« 低い検診の受診率 | トップページ | 四十九日の法要 »

2009年7月22日 (水)

昼間の天体ショー

Photo Photo_2  太陽と月が織りなす神秘の世界、昼間の天体ショーは生憎の天候で見られた人は少なかったようだ。

 関東では75%程の部分日食と言われていたが、残念ながら厚い雲に覆われ見る事はできませんでした。

 テレビではこの様子を映し出していました。硫黄島や海上からの撮影のようだ。

 太陽が少しずつ欠けていき、ダイヤモンドリングの出現、月に完全に隠された瞬間は感動ものです。

 夕焼けのようになった水平線の360度パノラマも美しかったです。

 

 地球から月と太陽の大きさが同じ見えるのは、月と太陽の大きさと、地球と月、月と太陽の距離による偶然なものだそうです。そして地球と月と太陽が一直線に並んで起こす現象ですから、偶然にしても素晴らしい事です。

 次に国内でみられるのは26年後とか、それはまた夢のような話です。

|

« 低い検診の受診率 | トップページ | 四十九日の法要 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼間の天体ショー:

« 低い検診の受診率 | トップページ | 四十九日の法要 »