« 東大訪問と本郷のお祭り | トップページ | やっと咲いた!月下美人 »

2009年9月29日 (火)

村の鎮守、筑波神社

P209  筑波神社というと筑波山にある神社の事と思われますよね。あちらは筑波山神社です。

 那珂市の飯田にある調整池らしい所で一休み、池の周囲を歩いていたところ北のはずれに森があり、鳥居が建っていました。

P204 P205  筑波神社の石碑があったので、もしや筑波山神社に縁のある神社ではと、興味津々参道を社殿に向かいましたが、由緒書を読むと関係がないようです。

 口碑によるものとして、1321~3年に紀州・熊野本宮より分霊された事になっている。

 かつての飯田村の鎮守として熊野権現を奉祀していたが、1844年に水戸藩主が唯一神道を称した時、社号を改め筑波神社とし神官を置いて祭祀すようになったそうだ。

 社殿は春日造りで1708年の再建、御祭神は伊弉諾命(イザナギノミコト)、伊弉冉命(イザナミノミコト)で、これは筑波山神社と同じです。

P206 P207 P208  狛犬は14年前の作と新しく、右の阿形は左足で球を抑え、左の吽形は鋭い牙を持ち右足の下に子供の狛犬?が。私にとっては珍しいものです。

 近くに子ガエル五匹を背中に乗せたカエルが鎮座しています。筑波のガマガエルに因んだものかと思ってしまいます。

P303 P301 P302  池の周りの雑草の中に「吾亦紅」を見つけました。自然の中で生育している姿を見るのは初めてです。花(萼)の穂先にアキアカネが一休み、ススキの穂が風になびき、秋本番を迎えました。

 

|

« 東大訪問と本郷のお祭り | トップページ | やっと咲いた!月下美人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

狛犬には「子取り」「玉取り」で対をなしているモノもあり、前足で子供をあやしているのが「子取り」、玉(まり)を押えているのが「玉取り」といいますよね。
私には子どもの上に足を乗っけていてあやしているようには見えないといつも思っていました。

しかしこの子どもの狛犬はなかなかひょうきんな顔をしていますね。
気をつけて見ていると、結構子取り玉取りの狛犬を見かけますよ。

投稿: パソコン講師なお | 2009年9月30日 (水) 07時02分

Naoko先生、コメントありがとう!

神社を訪れると狛犬の種類、表情色々ありますね。
「子取り」「玉取り」の言葉は初めて知り、勉強になりました。
これから、気にしながら見たいと思います。
「狛犬マニア」になったりして……それはナイ?

投稿: 青さんより | 2009年9月30日 (水) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村の鎮守、筑波神社:

« 東大訪問と本郷のお祭り | トップページ | やっと咲いた!月下美人 »