックにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

常陸国二の宮・静神社

 静神社は那珂市(旧・瓜連町)静に鎮座する、常陸国の一の宮鹿島神宮についで二の宮といわれ由緒ある古い神社です。また、古くは東国三鎮護神のひとつと記されているが、今は鹿島神宮(茨城県)、香取神宮(千葉県)、息栖神社(茨城・神栖)が東国三社として、三社参りされているのが一般的で、その真意は?

 小高い丘(山)の上に神殿があり、石段が五個、計九十数段、石段をつなぐ坂道に設けられた木段を合わせると百数十段の参道を登ります。参道と神殿の周囲は鬱蒼とした森で、スギやヒノキの巨木で覆われていました。ご祭礼があったのか? 広告入りの布製の御神燈が飾られていて、少し興ざめしました。

 写真をデジブックにしました。曇り空と夕暮れ間近か、撮影下手でぶれた写真ですが我慢して御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »