« 常陸の国・佐竹寺を訪れて | トップページ | 逝った友を囲む展覧会 »

2009年9月11日 (金)

30年前の友と会う

Yuyake Tombo  朝夕の涼しさは本当に過ごし易くなってきた。

 日暮れ時、茜色に染まった西の空はもう秋の風情だ。

 久しぶりに同じ会社に勤めていた友人A君とW君に会った。

 入社した時から10年ほど同じ職場にいた人だ。若かったし生意気盛り、職場では反逆者さながらの振る舞いだったのでは。

 W氏がことし定年を迎えた。私とA君が発起人となり7月に「ご苦労さん会」を行ったが、私は急な事情で出席できなかった。7人ほどが集まり楽しいひと時であったと報告を受けていた。

 参加できなかった私を気遣い、A君がきょうの日を設定してくれたのだ。

 W君は私らと違い、しっかりとした生活設計をしている。これから何処に住み、何をしていきたいか、など話をしてくれた。計画通りいくようにエールをおくった。

 話題は民主党政権発足から、経済や格差など”真面目っぽい話”が長く続いた。ここまでは昔と変わらない。

 最後は、家族や健康の話で落ち着く。還暦を過ぎるとこうなるのか。 

|

« 常陸の国・佐竹寺を訪れて | トップページ | 逝った友を囲む展覧会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の友と会う:

« 常陸の国・佐竹寺を訪れて | トップページ | 逝った友を囲む展覧会 »