« 筑波山の紅葉は終わっていた | トップページ | 黄金色に輝くイチョウ »

2009年11月19日 (木)

ガマの種子を確認

P1901  今年1月6日のブログで「ヨシ原の中に綿アメ?」の記事を書きました。そうしたらブロガーの「くまちゃん♪」から正体は、ガマの穂の茶色いきりたんぽ状の穂が、はじけた種子だと教えていただきました。

P1902 P1903  その姿を確認できました。場所は当時の近くの湿地帯です。一か月半ほど早い時期なので、ガマの穂の形も綿毛状のもありました。茎が折れて下に落ちた綿毛は気持ち悪い姿です。

 綿毛状のものばかりを初めて見ると何なのだろうと思いますが、この状態を見れば分かります。

 昔はこのガマの綿毛を入れて蒲団を作ったそうですが、何時頃の時代でしょうか? 

|

« 筑波山の紅葉は終わっていた | トップページ | 黄金色に輝くイチョウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマの種子を確認:

« 筑波山の紅葉は終わっていた | トップページ | 黄金色に輝くイチョウ »