« 青森のねぶた祭 | トップページ | 夏は何処へ »

2009年8月 3日 (月)

見るだけの”温泉巡り”

 昨夜は21時半に青森も出発、0時半に横手に帰宅と強行軍だった。雨の高速道路も疲れを倍加させてようだ。

 目覚めは9時過ぎ、長男の嫁は研修で秋田へ。休みを取ってくれた長男がドライブに連れて行ってくれた。

 今日は温泉巡りだった。時間が少なく温泉に浸かる暇はなかったが、楽しみは次回に取って置きたい。

P101  最初に行ったのが、小安峡大噴湯です。800㍍の遊歩道を標高差60㍍下ると、渓谷になり川が流れている。崖の岩肌からは蒸気と熱湯が噴出している。熱湯の温度は98度に達する所もある。流れる水(湯)を触るとさすがに熱い。やけどに注意が必要だ。

P102_2 P103   次に訪れたのが「泥湯温泉」。05年の12月、駐車場付近の雪の窪地で一家4人が硫化水素による事故で亡くなったところです。硫黄の匂いが鼻につき、至る所が立ち入り禁止地帯になっていました。事故のあった所は今は何もなかったように静かな所です。鎮魂碑が立てられ、事故を教訓に再び事故を起こさないよう書かれていました。

_1  泥湯の上部に「川原毛地獄」があります。一面がはげ山になっており硫黄臭が鼻をつきます。一部にガスが噴出している所がありました。足元は砕けた岩石だらけ、遊歩道も滑りやすい歩き辛かったです。

P104  最後が「鳴子温泉」です。鳴子といえば「こけし」、こけし資料館を見学しました。こけしに限らず、いろいろな木工品が展示されています。こけしの作成工程が見学でき、絵付けも経験できます。時間の関係で見るだけで帰ってきました。鳴子神社で旅の安全を祈願し、鳴子温泉から車中の人となりました。

|

« 青森のねぶた祭 | トップページ | 夏は何処へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

連日楽しい旅の記録嬉しいですね。

珍しい温泉のようで、入ってみたい気分です。

楽しい旅、癒される旅にしてくださいね。

投稿: 松ちゃん | 2009年8月 4日 (火) 06時19分

松ちゃんへ

旅は新しいものとの出会いがあり楽しいです。
東北地方は秘境の温泉が多いですね。
何処も客が少なく寂れているのが気になりました。
ゆっくりと温泉巡りの旅も良いなと思いました。

投稿: 青さんより | 2009年8月 4日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見るだけの”温泉巡り”:

« 青森のねぶた祭 | トップページ | 夏は何処へ »