« 早い彼岸花の開花 | トップページ | エンゼルトランペット »

2009年9月17日 (木)

自然乾燥米

P201  私の住む町の稲作は時期が遅いようだが、あちこちで稲刈り作業が見受けられるようになりました。一層秋らしさを感じる風景です。

 常磐道・那珂ICを下りて田園地帯を走行中、今は珍しくなった稲の”はせがけ”を見ることができました。

 稲刈りした後、稲藁をはせに掛けて自然乾燥させる方法です。

 こうすると稲の茎に残った養分がみんな米に集まり美味しくなると言われています。

 根元を上にして干しますが、根元にビニール等を掛けておくと、雨や夜露などで乾燥が遅れるのを防げるそうです。

P202_2

 昨今の稲刈り風景と言えば、コンバインを使い稲刈りから脱穀、袋詰めまで一連の作業が当然のようになっています。

 手間暇かけて作られるお米、きっと美味しいのでしょうね。

P203  帰りの北関東自動車道、目の前が煙に包まれて幻想的な風景です。稲刈り後の藁を燃やした煙でした。

|

« 早い彼岸花の開花 | トップページ | エンゼルトランペット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい光景を有難う!

この数日朝晩ですが、想像しながら歩いていました。
せいぜい手刈りした稲を横並べだけで、農家の自家消費材料だけ作っているようですね。

投稿: 松ちゃん | 2009年9月18日 (金) 08時08分

本当に懐かしく感じました。
特別な注文で作っているのかも知れないですね。
最近のお米は品種改良の積み重ねで美味しくなりましたが、自然乾燥米もチョット味わってみたい気がします。
贅沢かな?!

投稿: 青さんより | 2009年9月18日 (金) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然乾燥米:

« 早い彼岸花の開花 | トップページ | エンゼルトランペット »